東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

畠山直哉氏 展覧会「BLAST」


タカ・イシイギャラリーにて、東川賞受賞作家 畠山直哉氏の展覧会が開催中です。

BLAST

b0187229_14461868.jpg

















©Naoya Hatakeyama


下記リンクより

タカ・イシイギャラリーでは、8月20日(火)から9月7日(土)まで、畠山直哉個展「BLAST」を開催いたします。畠山の代表作の一つである「Blast」は、これまでも美術館での展覧会などで度々紹介されてきましたが、本展では、未発表作品を含む新たなセレクションのもと展示が構成されます。

「Blast」は1995年に撮影が開始され、「アナザー・リアリティー‐現代写真の動向」展(川崎市市民ミュージアム、1995年)にて展示されて以来、国内外の多くの展覧会で発表される傍ら、撮影が続けられてきました。私たちが築き上げてきた都市や自然、そしてそれらを形作る概念を精緻に検証し、時にはそれらを詩的に展開させるような作品を発表してきた畠山にとって、爆破する岩石の飛散方向を正確に占う発破技師とともに行われる「Blast」の撮影は、写真の魅力をその技術の根本にまで立ち返りつつ再考させるような、掛け替えのないものであったと言えます。2011年3月11日に発生した東日本大震災は畠山に重大な影響を与え、写真を制作していくことにも従来とは異なる態度で臨まざるをえないような状況をもたらしました。この状況の中で「Blast」をまとめ上げるという行為には、今後長い時間をかけて検証されるべき重要な意義が孕まれていると言えるでしょう。

なお、本展に合わせて、2011年秋に東京都写真美術館にて開催され、その後ハウス・マルセイユ写真財団(アムステルダム)、サンフランシスコ近代美術館に巡回した大規模な個展「Natural Stories」にて発表された映像作品「TWENTY-FOUR BLASTS 2011」も、エディション作品として制作されます。また、待望の作品集『Blast』(小学館刊)も今夏刊行予定です。

『BLAST』(小学館刊) 作品集詳細
判型: A4 (横開き), ハードカバー, 80ページ, 収録作品点数 約70点,
カバーはポスター仕様 (両面カラー4色)
定価:4,410円


***************************
会期:2013.8/20 - 2013.9/7
時間:12:00~19:00
休廊:月曜日・日曜日・祝祭日
会場:タカ・イシイギャラリー
   〒 135-0024 東京都 江東区 清澄1-3-2-5F
リンク:http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/8200/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-08-30 14:48 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー