東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2012年 04月 13日 ( 2 )

写真分離派展「写真+」


東川賞歴代受賞作家の鈴木理策氏、松江泰治氏が、中京大学 アートギャラリー Cスクエアにて行われる
写真分離派展「写真+」に参加いたします。

写真分離派展「写真+」

b0187229_15105514.jpg






























以下ギャラリーHPより

写真のサプリメント

Aに追加して、その隣へBを並べる行為は、つねにクリティカルである。つまり危機をもたらし、それゆえ批評的である。単一で自足していたAは、Bと比較されるモードに入るのみならず、そのアイデンティティから引きはがされて、AとBのあいだに生じる関係性において新たな意味を得ることになるからだ。音声言語にとっての文字、絵画にとっての写真、アナログにとってのデジタルは、みなこのような危機的な追加物ではなかろうか。

写真の横に、なにかを添えてみる。この場合、出発点を写真にして、その写真との対比、類似、美術史上の参照点などに従って添える分析的な方法と、まったく別のものをその写真にぶつける総合的な方法がある。前者は、醤油の隣に味噌と納豆を並べ、後者は、醤油にアボカドとわさびを合わせるようなことである。

第1回分離派展(@Nadiff)がそうであったように、写真分離派の大きな特徴は、なによりもまず、作家が互いに分離していることであるが、今回の企画展では、それにも拘わらず彼らのあいだに味噌や納豆、アボカドやわさびを見つけようと思う。「写真+」という企画に合わせて、今展ではオリジナル分離派に一人プラスした。大島成己氏(1963年生)は、都市のファサードに乱反射する風景のシリーズ「Reflections」で注目される写真作家。今回は新シリーズ「haptic green」から出展してもらう予定である。
鈴木理策、鷹野隆大、松江泰治、そして大島成己の作品に、清水穣と倉石信乃は何をプラスするだろうか。

清水 穣


<アーティストトークイベント>
○鈴木理策さん、鷹野隆大さん、清水穣さん
日   時 4月21日(土) 15:30~17:00
会   場 名古屋キャンパス 4号館 アートギャラリーC・スクエア
※入場無料 申込不要

○松江泰治さん、大島成己さん、清水穣さん
日   時 5月19日(土) 15:30~17:00
会   場 名古屋キャンパス 4号館 アートギャラリーC・スクエア
※入場無料 申込不要

******************
写真分離派展「写真+」
<ゲスト作家>大島成己、 鈴木理策、 鷹野隆大、 松江泰治、 倉石信乃、 (企画者) 清水穣

会期:2012年4月16日(月)~5月19日(土)
時間:午前9時~午後5時  入場無料
休館:日曜・祝日・4月28日(土)
会場:中京大学 アートギャラリー Cスクエア
   〒466-8666 名古屋市昭和区八事本町101-2
ホームページ:http://www.chukyo-u.ac.jp/extension/gallery/2012/04/002714.html

是非ご覧になってください!!!
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-04-13 15:18 | 受賞作家関連

野口 健吾さん MEC Award 2012 入選作品展のお知らせ


2011年フォトふれの野口 健吾さんが、MEC Award 2012 入選作品展にて作品展示いたします!!

b0187229_14375172.png











映像表現の新たな可能性に果敢にチャレンジする映像作家やアーティストたちは、映像の世界を開拓・冒険するMedia Explorer(メディア・エクスプローラー)と呼ぶことができるでしょう。SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアムが新たにスタートした公募展「MEC Award—Media Explorer Challenge Award—」は、彼らを積極的にバックアップすることを目的とし、全国に広く応募を呼びかけました。本入選作品展では、第一線で活躍する審査員により選ばれた5組のMedia Explorerの作品を展示いたします。映像表現の明日を担う若き才能の力強い第一歩を、ぜひご覧ください。

b0187229_14383983.jpg









「海辺のホームレス」 ©Kengo Noguchi

作家からのコメント
砂浜を行ったり来たりしている。たまに貝殻を拾ったりする。
老人は海と無言の対話を重ね、悠久の日常をゆっくりと歩いている。
世間から見れば一人のホームレスと言えるのかもしれないが、果たしてどうだろうか。 日は昇りまた沈み、波は寄せて引き返す。繰り返される自然のサイクルに老人は溶け込み、漂っている。

<入賞者>
大橋 史、戸田 祥子、内藤 日和、野口 健吾、日野 晴香

<審査員>
塩田周三(ポリゴン・ピクチュアズ代表取締役)
四方幸子(キュレーター、東京造形大学特任教授)
森 弘治(アーティスト)

******************
MEC Award 2012 入選作品展
会期:2012年4月14日[土]~5月27日[日]
時間:9:30~17:00(入場16:30まで)
休館:月曜日(祝日の場合は翌平日)
会場:SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム
   〒333-0844 埼玉県川口市上青木3-12-63
入館料:大人¥500/小中学生¥250(常設展示もご覧いただけます)
ホームページ:http://www.skipcity.jp/mec2012/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-04-13 14:47 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー