東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

吉田志穂さん 展覧会 「測量|山」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

本日よりYumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、吉田志穂さんの展覧会が始まりました。


測量|山

b0187229_8484349.jpg
















©Shiho Yoshida


以下リンクより

これが普通の加工・合成写真だったら、なんの興味も持たなかっただろう(ここで言う「普通の加工・合成写真」とは、現実にはあり得ない瞬間を、さも現実であるかのように作り込んだ写真のことを指す)。しかし吉田志穂は探求する。写真という媒体を使って。

 例えば一年前の個展(1WALLグランプリ受賞展)。作者は印画紙にプリントした自分の写真を再び撮影した作品を展示していたが、それは写真というものが薄っぺらな紙のうえに擬似的に空間を再現しているにすぎないことを強調する結果となっていた。あるいはパソコンのモニター画面を撮影した作品では、作者にとってそれがもはや仮想ではない“現実”との対面であることを示していた。これらの作品から伝わってくるのは、我々の生活がいかに媒体化された平面に依存しているかである。しかも作者はこのアイロニカルな作業を、写真に対する深い信頼に基づいて行っていた(画面に漂うそこはかとない情緒に、作者の写真に対する偏愛の現れを感じた)。これらは写真の限界を写真によって乗り越えようとする試みであるようにも思えた。

 さて、今回の作品である。まだ実見していないので何とも言えないが、本人の言葉を聞く限り、写真の物質性(数量)に関する作品であるようだ。前回とは対照的な論点である。どんな作品が飛び出すのか、今から楽しみである。

鷹野隆大


作家コメント
山に関連するデータを保存していたハードディスクが上限を超えた。
山の画像や情報の集積があふれた空間の中に
、存在するはずもない山そのものの重さを感じた。
溶岩が積み重なって山の形を成すように、様々な場所で撮影された山がその小さなハードディスクの中に積
み重なり、実際には存在しない新たな山を作り上げている想像をさせた。
仮想の山には形も場所も無い、しかしそれを知覚するための方法を作りたいと思った。
写真にする事で仮想の山に形を与え、実在の山やデータと比較する。
行程を繰り返すことで、存在しない地表に形を与え山の輪郭を決定する作業は、まるで測量のようだ。

吉田志穂


トークイベント
日 時:2016年7月23日(土)17:00-18:00
吉田志穂×鷹野隆大
会 場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
※事前申込制、参加費:無料


***********************************
会期:2016年7月14日(木)- 8月20日(土) 
時間:12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
   〒160 - 0023 東京都新宿区西新宿 4 - 32 - 6 パークグレース新宿 #206
リンク:http://www.ycassociates.co.jp/jp/information/shihoyoshida_exhibition/










[PR]
by higashikawa_blog | 2016-07-14 08:52 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31