東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

堀井ヒロツグさん 展覧会「すべて海へ還っていく、そしてまた降り注ぐ」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

フォイル・ギャラリーにて、堀井ヒロツグさんの展覧会が開催されます。


堀井ヒロツグ+浅田慧子 写真展
すべて海へ還っていく、そしてまた降り注ぐ

b0187229_13563923.jpg


















©Hirotsugu Horii


以下リンクより

フォイル・ギャラリーでは9月11日(金)から9月27日(日)まで、
堀井ヒロツグ+浅田慧子 写真展
「すべて海へ還っていく、そしてまた降り注ぐ」を開催します。
この機会に是非、ご高覧ください。




近くにいる人を見つめながら、未来に降る雨のことを考えている。

和歌に見られるように、人は昔から水に感情を託してきた。
私たちの内部を満たし、また、そこから流れ出した水がやがて海や空を満たすように、それぞれが同じ循環の一部分であることを、どこかで感じていたのだろうか。

私はこの数年のあいだに、人の心の営みがつくる目に見えない川や海を想像するようになった。隔たりながら隣り合っている私たちを、ゆるやかに繋げながら、すべてを抱く海原へ通じていく水脈のことを。私たちはその混沌の川に、堪え難いほどの欲望や、透き通った祈りさえ流せる生き物である。

その像を視覚で捉えることは出来ないけれど、そこにじっと目を凝らすことは、この時代を循環するものへの眼差しを持つことと同じであるように思う。

未来に降る雨は、この身体とひと繋がりにある。

堀井ヒロツグ



私の生まれ育った家には障子のある部屋があり、その部屋の障子を開けると 庭に沢山の花が咲いてるのが見え、優しい光が差し込む。
障子を閉じると、外の景色が見えず隔たれた空間に漠然とした不安と、映った影からは物の気配が感じられる。
向こう側が見えそうで見えない、つっついたら破けてしまうその紙につい触れたくなった。

浅田慧子



***********************************
会期:2015年9月11日(金) - 9月27日(日)
時間:月 - 土 12:00 - 19:00 / 日・祝 12:00 - 18:00
休廊:9月16日、24日
入場料:300円(中学生以下無料)
会場:フォイル・ギャラリー
   〒602-8453  京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519
リンク:http://www.foiltokyo.com/gallery/exhibitions/h_a/h_a.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-09-09 13:59 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31