東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

札幌国際芸術祭2017


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

札幌国際芸術祭2017に、酒井広司氏が参加しております。


札幌国際芸術祭2017


b0187229_20162169.jpg


以下リンクより

2回目になる札幌国際芸術祭のテーマは「芸術祭ってなんだ?」です。

今回ゲストディレクターへの就任依頼が来たときに、わたしがまず最初にひっかかり、そして今も考え続けているのが「芸術祭」ってなんなのかということです。「芸術」ってなんなんでしょう。それが「祭り」になるってどういうことなんでしょう。

震災後、わたしが取り組んできた活動の中でも、とりわけ大きな比重を占めてきたのが、これまでにない新しい「祭り」の創出でした。ここでいう「祭り」とは単に歌ったり踊ったりの場を作ることではなく、いや、それももちろん重要ですが、なにより、参加する前と後とで世界の見え方が一変するくらいの、そんな強烈な場を自分たちの手で作り出すことが、わたしの考える「祭り」です。今回はここに「芸術」や「国際」、そして「札幌」が加わります。さて、どうしていったらいいものか。

そんなことを考えれば考えるほど、これらの問いに対して自分一人で考えて、答えを出すのはもったいないと思うようになりました。市民参加の芸術祭ですから、市民の数だけ答えがあるはずで、こうした問いに対して、正解がひとつである必要なんてないと思います。正解とか、正論を探すのではなく、実際に手を動かし、誰かと何かを作るところから見えてくる何か、感じる何かであったほうがいい、わたしはそう考えています。100人いたら100通りの発想があり、それらが同じ方向を向かなくたっていい。むしろ向かないことで、ときに相互に反応しあいながらノイズが生まれたり、予想もできないとんでもないモノが生まれたり。そして、それを「豊かさ」として受け入れていく大きな度量の芸術祭でなければ、世界の見え方なんて変えられるはずがありません。

でっかい北の大地を舞台にした始まったばかりの芸術祭です。札幌や北海道の人たちがこれまでつくってきたものや、前回の芸術祭の残してくれたものを生かしつつ、耳をすまし、目をこらし、体で感じつつ、おおらかに、ときにやんちゃに、ここでしかできない「芸術祭」をみなでつくっていきませんか。やれ美術ではこうだ、音楽ではこうだなんてことは二の次にして「札幌ではこうだ!」と言えるような新しい「芸術祭」を目指してみませんか。ここで出会ったみなさんとならそれができそうな、そんな素敵な予感がしています。


<プロフィール>

1960年余市町生まれ、札幌市在住。1970年代から北海道をさまざまなシリーズで撮影、制作。主に「夏の消失点」(1979年)や1990年代から続く「偶景/SightSeeing」、「そこに立つもの」、「北海道の旅」など。2014年、札幌国際芸術祭2014連携事業「表出する写真、北海道」展(NPO北海道を発信するネットワーク主催)の企画、編集を担当。同年、第30回写真の町東川賞特別作家賞受賞。2016年、第68回北海道文化奨励賞受賞。



***************************

会期:2017年8月6日(日)―2017年10月1日(日)

会場:雪結(yuyu)

 札幌市中央区南3条東4丁目3-13
時間:12:00~18:00




[PR]
by higashikawa_blog | 2017-09-23 20:20 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31