東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

飯沼珠実さん 展覧会「歌う建築を聴く- architecture singing」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

京都岡崎 蔦屋書店にて、飯沼珠実さんの展覧会が開催中です。


歌う建築を聴く- architecture singing

b0187229_18314064.jpg

























以下リンクより

京都岡崎 蔦屋書店では、ロームシアター京都 パークプラザ3階 共通ロビーにて、写真家・飯沼珠実の写真展を開催します。

飯沼珠実は、建築物を被写体に写真作品を発表してきました。2016年1月には上野の森の建築、国立西洋美術館(ル・コルビュジエ)や東京都美術館(前川國男)、そしてその周辺の情景などを写した初の写真集『建築の建築』を発表し、益々活動の場を広げております。

「東京都美術館が、わたしの日常的な風景に在りはじめて、この建築の姿やかたちだけではなくて、呼吸のリズムや内包する熱量のようなもの、上野の森との関係性、特に森との距離感の調律に気を惹かれるようになった。森がみせる多様な表情、 毎日の天気や日差し、流れる季節と繰り返す樹木の繁茂と落葉、そういった森の営みと、とても密接に関わり合っているようなのだ。そして樹木たちも、前川建築を背景に嬉々として、舞でも舞っている様子にみえてくる。東京都美術館は、上野の森の住人なのだと感じるようになった。」(『建築の建築』飯沼珠実)

飯沼にとって「建築」は、"単なる"建造物に過ぎず、生活のさまざまな側面に関係づけされることにより、生命すら感じさせる有機体に変化していきました。

本企画「歌う建築を聴く - architecture singing」では、長年に渡り京都市民に親しまれ、本年リニューアルオープンした前川國男建築「ロームシアター京都」を撮り下ろした写真を展示します。また京都のモダン建築、京都の迎賓館として多くの観光客を迎えてきたウエスティン都ホテル京都の数寄屋風別館「佳水園」(村野藤吾)、関西の日仏交流会館で、アーティスト・イン・レジデンスの場と活用されている「ヴィラ九条山」(加藤邦男)を撮影した作品も紹介いたします。それぞれの建築作品には代官山 蔦屋書店の建築デザインコンシェルジュが解説文を寄せました。

展示は、来場者の憩いのスペースとなっているロームシアター京都3階、パークプラザロビーにて開催し、代官山 蔦屋書店に巡回します。

新しい切り口から京都と建築の魅力を伝える機会となっております。みなさまのご来場をお待ちしております。


*******************************
会期:2016年 5月 24日 [火] - 7月 2日 [土]
時間:8:00 〜 22:00 年中無休
会場:京都岡崎 蔦屋書店
   〒606-8342 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都 パークプラザ
リンク:http://real.tsite.jp/kyoto-okazaki/event-news/2016/05/---architecture-singing.html










[PR]
by higashikawa_blog | 2016-06-22 18:34 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31