東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

奈良原一高氏 展覧会「Ikko Narahara」


第3回東川賞国内作家賞受賞作家である奈良原一高氏が、タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムにて展覧会「Ikko Narahara」を開催しています。

「Ikko Narahara」
b0187229_14125072.jpg





























©Ikko Narahara


以下プレスリリースより

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィ―/フィルムは、2012年3月30日から4月28日まで奈良原一高展を開催
いたします。本展では、そのどれもが異なる表情を持つ膨大な作品シリーズの魅力を、各シリーズの垣根を越えて
伝えるために会期を2つに分け、前期(3月30日-4月14日)は肖像をテーマに選定した作品を、後期(4月17
日-4月28日)は街をテーマに選定した作品を、それぞれ10数点ずつ展示予定です。


奈良原は、1956 年に個展「人間の土地」によって鮮烈なデビューを果たして以降、独自の眼差しによる作品世界
を築き、写真家としての評価を揺るぎないものとしています。都市やそこに住まう人々、あるいは修道院や刑務所など、様々な場で繰り広げられる文明のあらゆる側面-「文明の光景」を、独自の巨視的な視点で撮影してきました。いずれの作品も群を抜く構想力とスケールをもって入念に制作され、写真史上でもユニークな地点を切り開いてきました。本展は、そうしたシリーズのなかから、「人間の土地」(1954-57)をはじめ「王国」(1956-58)、「Tokyo, the’50s」(1954-58)、「ブルーヨコハマ」(1960)、「ヨーロッパ・静止した時間」(1963-65)、「ヴェネツィアの夜」(1964-85)、「消滅した時間」(1971-72)、「ブロードウェイ」(1973-74)の各シリーズによって構成されます。肖像と街というテーマを設けることによって、そうした枠組みをも刷新するような広い射程を備える作品世界を紹介いたします。

********************
「Ikko Narahara」
会期:2012年3月30 日(金)- 4月28日(土)
時間:12:00 - 19:00
休廊:日・月・祝祭日
会場:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
   106-0032 東京都港区六本木6-6-9 2F
ホームページ:http://www.takaishiigallery.com/

是非お運びください!!
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-04-05 14:20 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30