東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

吉田志穂さん 展覧会「砂の下の鯨」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

hpgrp GALLERY TOKYOにて、吉田志穂さんの展覧会が開催されます。


砂の下の鯨

b0187229_14052801.png


以下リンクより

hpgrp GALLERY TOKYOより、吉田志穂個展「砂の下の鯨」の開催をご案内申し上げます。
web上に転がる多くのイメージの中から撮影地を選び、実際に現地へ赴き撮影を行います。そこで撮った写真を、撮影地にまつわるニュース映像や様々な媒体の画像と合わせて複写し、アナログ加工を取り入れてプリントします。
一つの場所の情報を多面的に集め、それらを幾重にも積み重ねて作られるイメージの構築方法は、「風景を切り取る」という今までの写真概念を大きく逸脱し、まるで構成のための一つの道具として写真を用いることで、新しい風景を立ち上がらせます。
それは幼い頃からパソコンや携帯の画面の奥に広がるイメージを見続けてきた吉田が、もっともリアルに感じ得る身近な風景なのかもしれません。
この機会にぜひご高覧いただきますようお願い申し上げます。


アーティストコメント
何度も撮影した事のある、生まれ育った土地にある海岸の航空写真を見ていると、良く知っているはずの場所に見慣れない何かで囲われた場所を見つけた。
調べると、知らない間に鯨が座礁し、それを骨格標本にするために一時的にその囲いの中に埋められているらしいことが分かった。
私がその鯨の存在を知ったのは鯨が埋められてから2年半ほど経ったあとだった。
勝手知ったる場所の知らなかった事件に興味を惹かれ、その場所に行ってみる事にした。
鯨の埋められている場所にはとても綺麗な砂紋ができていた。
画像でしか鯨を見たことがない。検索画像の鯨は腹部の模様が強調されているものが大半 を占めている。砂紋は鯨の皮膚の模様のように思え、今立っている場所の下に3メートルを超える生き物が 埋まっているという情報が実感に変わっていった。生まれ育ち、知り尽くし見飽きたと言っていいほどの場所が、知らない間に起きたひとつの事実により全く知らない場所に変化していく。
砂の下の鯨はどんな姿でそこに在るのか、それを写真にしてみたいと思う。


****************************
2017.07.14 ( fri ) -.07.29 ( sat )
営業時間 12時 ~ 20時
月曜・毎月最終日曜閉廊
hpgrp GALLERY TOKYO
 〒107-0062 東京都港区南青山5丁目7−17 青山小原ビル小原流会館





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-11 14:09 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31