東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2012年 11月 22日 ( 3 )

「写真甲子園2012」本戦フォトブックが出来ました!!


「写真甲子園2012」本戦フォトブックが出来ました!!

 写真甲子園実行委員会では、キヤノンマーケティングジャパン㈱が提供しているサービス「フォトプレッソ」を利用し、「写真甲子園2012」の本戦作品を各審査会ごとにフォトブックにまとめた【本戦作品集】を作成いたしました。

 【本戦作品集】は、フォトプレッソWebサイト内のギャラリーにて公開をしております。
 また、本戦の様子を記録した【本戦記録集】は、ギャラリーで公開し、販売の取り扱いもしておりますので、
より多くの方にご覧いただけるようお知らせをいたします。

<PHOTOPRESSO(フォトプレッソ)Webサイト>
 http://www.imagegateway.net/photopresso

1. 写真甲子園2012本戦作品集 ファースト公開審査会 テーマ:「恵み」(非売品)
>>作品を見る(PHOTOPRESSOギャラリーへ)

2. 写真甲子園2012本戦作品集 セカンド公開審査会 テーマ:「発見」(非売品)
>>作品を見る(PHOTOPRESSOギャラリーへ)

3. 写真甲子園2012本戦作品集 ファイナル公開審査会 テーマ:「感激」(非売品)
>>作品を見る(PHOTOPRESSOギャラリーへ)

4. 写真甲子園2012本戦記録集(P78 価格2,700円)
>>購入はこちらから (PHOTOPRESSOギャラリーへ)


*リンク
http://syakou.jp/2012/topics20121119.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-11-22 12:48 | 写真甲子園

石川直樹氏 写真展「Manaslu」


石川県のSLANTにて、東川賞受賞作家 石川直樹氏の写真展が開催されます!!!

「Manaslu」

b0187229_1230560.jpg




















©Naoki Ishikawa


以下リンクより

世界をフィールドに旅を続ける写真家であり、ノンフィクション作家としても活躍する石川直樹の写真展「Manaslu」を2012年11月23日(金・祝)から開催します。

石川は今年9月30日、「精霊の山」というサンスクリット語を語源に持つマナスル(8163メートル)の登頂に成功。本展では、その約1カ月間以上におよぶ遠征で撮影した写真を展示します。

マナスルは世界に14しかない8000メートルを超える「神々の座」の一つ。刻一刻と表情を変え、時に雪崩によって登山者を飲み込んできた厳しい山です。これまで北極から南極までの人力踏破や気球での太平洋横断挑戦、七大陸最高峰の登頂など、常に旅の中に身を置いてきた石川。日常の内と外を周遊し、此岸と彼岸を往還するその眼でとらえた8000メートル峰の景色とは。


<アーティストトーク>
日時:2012年11月23日(金・祝) 15:00~
料金:¥1,000
会場:シアター21(金沢21世紀美術館地下)
    石川県金沢市広坂1丁目2−1
お問い合わせ先:SLANT 076-225-7746
*お申込みはリンクより

***************************
会期:2012年11月23日(金・祝)~2013年2月3日(日)
時間:11:00 ~ 19:00 入場無料
会場:SLANT 
   石川県金沢市広坂1-2-32 2F
リンク:http://www.slant.jp/manaslu.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-11-22 12:32 | 受賞作家関連

柴田敏雄氏 展覧会「ルイス・ボルツと柴田敏雄」


東京工芸大学 写大ギャラリーにて、東川賞受賞作家 柴田敏雄氏が展覧会を開催いたします。

「ルイス・ボルツと柴田敏雄」

b0187229_21291681.jpg













©柴田敏雄/新潟県北魚沼郡湯之谷村


b0187229_2130172.jpg











© ルイス・ボルツ/NearReno3


以下リンクより

ルイス・ボルツの作品「Near Reno」はアメリカ・ネバダ州・Reno近郊の人間の手によって開発され取り残された荒れ地を被写体にして自然と文明の関係を冷静な目で記録した作品です。
 柴田敏雄の作品「日本典型」シリーズは、日本の豊かな自然とそこにくい込む開発の痕跡が形づくっている景観を大型カメラで大胆かつ繊細に捉え、精緻なプリントで提示した作品です。

 両者の表現は大きく違って見えますが、彼らの景観を題材にしたスタンスや視点は、一方は現実的な生活空間としてあるがままに冷徹に開発の荒涼とした跡を描写した作品であり、他方は空間を美的造形処理により開発された跡を際立たせる手法で緻密に描写した作品で、文明という名の下に変容させられた風土への関心を示した、従来の風景写真からは距離を置いた表現となっています。

 今回はルイス・ボルツの「Near Reno」と柴田敏雄の「日本典型」から抜粋した作品24点をご覧頂きます。


***********************
会期:2012年11月24日(土) ~ 2012年12月24日(月) 会期中無休
時間:10:00 ~ 19:00
会場:写大ギャラリー (東京工芸大学・中野キャンパス内)
   〒164-8678 中野区本町2-4-7 芸術情報館2F
リンク:http://www.t-kougei.ac.jp/arts/syadai/
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-11-22 10:24 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31