東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

荒木経惟氏 写真集「 青ノ時代/去年ノ夏」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

荒木経惟氏の写真集が、NYを拠点とする出版社「SESSION PRESS」と「DASHWOOD BOOKS」から共同出版されます。


青ノ時代/去年ノ夏

b0187229_13082636.jpg

以下リンクより

日本人写真家、荒木経惟の作品集。本作は、作者の映像作品「アラキネマ」に焦点を当てた写真集として、NYを拠点とする出版社「SESSION PRESS」と「DASHWOOD BOOKS」から共同出版された。日本国外でこの映像作品『青ノ時代』『去年ノ夏』を出版物として発表するのは初めてとなる。作者はこれまで、日常的な出来事を扱った「私写真」を制作し、500冊以上の写真集を出版。特に、緊縛、故夫人・洋子、花などの静物写真、ヌードは代表的な作品として国内はもとより海外でも周知されているが、80年代中期から約25年間、実験的な映像作品「アラキネマ」を制作し、ライブ上映してきたことはあまり知られていない。本写真集では、ライブの臨場感や雰囲気をできるだけ忠実に再現するために、両作品が劇場上映された際のオリジナルスライドを使用し、編集、制作。『青ノ時代』『去年ノ夏』はともに2005年に発表された作品であり、前者は1980〜90年代に雑誌『写真時代』に掲載された作品でまとめられている一方、後者は2005年前後に撮り下ろされた作品が使用されている。ヌードとポートレートを軸にしながら、街路の風景や花の写真なども併せて構成された両作品に共通しているのは、オリジナルの写真に手を加えることで力強い効果を生み出しているという点であり、『青ノ時代』では薬品で脱色することで引き出された色褪せたブルーが、まるで夢か消え去っていく記憶の中にでもいるかのような、メランコリックな儚さを作品にもたらしている。また『去年ノ夏』は明るく透明感のある色を写真の上に塗っていくことで、まるで万華鏡が映し出す幻想的な世界を表現している。作家自身も両作品が過去と未来を現す人生そのものであり対にして見られることをインタビュー(アートン:東京、2005年)の中で語っている。


***************************
softcover in a slipcase
216 pages
260 x 178.3 mm
color
limited edition of 1,750 copies
プレオーダー受付中 ※12月上旬〜中旬入荷予定





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-11-04 13:09 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30