東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2010年 10月 25日 ( 3 )

第25回 新人作家賞受賞作家 石川直樹さんがさがみはら賞を受賞しました。

第25回 新人作家賞受賞の石川直樹さんがさがみはら賞を受賞しました。

●2010 プロの部受賞者
さがみはら写真賞 石川 直樹

b0187229_113389.jpg

●詳細は相模原相模原市公式ホームページから
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/photocity/photocity2010/018662.html

石川直樹さん、おめでとうございます!!
[PR]
by higashikawa_blog | 2010-10-25 10:58 | 受賞作家関連

第24回新人作家賞 受賞 澤田知子さん展覧会情報

第24回新人作家賞を受賞された、澤田知子さんが展覧会をします。

澤田知子展 Mirrors
b0187229_10301924.jpg






会場    :MEM(東京都渋谷区恵比寿 1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F tel.03-6459-3205)
展覧会会期 :2010年10月24日(日)〜11月24日(水)
開廊時間 :午前12時〜午後8時 月曜休廊
関連企画 :2010年11月12日(金)18:30 対談 笠原美智子 X 澤田知子

《澤田知子氏のコメント》
私にはたくさんのセルフポートレイトがあるが、別人に見えるように変装した写真であっても、見ているとやはりそれらは自分に見える。どこかにいそうな誰か、ではない。自分だと認識する。ふだん私が、人が、何をもって自分を自分だと認識するのか?たぶんそれは鏡で見る自分自身の姿であったり、写真に写る自分の姿だったりするのだろう。なのに別人に見える私を私は私と認識する。
人は自分の顔を鏡や写真で見て確認、認識することができる。鏡では他人から見える自分を見ることはできないし、写真では過去の自分しか目にすることができない。
ただ双子(一卵性双生児)だけは限りなく自分に近い姿を鏡や写真がなくても目にすることができるのではないだろうか?
以前発表した”Decoration”では双子のように着飾って歩く女の子達を引用して制作したが、それがきっかけとなり双子について思いを巡らせながら”Mirror”を制作した。

●詳細はMEMのウェブサイトから
http://mem-inc.jp/2010/09/22/澤田知子展%E3%80%80mirrors/

また、関連企画として、11月12日(金)18:30から東川賞審査委員である
笠原美智子さんとのトークもあります。

みなさまこの機会に是非!!ご参加ください。
[PR]
by higashikawa_blog | 2010-10-25 10:57 | 受賞作家関連

!!! 追加 !!! 写真甲子園TV放送のお知らせ!! 【10月25日追加】

写真甲子園実行委員会事務局よりお知らせです。

9月11日(土)に北海道文化放送(UHB)で放送され、
その後各局で放送されている、
 『熱い夏 見つけた宝物 〜写真甲子園2010〜』 が、
フジテレビ系列各局で放送決定いたしました。
それに追加がありましたので、最新分をお知らせいたします!!

■フジテレビ(CX)・・・関東地区
11/20(土)26:50~27:45

■沖縄テレビ(OTV)・・・沖縄地区
11/20(土)15:00〜15:55

●番組公式サイト http://uhb.jp/shashin/

高校生カメラマンの青春を、みなさまご家族と、お友達と、是非一緒にご覧ください!!

また追加がある可能性がございます。
追加が決まり次第お知らせしていきますので
みなさまこまめにチェックしていて下さい!!
よろしくお願いします!!!
[PR]
by higashikawa_blog | 2010-10-25 10:23 | 写真甲子園
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31