東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

展覧会「国立国際美術館コレクション 美術の冒険」


新潟県立万代島美術館にて開催中の展覧会「国立国際美術館コレクション 美術の冒険」に、東川賞受賞作家 森村泰昌氏とやなぎみわ氏が出品しています。

国立国際美術館コレクション 美術の冒険

b0187229_12405194.jpg















以下リンクより

美術とは何でしょうか?

我々の生活において、美術はどんな役割を果たしているのでしょうか?

我々が美術に期待しているものは何でしょうか?

ここにはさまざまな答えがあると思いますが、ひとつの答えとして、美術の力とは、日常の世界から我々を引き離し、かつて見たこともないような、思いも寄らなかったような世界へと我々をいざなうところにあるのではないでしょうか。

アーティストは、世間の常識をひょいと飛び越え、通常は結びつかないようなものを結び付け、そして自分がいる世界よりももっと広い世界があることを、観る者に気づかせてくれます。これがまさに美術の力であり、面白さです。

優れたアーティストは、狭い国境を飛び越え、異文化と異文化をぶつけ、そして融合します。「芸術」としてお高く留まっているものと我々の日常の大衆文化の壁をも乗り越えます。内部と外部、虚構と現実、永遠と刹那、日常と非日常。これらの二つを隔てている垣根を取り払い、我々をその境でたゆたわせます。我々が日常生活の中でガンジガラメになっている常識の鎖を断ち切り、そして自由な思考へと導くのが、まさに美術なのです。

このたびは、大阪の国立国際美術館のコレクションの中から、こうした美術の力を感じさせる作品を選りすぐり、新潟では初めて大々的に公開します。

このたびの展覧会が、あなたと美術との新たな出会いの場となり、その結果あなたの心と魂がより自由になる、そんな機会となることを祈っています。

さあ、一緒に美術の冒険の旅に出かけましょう!


***********************************
会期:2014年05月17日(土) - 2014年06月22日(日)
時間:10:00~18:00、観覧券の販売は17:30まで
休館:6月16日(月)
観覧料:一般¥800(600)、大・高校生¥600(400)、中学生以下無料
    *( )内は有料20名以上の団体料金
会場:新潟県立万代島美術館
   〒 950-0078 新潟県 新潟市中央区万代島 5-1 朱鷺メッセ内 万代島ビル5階
リンク:http://banbi.pref.niigata.lg.jp/exhibition/open/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-06-13 12:43 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30