東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2012年 12月 03日 ( 2 )

須田一政氏 展覧会 「RUBBER」


Place Mにて、東川賞受賞作家 須田一政氏の展覧会が開催されております!!

RUBBER

b0187229_2053337.jpg

















©Issei Suda


<トークイベント>
須田一政 × 瀬戸正人
会場 : Place M
日程: 12月8日(土)
時間 : 開場18:30 開演19:00
会費 : 900円
定員 : 60名(要予約)

*ご予約はリンクより

*************************
会期:2012.12.03-12.09
時間:12:00~19:00
観覧料:無料
会場:Place M
   〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿1-2-11 近代ビル3F
リンク:http://placem.com/schedule/2012/20121203/121203.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-12-03 21:01 | 受賞作家関連

鈴木理策氏 写真集「White」出版のお知らせ


edition nordより、東川賞受賞作家 鈴木理策氏の写真集「White」が出版されております!!

White

b0187229_20481310.jpg

















以下リンクより

雪の結晶は、天から送られた手紙である……中谷宇吉郎

写真家・鈴木理策は、2004年以来、雪とその風景を撮り続けています。
毎年、大判カメラを携え、極寒の雪山に分け入り、
人の手の及ばない白い世界と対峙し続けることで獲得されたその視覚は、
雪山の遠さ以上に遠い世界、どこにもない世界に我々を連れ去り、
澄んだ光と張り詰めた空気の中に浮遊させます。

タイトルの“White”が暗示するように、“白”を問うことは、
光、色彩、余白、輪郭、といった写真の形而上学への問いであるとともに、
紙、感光、乳剤、フレーム、といった写真を成立させる物性への問いでもあります。

プリント印画紙と白さを比較しつつ、入念なテスト印刷を経て選択された印刷用紙。
プロセス4色分解では再現が難しいハイライト近傍の微妙なカラーバランスを
著者の印刷立ち会いのもとでプリントに限りなく近づけた、
高精細FM スクリーニングによる印刷。
画面の平面性を保持するために、あえて開きの悪い平綴じをモデルにしつつ、
それを新たに解釈した特殊な製本。
これらはきっと、新鮮な視覚経験を読者にもたらしてくれることでしょう。

著者による、4年ぶりの大判写真集です。
2013年に刊行予定の“Sakura”と対をなす一冊。


265mm x 387mm / 全58p / カラー図版26点 / 保護用箱入り
初版1000部
4725円[税込]

デザイン:秋山伸
印刷:サンエム・カラー
プリンティング・ディレクション:谷口倍夫
製本:印刷設計
販売:ソリレス書店


リンク:http://editionnord.com/jp/nrd006.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-12-03 20:51 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31