東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

山元彩香氏 個展「Nous n’irons plus au bois」


タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムにて、元フォトふれ 山元彩香氏の個展が開催されます。

Nous n’irons plus au bois

b0187229_1345692.jpg

























©山元 彩香


以下リンクより

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムは、2014年1月11日(土)から2月8日(土)まで、山元彩香個展「Nous n’irons plus au bois」を開催致します。東京での初めての個展となる本展では、2009年から2013年にかけてヨーロッパ各地で撮影されたポートレート作品から約15点を展示いたします。

いきものを覆い隠している一枚の皮に、とことん魅せられふりまわされたいと願う。 言語による思考の伝達が断絶されたとき、身体中の全ての感覚をもって、彼女の名を融かしていく。言葉にも満たない音が流れるなか、次第にひとの形をした彼女達の翻訳不可能なイメージがたちあらわれる。

山元 彩香

山元彩香は1983年に神戸市に生まれ、現在も同市を拠点に制作を続けています。大学では最初、絵画を専攻しますが、次第に自身の身体を使ったパフォーマンス作品や映像作品の制作に移行し、2004年のサンフランシスコへの留学を機に写真の制作を始めました。言語によるコミュニケーションが難しい状況のなかでの撮影は、写真というメディアが本質的に抱える性質以上に他者との様々な接点を作家にもたらし、以降、暴力的でありながらも極めて魅力的なイメージ生成の場と言えるポートレートの撮影を続けています。「自分の瞼に蓄積されたイメージでは想像しえない、既知の言葉や知識が通用しない場所」を撮影地に選び、2009年のフィンランド、エストニアでの撮影を皮切りに、エストニア(2010年)、ラトビア(2011、12年)、フランス(2012、13年)と撮影を行ってきました。
撮影に用いられる衣装は全て撮影地で準備されます。また、被写体となる人物も撮影場所も全て現地でのコミュニケーションを通じて決定され、撮影も全て自然光によって行われるため、都市部を避けた地方が撮影地に選ばれます。意思を伝え合う言語ではなく、音声のやり取りや身振りを通してコミュニケーションを図り、撮影場所を決め、それぞれに衣装をあてがうという過程を通じ、山元は被写体となる人物たちの固有名詞を奪うような感触があると言います。たしかに、被写体たちが日頃纏っている衣服をはがされて撮影された作品には、どこか無国籍で時代性をすり抜けるような雰囲気が漂っています。しかし、作家自身も自覚的であるように、いくつものステップを経て制作されたポートレートは、一体だれのものと言えるでしょうか。固有名詞を奪われながらもそこに存在する人物は、作家の所有物となることも、鑑賞者の所有物となることも拒否するようで、単線的な関係性を結ばないまま存在し続けているようでもあります。こうした齟齬を抱えることで、豊かな写真の可能性を喚起する山元彩香の作品をこの機会に是非ご高覧ください。

作品集詳細
『Nous n’irons plus au bois』 タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム刊
(2014年1月1日刊行予定)、ソフト・カバー、収録作品15点、サイズ、販売価格:未定



*****************************
会期:2014年1月11日(土)- 2月8日(土)
時間:11:00 – 19:00
休廊:日・月・祝祭日
会場:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
   106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 2F
リンク:http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/9782/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-12-13 13:08 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31