東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

トークイベント 「写真文化首都「写真の町」東川町の魅力とは」


八重洲ブックセンターにて、『東川町ものがたり―町の「人」があなたを魅了する』(新評論刊)刊行記念トークイベントが開催されます。

写真文化首都「写真の町」東川町の魅力とは
松岡市郎さん(東川町長)×吉里演子さん(東川町写真の町課・学芸員)

b0187229_1821480.jpg


<トークイベント概要>

北海道旭川市南東、大雪山の麓に広がる人口僅か8,000人の小さな町「東川町」 なんとこの東川町、「国道」・「鉄道」・「上水道」普通ならあって当たり前の3つの道がない。1950年の10,754人をピークに1994年3月には6,973人まで人口が減少した。このままでは・・・ さぁ、町のPRに奔走する日々の始まりです。
「大雪山」・「写真甲子園」・「クロスカントリー」・「木工クラフト」・「君の椅子」・「東川米」・「ひがしかわワイン」・「温泉」・「株主制度」・「町立日本語学校」これらのキーワードを軸に「町づくりの仕掛け」を東川町に暮らしている人々の様子とともにお伝えします。
イベント終了後、あなたもきっと「東川町」に行きたくなるはず!いや、移住したくなるかもしれません。

※トークイベント終了後、サイン会を実施いたします。
(お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。)


ご来場者全員に「大雪旭岳源水」「東川米」のセットをプレゼント!


<登壇者紹介>

松岡 市郎(まつおか いちろう) 東川町長
1951年生まれ。1972年 東川町奉職。農林課長補佐、社会教育課長、税務課長を経て、2003年に退職。
同年、東川町長に就任。現在4期目。雄大な大雪山系より流れる清流「忠別川」の美味しい水、澄んだ
空気、肥沃な大地と美しい景観、恵まれた資源を最大限に活用し、新たな付加価値を創出しながら、写真文化首都「写真の町」東川町の地名度を生かしたプライムタウン(最高のまち)づくりに取り組んでいます。また、職員の知力と実行力を求める「前例踏襲型」から「個性創造型」行政への転換を図り、住民福祉の向上に努めています。

吉里 演子(よしざと ひろこ) 東川町写真の町課・学芸員
大阪市阿倍野区出身。大阪芸術大学写真学科卒 高校時代に「写真甲子園」本戦出場を果たし、東川町へ初来町。以来、東川町に魅了され、寝ても覚めて東川町のことを想うことに。大学時代には「写真甲子園」ボランティアスタッフや、大学の卒業制作で大阪と東川町を行ったり来たりするなか、町への想いは更に膨らむ。大学4年生の冬に偶然にも募集があった「写真の町課」の臨時職員となり、「考えてる時間があるんだったら、飛び込もう」状態で東川町へ移住。その後、正職員となり現在に至る。『東川町ものがたり』編集実務を担当。


*******************************
開催日時:2016年9月9日 (金) 19時00分~(開場:18時30分)
会場:八重洲ブックセンター 本店 8F ギャラリー
   〒104-8456 東京都中央区八重洲2-5-1
入場料:税込 500円  ※イベント当日会場入口にて整理券をご呈示の上、参加費をお支払いください。
80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
お申し込み方法:1階カウンターにてお申し込みください。参加整理券を差し上げます。
また、お電話によるお申し込みも承ります。 (電話番号:03-3281-8201)
参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。


リンク:http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/10023/


*9月10日(土)、ジュンク堂 大阪本店でもトークが開催されます!
http://fotofes09.exblog.jp/26124139/








[PR]
by higashikawa_blog | 2016-09-04 13:36 | 東川町
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31