東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

展覧会「写真家が見つめた沖縄」



歴代フォトふれ 石川竜一さんがディレクションを手がける展覧会「写真家が見つめた沖縄」に下記受賞作家が出展しております。
石内都氏、石川直樹氏、楢橋朝子氏、野村恵子氏、萩原義弘氏、山田實氏、初沢亜利氏。
フォトふれからは、石川竜一さんが出品しています。



写真家が見つめた沖縄

b0187229_16383548.png


以下リンクより

戦後、経済の発展と沖縄の観光地化との関係によって、沖縄を捉える写真のイメージは強く固定され続けてきた。海や自然といった観光的イメージから、文化を示すような古い町並みや島々、老人たちのイメージ、それらの対局にある現代のイメージとしての基地や社会問題のイメージまで、社会を中心としたイメージは、社会的価値を持っているが故に消費されやすく、それが沖縄のイメージとなっていった。

しかし世界的にもそうであるように、写真の立場は、社会のなかの個人という立場から、個人から考える社会という立場に時代とともに変化してきた。もともとは、自然のイメージをとっても、島々や老人のイメージをとっても、社会問題のイメージをとっても、それぞれの時代の、それぞれの人々にとっての必然性から生まれたものであり、社会的な消費に耐えられるものは個人の存在の強さでもある。

復帰後、沖縄においても、これまでに見られた社会的立場を中心とした写真に加えて、より個人的な表現としての写真活動が活性化してきた。その結果、写真表現は方法や形式の呪縛から解放され、それぞれが互いにより深い意味を持つものとして存在することができている。写真はもっと自由になれるし、その方がより大切なものが見えてくると信じたい。



出展作家

コレクションギャラリー1

石内都
石川直樹
石川真生
伊志嶺隆
大城弘明
白岡順
染谷學
平良孝七
津野力男
東松照明
楢橋朝子

野村恵子
萩原義弘
比嘉康雄
比嘉良治
平敷兼七
蒔田恵理
水島源晃
港千尋
森山大道
山田實
勇崎哲史



県民ギャラリー1・2・3

新垣一也
石川竜一
伊波一志
伊波リンダ
氏家聡
亀山亮
タイラジュン

豊里友行
中川大祐
長崎健一
七海愛
初沢亜利
松本太郎
宮里秀和



*****************************
2017年4月25日(火)~5月21日(日)
午前9:00~午後6:00(入場は午後5:30まで)
金・土曜日は午前9:00~午後8:00(入場は午後7:30まで)
休館日:5月1日(月)/8日(月)

沖縄県立博物館・美術館 コレクションギャラリー1・県民ギャラリー
 〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-05-04 16:42 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30