東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

ふぉとふれ3日目☆


おはようございます!ふぉとふれ3日目☆
本日のブログ担当はみやandちげです。

今日も朝から作業です。

b0187229_10585112.jpg

進めていた約140枚の、マット切りが!!!
本日、すべて完了しました〜〜!!

b0187229_10594536.jpg

みんなおつかれ!

そしてつぎの作業へ進みます。
マットブック完成まであともう少し!がんばります。

b0187229_11011036.jpg

そして今日のお昼のめにゅ〜!

b0187229_11231285.jpg

b0187229_11232817.jpg

b0187229_11234592.jpg



このあと午後からもがんばりました。
おいしいごはんは元気の源!ありがとうございます!

作業終了後、今日はホームステイをさせていただきました。
看板を用意して頂いたご家族の方や、
お子さん2人でにぎやかなお家も!!め~~~~ちゃたのしかった。

b0187229_11241868.jpg

b0187229_11243571.jpg


P.S.
ぶよにさされました。かみちぎられたのかもしれない。。。(みや)
いま病院いってます










[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-07-24 11:25 | 東川賞

マットカット作業、スタート!


2日目の今日は、マットのカット本番!
カットする為に、まずは作品の画像サイズの採寸をします。

b0187229_09473622.jpg
b0187229_09493114.jpg


露出が飛んでる部分を測るのがとても難しい…!

マットカットをするメンバーは、本番前最後の練習に力が入ります

b0187229_09501253.jpg

そこで、遅れてきたフォトふれが到着!

b0187229_09512848.jpg
これでフォトふれ全員が揃いました!

昼前には作業が一段落しました。


b0187229_09520843.jpg
b0187229_09522663.jpg

ご飯の前に、カットする位置を示す線の計算方法をレクチャー!

b0187229_09525434.jpg

b0187229_09530980.jpg

やっとお昼!今日のお昼はとっても健康的!


b0187229_09533311.jpg
b0187229_09534979.jpg

午後は昼前に計算したものをマットに書き込む作業と、マットカット本番スタート!

b0187229_09542333.jpg
b0187229_09544839.jpg

みんな真剣なまなざし…!
実際に展示されるものなので気が引き締まります!

そして、作業が終わり
待ちに待ったBBQの時間!みなさんと乾杯してスタート!

b0187229_09552781.jpg

北海道の海の幸や野菜など、たくさんのものを地元の方から頂きました。
ごちそうさまでした!

b0187229_09560542.jpg
b0187229_09563820.jpg
b0187229_09565555.jpg
b0187229_09570922.jpg
b0187229_09562104.jpg





[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-07-23 10:17 | フォトフレンド

第33回東川賞受賞作家展 今年もフォトふれが集まりました!!


いよいよフォトふれがスタートしました!

今年は、全国から総勢15名のフォトふれが集結しました!

まずは、町長からの挨拶。

フォトふれ達の指揮が高まりました。

b0187229_10351920.jpg


その後は、お待ちかねの昼食タイム。

ワッカで中華丼を頂きました。

b0187229_10354894.jpg

午後からは、パーテーションで会場作り。

大きな壁をみんなのチームワークで手際よく運べました。

b0187229_10361212.jpg

その後は、マット作りと本橋成一さんの作品の状態確認。

本物のプリントを目の前に、フォトふれ達の目つきも真剣に


b0187229_10363818.jpg
b0187229_10370475.jpg

明日から、より一層気を使う作業が増えますが、この貴重な経験を自分達のものに出来る様、がんばります。

明日からも、フォトふれブログをよろしくお願いします!!




[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-07-22 10:44 | フォトフレンド

荒木経惟氏 展覧会「花幽園」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

rathole galleryにて、荒木経惟氏の展覧会が開催中です。


花幽園

b0187229_19163580.jpg
©Nobuyoshi Araki


以下リンクより

ラットホールキャラリーでは7月14日より8月31日まて、荒木経惟展「花幽園(かゆうえん)」を開催いたします。当ギャラリーで11回目の個展となる本展では、最新作のカラー写真約60点を展示いたします。

咲き乱れる花々に、人形や怪獣の玩具が絡み合うように配された最新作は、本展のタイトルが示すように、「幽明の花園」の趣きを醸し出しています。枯れゆく定めにある花々が、なまめかしい人形や異界を感じさせる怪獣とともに写し取られ、荒木の「生と死」に対する関心が、官能的かつユーモラスにほのめかされています。彼岸と此岸の閾に位置する「花園」はまた、荒木自身の現在の心境をメタファーとして埋め込んだセルフポートレートでもあるのかもしれません。


**************************
2017年 7月14日- 8月31日
開廊時間: 12:00-20:00 月曜休
ラットホールキャラリー
〒107-0062 東京都港区南青山5-5-3 B1F







[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-07-19 19:19 | 受賞作家関連

荒木経惟氏 展覧会「センチメンタルな 旅 1971– 2017–」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

東京都写真美術館にて、荒木経惟氏の展覧会が開催されます。


センチメンタルな 旅 1971– 2017–


b0187229_18284835.jpg



以下リンクより

東京都写真美術館は、総合開館20周年を記念して「荒木経惟 センチメンタルな 旅 1971– 2017–」展を開催します。 荒木経惟は、1960年代から活動を始め、国の内外で高い評価を得ています。荒木の作品は、 テーマや手法が多岐にわたることでも知れ、これまでに500冊近い写真集を上梓するなど、 その制作意欲は現在もなお、尽きることがありません。
本展は、その膨大な作品群から、妻、「陽子」というテーマに焦点をあてた展覧会です。荒木 自らが「陽子によって写真家になった」と語るように、1960年代の出会いから1990年代のそ の死に至るまで、陽子はもっとも重要な被写体であり、死後もなお荒木の写真に多大なる 影響を与え続けてきました。本展では、陽子を被写体とするものや、その存在を色濃く感じさせる多様な作品を通して、荒木が重要視している被写体との関係性を探り、またその写真 の神髄である「私写真」について考察していきます。展覧会タイトルの「センチメンタルな旅 1971– 2017–」とは、1971年に出版された私家版の写真集に始まり、現在へと続いている荒 木経惟の私写真、そしてその写真人生そのものを表しています。

出品予定作品
〈愛のプロローグ ぼくの陽子〉※世界初公開
〈わが愛、陽子〉
〈センチメンタルな旅〉
〈東京は、秋〉
〈陽子のメモワール〉
〈食事〉
〈センチメンタルな旅・冬の旅〉
〈空景/近景〉
〈遺作 空2〉
〈三千空〉
〈写狂老人A日記 2017.1.1-2017.1.27-2017.3.2〉※新作を初公開
〈愛しのチロ〉


****************************
  • 開催期間:2017年7月25日(火)~9月24日(日)
  • 休館日:毎週月曜日(ただし9月18日(月・祝)は開館し、19日(火)は休館)
  • 料金:一般 900(720)円/学生 800(640)円/中高生・65歳以上 700(560)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引、当館年間パスポートご提示者(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料 ただし、7月21日(金)~8月25日(金)の毎金曜日18:00-21:00はサマーナイトミュージアム割引(一般 720円/学生・中高生 無料/65歳以上 560円 ※各種割引の併用はできません)






[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-07-15 18:30 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31