東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

石川竜一さん 展覧会「六本木クロッシング2016展:僕の身体(からだ)、あなたの声」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

森美術館にて開催中の展覧会「六本木クロッシング2016展:僕の身体(からだ)、あなたの声」に、石川竜一さんが出展しています。


六本木クロッシング2016展:僕の身体(からだ)、あなたの声

b0187229_11364317.png

















以下リンクより

アーティストたちのまなざしを通して描かれる、歴史や身体、性、風景に対する新たなイメージ

森美術館は、2016年3月26日(土)から7月10日(日)まで、「六本木クロッシング2016展:僕の身体(からだ)、あなたの声」を開催します。
「六本木クロッシング」は、森美術館が3年に一度、日本のアートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として2004年から開催してきたシリーズ展です。5回目となる本展では、日本、韓国、台湾の4人のキュレーターによって選ばれた、20組のアーティストのバラエティーに富んだ表現を通して、日本の現代アートを幅広い視野から検証し、今日の社会とアートについて考察します。
今日、グローバル化やITの発達、SNSの普及により、個人による情報発信が可能となり、ネットを介したバーチャルなコミュニケーションの機会が増大しています。このことは自己と他者の関係性にも大きく影響を与え、これまで当たり前のように考えられてきた社会制度や世の中に存在する様々な枠組み、価値観の見直しが求められています。
本展では、独自のリサーチにより、個の事象やストーリーにスポットを当てる作品を制作している、アーティストたちのまなざしを通して、歴史や身体、性、風景についての新たなイメージを描き出します。「私」とは誰だろう。私の身体はどのように歴史や他者とつながっているのだろう。過去と未来、自己と他者が交錯する感覚を味わいながら、世界と自分との新たな関係性を探ります。

出展アーティスト
ジェイ・チュン & キュウ・タケキ・マエダ、藤井 光、後藤靖香、長谷川 愛、石川竜一、片山真理、小林エリカ、ナイル・ケティング、松川朋奈、ミヤギフトシ、毛利悠子、百瀬 文、西原 尚、野村和弘、佐々 瞬、さわひらき、志村信裕、高山 明、山城大督、ジュン・ヤン



**************************************
会期:2016年3月26日(土)-7月10日(日) 会期中無休
時間:10:00-22:00(火曜は17:00まで)
観覧料:一般 1,800円、学生(高校・大学生) 1,200円、子供(4歳ー中学生) 600円、シニア(65歳以上) 1,500円
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
   東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
リンク:http://www.mori.art.museum/contents/roppongix2016/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-06 11:43 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31