東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

浦芝眞史さん 第13回写真「1_WALL」グランプリ受賞


歴代フォトふれ 浦芝眞史さんが、第13回写真「1_WALL」にてグランプリを受賞いたしました!!

b0187229_15264482.jpg




































「「ゆく、ふれるやいなや」」
浦芝眞史
1988年生/ビジュアルアーツ専門学校・大阪 写真学科 卒業
自分に素直になって、美しいものを撮ろうと思った。
美しいものには触れたくなる。
触れてはじめてみえること。
触れられないからみえること。


* 11.19 木までガーディアン・ガーデンにて、浦芝眞史さん含めたファイナリスト6名の展示を開催中。


ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけた公募展、第13回写真「1_WALL」展を開催します。ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展で作品を発表します。会期中11月4日(水)には、グランプリを決定する公開最終審査が開催されます。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、一般見学者にも公開される審査員による議論が行われ、グランプリが決定します。グランプリ受賞者には1年後の個展開催とパンフレット制作の権利が贈られます。

13回目となる今回は、自らの性の問題を写真を通して確認するべく人に迫ったポートレートや、心の奥底に潜む憤りを、独自の視点で身の回りのものを切り取り表現した作品、福島の社会的な課題をテーマにしたドキュメンタリー的写真、また、セルフポートレートや日常の光景から、現実とは異なる別世界をつくりあげた作品、メニエール病を患う友人に心を重ね、その状況を可視化したスナップ写真、チベット、東京などのスナップショットとウェブで発表されている様々なデータやビジュアル資料や自筆のテキストを用いて自らのルーツを掘り下げ概念化した作品など、多様な表現が集まりました。どの作品がグランプリを獲得するのか、今後の活躍が期待される若手作家達に是非ご注目ください。


*********************************
会期:2015.10.26 月 - 11.19 木
時間:11:00a.m.-7:00p.m. 
休館:日曜・祝日休館 入場無料
会場:ガーディアン・ガーデン
   〒104-8227 東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F
リンク:http://rcc.recruit.co.jp/gg/competition/1_wall/013-photography
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-11-08 15:31 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30