東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2012年 09月 28日 ( 3 )

石内 都氏グループ展 「自画像★2012」


Gallery-58にて開催される「自画像★2012」に、東川賞受賞作家 石内 都氏が参加いたします!!

「自画像★2012」

b0187229_16254812.jpg





























以下リンクより

このたびギャラリー58では「自画像★2012」を開催いたします。
自画像は、画家自らの姿を対象化してとらえたもので、
世界観や自意識などを内包するものだといわれます。
本展では、長年にわたって自らの表現を貫いてきた美術家による
新作の自画像と小品をご覧いただきます。
歳を重ねてゆくとともに、その人の生き方が顔を形づくってゆきます。
「美術家」という生き方を選び全うする、日本の美術界を牽引してきた
9人の自画像が一同に揃います。

近年、日本の戦後前衛美術を再検証する展覧会が相次いでいますが、
本展では現在も走り続けるその作家たちの、底力ある新作をご覧いただきます。
1960年に結成された「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」のメンバーである
赤瀬川原平、篠原有司男、田中信太郎、吉野辰海、
1963年に結成された「ハイ・レッド・センター」の赤瀬川原平、中西夏之が参加します。

展覧会タイトルの「自画像★2012」の「★」は、“現在進行形で輝き続けている星”と
“美術界のスター”と、いう二つの意味があります。
2010年に開催した「前衛★R70展 -70歳未満出品不可・完全最新作-」に出品した
赤瀬川原平、秋山祐徳太子、池田龍雄、田中信太郎、中村宏、吉野辰海の6名に、
新たに石内都、篠原有司男、中西夏之が加わります。
絵画、写真、彫刻など様々な表現による自画像をご覧いただきます。

各作家とも自画像1点、小品1点を出品。9名で計18点を展示いたします。
いずれも本展のために制作した2012年の新作です。


*****************************
会期:2012年10月1日(月)-10月20日(土)
時間:12:00-19:00(最終日17:00まで)
休廊:10月7日(日)、14日(日)
会場:ギャラリー58 
   東京都中央区銀座4-4-13 琉映ビル4F
リンク:http://www.gallery-58.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-09-28 16:28 | 受賞作家関連

After Photoshop: Manipulated Photography in the Digital Age


The Metropolitan Museum of Artにて開催中の「After Photoshop: Manipulated Photography
in the Digital Age」に、東川賞受賞作家 オサム・ジェームス・中川氏が出品しています!!!

After Photoshop: Manipulated Photography
in the Digital Age



b0187229_169326.jpg

















































©Osamu James Nakagawa


以下リンクより

This installation explores various ways in which artists, including Nancy Burson, Filip Dujardin, Joan Fontcuberta, Beate Gütschow, and others, have used digital technology to alter the photographic image from the 1980s to the present. Featuring approximately twenty-five works drawn from the permanent collection, it serves as an addendum to the special exhibition Faking It: Manipulated Photography Before Photoshop.

Over the past twenty years, photography has undergone a dramatic transformation. Mechanical cameras and silver-based film have been replaced by electronic image sensors and microchips. Instead of shuffling through piles of glossy prints, we stare at the glowing screens of laptops, tablets, and mobile phones. Negative enlargers and chemical darkrooms have given way to personal computers and image-processing software. Photographers have always used manual techniques to alter their images, but digital cameras and applications such as Adobe Photoshop have made the process quicker, easier, and more accessible to many more people—both amateurs and professionals—than ever before.

Today, the manipulation of photographic images is ubiquitous—in magazines and advertising, in police work and medical imaging, and increasingly in the snapshots of vacations, weddings, and graduations that we email to friends and family and upload to social-networking websites. It is not surprising that artists have seized upon these new tools to realize their visions and to spur reflection on the medium's past, present, and future. This exhibition presents a selection of photographs and video in which artists have used digital technology to modify and transform the camera image or, in some cases, to generate convincingly realistic photographs with no real-world counterparts. Whether imagining alternate realities, reinterpreting classic works of art, or exuberantly defying the laws of gravity, these artists and others are pointing the way toward a new conception of photography as a malleable medium with an exquisitely complex relationship to visual truth.


