東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

林直さん 展覧会「写真ノードのはじまり」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ブルームギャラリーにて開催中の展覧会「写真ノードのはじまり」に、林直さんが参加しております。


写真ノードのはじまり

b0187229_1584879.jpg



















以下リンクより

《 展覧会概要 》


ブルームギャラリーは、5月21日から6月19日まで
「写真ノードのはじまり」を開催します。


写真を軸に作家紹介やファインプリントの販売を行ってきたブルームギャラリー。
7周年を迎えるにあたり、新たな試みとして、複眼的に写真をとらえるためのプロジェクトを複数立ち上げました。
プロジェクトでは、写真を節点(ノード)に様々な領域で活動する専門家や写真家とギャラリーがタッグを組むことで、社会における「写真」の役割や未来についてあらためて考えていきたいと思っております。また、ギャラリーの仕事の重要な役割のひとつでありながらも、あまり一般的には馴染みのない「写真のアーカイブ(フォトアーカイブ)」といった保全分野の取り組みについても今後は積極的にご紹介していきます。

本展ではスタートしたばかりの複数のプロジェクトの中から「写真」と「アーカイブ」をキーワードにした3つのプロジェクトの「はじまり」部分をご紹介します。

具体的には、芸術としての写真(ファインプリント)を残すための技術を高め合う北義昭と林直によるユニット『degihayashi(デジハヤシ)』、まちのアーカイブを目的に関西在住の写真家4名(北義昭・キリコ・林直・山内浩)とディレクター窪山とでスタートさせた『RAPプロジェクト』、写真の整理の現場でみてきた事例を集め、理想とするフォトアーカイブの方法を提案する、大澤友貴(写真研究)と窪山によるフォトーアーカイブ窓口「アトリエ フォト アーカイバ」の活動をご紹介します。

また、6月5日には写真評論家の鳥原学氏をゲストに招いたトークイベント『ポートレイトが教える今のわたしたち』を開催。
その他、家族写真の展示や「家族アルバムをよむ会」なども企画しております。

身近にありながらもまだまだ知らないことが多い「写真」の世界。

これらの複数プロジェクトで具体例を示していくことで、現場視点からのアーカイブ情報を集め、
広く活用できるよう情報を公開していきます。
また、来場者にとって、ギャラリーという場所がフォトアーカイブ情報の交差点(ノード)となることを願っております。

写真ノードのはじまり、ぜひご高覧ください。



*********************************
会期:2016. 5.21 - 6.19
時間:木金:13:00 - 20:00、土日:11:00 - 18:00
会場:ブルームギャラリー
   〒532-0025 大阪市淀川区新北野1−11−23 ハイム北野 B103
リンク:http://www.bloomgallery103.com/gallery/exhibition/160521_syashin_node.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-06-01 15:11 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31