東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2012年 01月 16日 ( 2 )

ひがしかわ氷まつり

氷と光の祭典 第18回 ひがしかわ氷まつり

b0187229_2221765.jpg
















北海道の冬祭りのスタートを飾る「ひがしかわ氷まつり」が今年も開催されます。

1月21日(土)の前夜祭では氷彫刻コンクールの受賞者が発表され、続いて19:00からは花火大会が予定されています。頭上に打ちあがるダイナミックな花火は圧巻で、冬の夜空にキラキラと瞬きます。
1月22日(日)本祭りにはスノーラフティングやラリーゲーム、吹奏楽などが行われ、家族で冬の一日を楽しめます。
1月23日(日)後夜祭は氷彫刻のライトアップが行われます。
期間中会場周辺は氷のオブジェやアイスキャンドルで美しく飾られます。
みなさまどうぞひがしかわ氷まつりにお越しください!


<詳細>

b0187229_22224349.jpg
開催日:2012年1月21日~23日(時間はそれぞれ日により異なる)

会場:東川町羽衣公園

住所:上川郡東川町東町1-16-1 

会場アクセス(公共交通):旭川電気軌道 60,67,76番 道草館前下車

会場駐車場:周辺に無料駐車場あり(300台)

お問合せ
ひがしかわ氷まつり実行委員会 TEL:0166-82-3761(ひがしかわ観光協会内)




b0187229_22254820.jpg

<2012年1月21日(土)前夜祭>

■売店営業■(15:00~20:00)
冷えた身体を温めるタコ焼き、焼き鳥、おでんなどアツアツの軽食を販売 
 ★特別企画「しべつ鮭三代漬丼」(限定500食/500円)販売! 
 ☆スノードームのアイスバー「ほっこりカフェ」もOPEN☆
  スープ、ココア、ホットワインなどのアルコールもありますよ♪

■氷彫刻コンクール表彰式■(18:40~19:00)
制限時間内(24時間)に大きな氷の彫刻を造りあげ、その美しさを競います。 
    
■花火大会スタート■(19:00~)
ライトアップされた羽衣公園の真上に大きく花を咲かせる冬の花火に感動!


b0187229_22285346.jpg













<2012年1月21日(日)本祭り>

■氷雪像コンクール表彰式■(12:00)
 職場のグループやサークルで一生懸命造った氷雪像、さて何位に輝くのでしょうか?!
   
■氷彫刻を作ってみよう(モニター参加料¥2,000)■(9:30~12:00)
 氷土会の指導を受けながら特別な彫刻刀を使ってオリジナルの氷の像を彫ってみよう!
(要予約)予約先:アグリテック TEL:0166-82-0800

■スノーラフティング(¥300)■(10:00~12:00、13:00~15:00)
 スノーモービルにひかれ、豪快に雪の上を滑れば気分は爽快!

■ラリーゲーム(¥300)■(10:00~11:30、13:00~14:00)
 数種類のゲームをクリアし、商品をゲットしよう。

■ウィンターコンサート(無料)■(13:00~15:00)
 (出演予定)東川小学校スクールバンド、東川中学校吹奏楽部、旭川凌雲高等学校吹奏楽部

■売店営業■(10:00~15:00)


b0187229_22331961.jpgb0187229_22333247.jpg
















<2012年1月22日(月)後夜祭>

■氷雪像ライトアップ■(16:00~21:00)


b0187229_22512950.jpg**さらに見逃せないグルメ情報をひとつ!!!

東川町と交流のある標津町より「しべつ鮭三代漬け丼」がやってきて、21日(土)に限定500食の販売を行います!
名前の鮭三代というのは、イクラの醤油漬け(子)、漬サーモン(親)、鮭節(祖母?)がおいしいお米の上にたっぷり乗っかっていることから命名されています。
この「しべつ鮭三代漬け丼」は全国ご当地どんぶり選手権で予選を通過しており、これがひがしかわで500円で味わえるなんてラッキー♪
この選手権、本選は東京ドームで行われ、15日には結果が発表されるはず。
氷まつりのころには、もしかして優勝どんぶりになっているかも?!



みなさま、冬の東川も是非味わってみてはいかかでしょうか!!
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-01-16 22:56 | イベント

フォトふれ歴代スタッフ 展覧会、出版のお知らせです!!

元フォトふれの藤本涼さん・吉田和生さんが関わるプロジェクト「MP1」の展覧会「Expanded Retina | 拡張される網膜」が恵比寿のG/P galleryにて開催されます。
そしてこの展覧会に合わせ、番場文章さんがディレクターを務めるBAMBA BOOKSからアーティストブックが出版されます。

b0187229_20464794.pngb0187229_20463062.png










INVISIBLENESS ver.4 / エグチマサル            planet (quiltedhood) / 藤本涼



b0187229_20465960.pngb0187229_2047929.png









Fossil / 横田大輔                      AIR BLUE / 吉田和生


「Expanded Retina | 拡張される網膜」
会期:2012年1月21日(土)~2月5日(日) 12:00~20:00 月曜日定休
場所:G/P gallery http://gptokyo.jp
関連イベント:1月21日(土)18:00よりMP1によるアーティストトーク
モデレーター:佐々木新 氏(HITSPAPER
*定員30名様 要予約(03-5422-9331)
イベント後オープニングレセプションを開催いたします。

MP1プロフィール
MP1は写真を主とした制作活動を行う1980年代生まれの作家エグチマサル・藤本涼・横田大輔・吉田和生によるプロジェクト。 星野太 (表象文化論)が企画立案に参加。2011年秋にはヨコハマトリエンナーレ2011特別連携プログラムBankART LifeⅢにて展示を開催。
1980年代のバブル経済の最盛期に生まれ急速な発展を続ける科学技術と共に成長してきた世代による、日々量産され続ける膨大なイメ ージといかに対峙しいかに世界をとらえるかという普遍的なテーマに対する試みはそれぞれに異なる表現へと着地する。2011年秋以降、 東京・横浜を中心に展覧会を開催予定。http://mp1.jp/

-------------------------------------------

MP1 artist’s book
Expanded Retina | 拡張される網膜


b0187229_2134336.png


















発売日:2012年1月21日(土)

内容:
・MP1作家による作品掲載
・対談
「最高速度と最高密度」エグチマサル × 飯沢耕太郎(写真評論家)
「集合的記憶としての写真」藤本涼 × 後藤繁雄(編集者、クリエイティブ・ディレクター)
「ノイズとしての感覚イメージ」横田大輔 × 粟田大輔(美術批評)
「不可視的な領域への接近」吉田和生 × 天野太郎(横浜美術館主席学芸員)
・星野太(表象文化論)による「媒介の擁護」
・トークショー@ヨコハマトリエンナーレ新・港村
MP1 × 伊藤俊治(美術史家、美術評論家)

エディトリアルディレクション:星野太
エディター:番場文章(BAMBA BOOKS)
翻訳:下谷悦子 高久聡明 針生雅子 青木シモーヌ 星野太
デザイン:宇平剛史
発行:BAMBA BOOKS http://bamba-books.com
価格・版型:1,575円(税込) A4/64ページ
ISBN:978-4-9906259-0-0
限定500部
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-01-16 21:43 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31