東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

展覧会「日本写真の1968」


東京都写真美術館にて開催中の展覧会「日本写真の1968」に、東川賞受賞作家 高梨豊氏、篠山紀信氏、荒木経惟氏が出品しています。

日本写真の1968

b0187229_13275177.jpg




















以下リンクより

1960年代後半は、戦争、革命、暗殺など、世界中のあらゆる領域でこれまでの枠組みに対して根源的な問いかけと異議申し立てが行われました。写真においても、近代的写真が構築した「写真」の独自性とそれを正当化する「写真史」への問いかけが始まりました。
特に1968年は、「写真 100年-日本人による写真表現の歴史展」、『カメラ毎日』での「コンポラ写真」の特集、『プロヴォーク-思想のための挑発的資料』の創刊、そして沸騰する学生運動は大学から路上へ、さらに農村へと展開し、闘争の側から撮影した写真群が巷に叛乱してゆくなど、今日の「写真」の社会的な枠組みを考える上で重要な出来事が集中して現れました。本展では、「1968年」を中心にして、1966~74年の間で、日本で「写真」という枠組みがどのように変容し、世界を変容させていったかをたどり、「写真とは」「日本とは」「近代とは」をさぐります。


<展示構成>
1968年、日本写真に起こった大きな4つの出来事を核にして展覧会を構成します。
1)「写真100年―日本人による写真表現の歴史展」
2)『プロヴォーク 思想のための挑発的資料』
3)「コンポラ写真」
4)「写真の叛乱(はんらん)」


<イベント>

シンポジウム「日本写真の1968」(仮称)
2013年6月15日(土) 14:00~17:00
1階ホール(定員190名)
パネリスト:土屋誠一(美術批評家、沖縄県立芸術大学講師)、小原真史(IZU PHOTO MUSEUM研究員)、冨山由紀子(写真研究者 東京大学大学院博士課程)、金子隆一(当館専門調査員) 
モデレーター:倉石信乃(明治大学教授)
※展覧会チケットの半券をお持ちの方は、どなたでもご参加いただけます。
※当日10時より1階受付で整理券を配布します。番号順入場、自由席。

担当学芸員によるフロアレクチャー
2013年5月24日(金) 16:00~
2013年6月14日(金) 16:00~
2013年6月28日(金) 16:00~
2013年7月12日(金) 16:00~
※本展覧会の半券(当日有効)をお持ちの上、会場入口にお集まりください。


*******************************
会期:2013.5/11 - 2013.7/15
時間:10:00~18:00、木・金は20:00まで、入館は閉館の30分前まで
休館:月曜日
観覧料:一般 ¥600(480)/学生 ¥500(400)/中高生・65歳以上 ¥400(320)
    *( )は20名以上の団体料金
会場:東京都写真美術館
   〒 153-0062 東京都 目黒区 三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
リンク:http://syabi.com/contents/exhibition/index-1870.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-05-15 13:31 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31