東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

吉田和生さん 展覧会「ART CRITIQUE」


HAGISO(HAGI ART)にて開催される展覧会「ART CRITIQUE」に、フォトふれ 吉田和生さんが出品いたします。

ART CRITIQUE

b0187229_15233097.jpg

























以下リンクより


HAGI ARTではこの度、批評誌『ART CRITIQUE』n.04刊行記念企画としてグループ展「メデュウムの条件」
を開催いたします。開場では『ART CRITIQUE』n.04も販売予定です。
今日的なテーマを基に異色な作家たちが集います。是非ご覧ください。

【展覧会概要】

「メディウムの条件」
吉田和生、益永梢子、早川祐太 [展示] / 佐々木友輔 [上映会]

[批評誌『ART CRITIQUE』n.04刊行記念企画|企画:櫻井拓]
ART CRITIQUE n.04 http://art-critique.info/post/82885551544/art-critique-n-04

イメージや形が私たちの前に現われるとき、そこにはかならずそれが宿る「メディウム」が存在します。それぞれの種類のメディウムがどんな形態をとるかについては、統一的に定義するべきだという理念を持った思想もあれば、むしろそれが相互の混じり合いの中で見えてくる「状況(condition)」を思考するべきだという考え方もあります。しかし展示/上映されるのはいつも、理念でも状況でもなく、作品であることは確かです。
今回の展覧会では、ジャンルやフレームからではなく、メディウムから作品を考えてみたいと思います。目の前にある作品を丁寧に見てみる――その時に現われるのは、それぞれのメディウムが固有に持っている、ささやかな「条件(conditions)」なのだと思います。そのような条件を本質的なものとして扱うことで作品は、物質とコンセプトのあいだの均衡を独自の仕方で成立させます。ささやかでありながら、本質的であること。メディウムの条件は、一種の秘密のようなものかもしれません。そして作品はその秘密とかかわることで、想定されたフレームそのものを問い質すのではないでしょうか。

[イべント]
5月23日[金] オープニングトーク&パーティー[『ART CRITIQUE』n.04刊行記念]
19時―20時30分 作品・展示批評&オープニングトーク 阿部真弓(近現代美術)×沢山遼(美術批評)
20時30分―22時 オープニングパーティー(キャッシュ・オン制)
5月26日[月] 佐々木友輔監督作品『土瀝青 asphalt』上映会
*上映会は要予約[入場無料]|mail@art-critique.infoまで、お名前、人数、ご連絡先をご明記のうえメールにてお申し込みください。
18時―21時10分 『土瀝青 asphalt』上映(*会場の環境により、特殊な上映形態となる場合があります)
参考:『土瀝青 asphalt』予告篇 https://www.youtube.com/watch?v=fFw6oQU3SYo


****************************
会期:2014年5月20日[火]―6月1日[日]
時間:12時―21時
閉廊:5月26日[月]、27日[火]、26日は夜に下記上映会を開催。、5月28日[水]は18時にて閉廊。
会場:HAGISO(HAGI ART)
   〒110-0001 東京都台東区谷中3-10-25 
リンク:http://hagiso.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-05-14 15:27 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31