東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

鈴木理策氏 展覧会「水鏡」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

和歌山の田辺市立美術館と熊野古道なかへち美術館の2館にて、鈴木理策氏の展覧会が開催中です。


水鏡

b0187229_1120292.jpg




































以下リンクより

田辺市立美術館

和歌山県新宮市出身の写真家、鈴木理策[1963- ]の近年の活動を紹介する展覧会を開催します。

鈴木は1980年代半ばから写真を媒体に創作活動をはじめ、1998年に故郷、熊野に至る道のりをテーマにした初の写真集『KUMANO』を上梓しました。以後に展開されたロードムービーのような物語性を持って、見るものの意識に柔らかに働きかける鈴木の表現は高く評価され、2000年には第25回木村伊兵衛写真賞を受賞しています。

その後も聖地、サント・ヴィクトワール山、セザンヌのアトリエ、桜、雪といった多様な対象に異なるアプローチで取り組み、意欲的な新作を発表し続けています。

[現実の世界と水面にうつる世界とが溶け合う最新のシリーズ「水鏡」は、熊野古道なかへち美術館で同時開催中の展覧会で紹介しています。]

多彩な表情を見せる鈴木の作品ですが、一貫してうかがえるのは写真というメディアについての深い考察と「見ること」への問いです。

本展覧会のタイトル「意識の流れ」も、「見るという行為に身をゆだねると、とりとめのない記憶やさまざまな意識が浮かんできて、やがてひとつのうねりのような感情をもたらすことがある」という鈴木の言葉に基づいています。

鈴木の写真に対峙するとき、私たちは純粋な「見る」という行為へと誘われ、意識の奥底を直接ゆさぶられるような体験をします。「海と山のあいだ」、「Sakura」、「White」、「Étude」の4つのシリーズからなる本展覧会によって、誰一人同じではない自分自身の「意識の流れ」を感じていただけましたら幸いです。



熊野古道なかへち美術館

和歌山県新宮市出身の写真家、鈴木理策[1963- ]の最新シリーズ「水鏡」を紹介する展覧会を開催します。

鈴木は1980年代半ばから写真を媒体に創作活動をはじめ、1998年に故郷、熊野に至る道のりをテーマにした初の写真集『KUMANO』を上梓しました。以後に展開されたロードムービーのような物語性を持って、見るものの意識に柔らかに働きかける鈴木の表現は高く評価され、2000年には第25回木村伊兵衛写真賞を受賞しています。

その後も聖地、サント・ヴィクトワール山、セザンヌのアトリエ、桜、雪といった多様な対象に異なるアプローチで取り組み、意欲的な新作を発表し続けています。

多彩な表情を見せる鈴木の作品ですが、一貫してうかがえるのは写真というメディアについての深い考察と「見ること」への問いです。

[「見る」という行為から生まれる「意識の流れ」をテーマにした展覧会は、田辺市立美術館で同時開催中です。]

本展覧会は、カメラの特徴と水面の特性に着目した鈴木の最新シリーズ「水鏡」を特集して展示するものです。現実の世界と水面にうつる世界とが溶け合う「水鏡」は、私たちの知覚と鏡像とをないまぜにして、いままでに見たことのない新鮮な風景を生み出しています。本展覧会を通して、知覚の歓びを感じていただけましたら幸いです。



**********************************
田辺市立美術館(和歌山県田辺市たきない町24-43)
熊野古道なかへち美術館(和歌山県田辺市中辺路町近露891)
2016年4月16日(土)~6月26日(日) 休館日:毎週月曜日・5月6日(金)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料:田辺市立美術館 一般600円(480円)/ 熊野古道なかへち美術館 一般400円(320円)
( )内は20名以上の団体料金/学生及び18歳未満は無料

リンク:http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/exhibitions/160416RisakuSuzuki.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-06 11:24 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31