東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

石川竜一さん 展覧会「BODY/PLAY/POLITICS」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

横浜美術館にて開催中の展覧会「BODY/PLAY/POLITICS」に、石川竜一さんが出展しています。


BODY/PLAY/POLITICS

b0187229_1432250.png


以下リンクより

本展で紹介するのは、人間の身体や集団としての行動、超自然的な存在など、歴史を通じて作り上げられた身体が生み出すイメージの数々をモチーフに、それぞれの角度から作品化していく現代の作家たちの作品です。

わたしたちはしばしば、ある身体に対して「健康/不健康」とか、「美しい/醜い」といった感覚を抱いたり、特定の行動の中に「典型的な日本人」といった形容で何かの集団を代表するイメージを思い描くことがあります。あるいはほんの少しその印象が食い違うだけで、とても奇妙な感覚を覚え、全く異なる意味を感じ取ってしまうこともあるでしょう。

肌の色、民族や宗教、性差や生活のスタイルまで、さまざまな違いのある人々が同居する世界では、個々の身体が持つ色や形状、振る舞いなど、本来特定の意味などなかったはずのものにも長い時間の中で価値の差別化が生じ、不幸な歴史へと繋がったことも少なくありません。

展示は、アフリカ風の更紗を用いた作品で知られるイギリスの作家インカ・ショニバレ MBE、マレーシアの女性作家イー・イラン、映画監督としても知られるタイのアピチャッポン・ウィーラセタクン、ベトナムを拠点に活躍するウダム・チャン・グエン、日本からは注目の作家、石川竜一と田村友一郎の6作家によるインスタレーションをはじめ、会期中のライブ・パフォーマンスや、ダンスのワークショップなどで構成されます。また、「横浜ダンスコレクション2017」とも連携し、美術とダンスの両面から身体が生み出す表現を掘り下げます。

ヨーロッパとアフリカ、東南アジア、そして日本。本展出品の6作家の作品には、詩的に、時にユーモア溢れる表現で、身体を通じて立ち現れる歴史と向き合い、未来へ向けて新たな意味を見出していこうとする姿が見えてくることでしょう。


出展作家

インカ・ショニバレ MBE Yinka Shonibare MBE
イー・イラン Yee I-Lann
アピチャッポン・ウィーラセタクン Apichatpong Weerasethakul
ウダム・チャン・グエン UuDam Tran Nguyen
石川竜一 Ishikawa Ryuichi
田村友一郎 Tamura Yuichiro


**************************
会期2016年10月1日(土)~12月14日(水)
開館時間10時~18時(入館は17時30分まで) 
    ※2016年10月28日(金)は20時30分まで(入館は20時まで)
休館日 木曜日、11月4日(金)※ただし、2016年11月3日(木・祝)は無料開館
観覧料
  一般 1,500円(前売1,300円、団体1,400円) 
  大学・高校生 1,000円(前売 800円、団体 900円)
  中学生 600円(前売 400円、団体 500円)
  小学生以下 無料
  65歳以上 1,400円(要証明書、美術館券売所でのみ対応) 
横浜美術館
   〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
http://yokohama.art.museum/index.html








[PR]
by higashikawa_blog | 2016-10-01 14:03 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31