************************
会期:September 25, 2012–May 27, 2013
会場:The Metropolitan Museum of Art
   1000 Fifth Avenue New York, New York 10028-0198
リンク:http://www.metmuseum.org/exhibitions/listings/2012/after-photoshop
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-09-28 16:13 | 受賞作家関連

Gelatin Silver Session 2012 - Save The Film -


六本木 AXIS Galleryにて、「Gelatin Silver Session 2012 - Save The Film -」が開催されます!
東川賞受賞作家の、植田正治氏、操上和美氏、今 道子氏、鈴木理策氏、高梨 豊氏、細江英公氏が参加しております。

Gelatin Silver Session 2012 - Save The Film -b0187229_15452873.jpg



































以下リンクより

ゼラチンシルバーセッションは、銀塩写真でしか表現できない写真の楽しさ、面白さを広く知ってもらうことにより、次の世代のためにも銀塩写真技術や機材、フィルム、印画紙等を守っていく思いを繋げていくプロジェクトです。


今回で6回目となるのテーマは「ベストプリント」。
今年から人数も大幅に増え、国内外で注目を集めている写真家51名が「ベストプリント」をどのように捉え表現するか、ご期待ください。
また今年2月に亡くなられた石元泰博氏の作品も特別展示されます。
会期中参加作家によるトークセッションも行います。


賛同写真家
浅田政志、石塚元太良、市橋織江、井津建郎、井津由美子、稲越功一、井上佐由紀、植田正治、上田義彦、Bruce Osborn、笠井爾示、片桐飛鳥、操上和美、小林 昭、小林紀晴、小林伸一郎、今 道子、菅原一剛、鋤田正義、鈴木理策、瀬尾浩司、高梨 豊、瀧本幹也、辻 佐織、津田 直、泊 昭雄、中野正貴、中藤毅彦、中道 淳、野口里佳、ハービー・山口、蓮井幹生、Mark Higashino、平間 至、広川泰士、広川智基、藤井 保、藤塚光政、細江英公、本城直季、水越 武、三好耕三、村越としや、本橋成一、森本美絵、森山大道、八木 清、山本哲也、与田弘志、渡邉博史

トークセッション
10月13日(土)14時からGallery内にて津田 直、広川泰士、八木 清によるトークセッションを行います。またゲストには第一回目の企画構成、コーディネートをしていただいた幅 允孝氏(BACH)をお招きします。13時半より受付を開始しますが、予約は不要ですので、お誘い合わせの上ご来場ください。

サイレントオークション
展示作品とは別に写真のサイレントオークションも同時開催いたします。収益の全額を東北の復興支援活動「グリーンピース・ジャパン」「ごしごし福島基金」「森の長城プロジェクト」へ寄付いたします。
※賛同写真家全員が出品してはおりません

入場料 500円(学生無料)

協賛 株式会社IMAGICA 王子製紙株式会社 王子エフテックス株式会社 株式会社大伸社 株式会社ニコン 富士フイルムイメージングシステムズ株式会社

協力 AXIS Gallery 株式会社10BANスタジオ 有限会社東京カラー工芸社 PHOTO GALLERY INTERNATIONAL

展示協力 株式会社フレームマン

アートディレクション 森田明宏 監修:森本千絵(goen°)

Facebook https://www.facebook.com/GelatinSilverSession
Twitter https://twitter.com/GSS_news


*********************
会期:2012年10月01日(月) ─ 12年10月17日(水)
時間:11時〜20時 ※最終日は19時まで / 会期中無休
会場:AXIS Gallery
   106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F
リンク:http://www.gs-s.info/activity/exhibition/2012/
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-09-28 15:52 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー