東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2013年 03月 13日 ( 3 )

奥田實氏 展覧会「桜 さくら展」

長野県池田町の北アルプス展望美術館にて開催される「桜 さくら展」に、東川賞受賞作家 奥田實氏が出品いたします!!

b0187229_1322448.jpg
b0187229_13222350.jpg





































































日本の美『桜 さくら展』

日本人の美意識を映す花として古来より愛でられてきた花、桜。
 私たちの暮らし全般に彩りを添えてきた「桜」の魅力を、本展では手法が異なるアーティストの、そのひとひらずつを重ね合わせることで探ってみる所存です。
 戸外の安曇野の春景とあわせた宴として、ご高覧かつお楽しみいただけましたら幸いです。

<奥田實氏による講演会>
4/21(日)14時~
※企画展入館券が必要です。


*******************************
【会  期】2013年4月6日(土)~5月19日(日)
【開館時間】午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
【場  所】企画展示室A・B、安曇野ギャラリー
   〒399-8602 長野県北安曇郡池田町会染7782
【休 館 日】月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)4月30日は開館
【入 館 料】大人800円(700円)高大生500円(400円)中学生以下無料
      ※( )内20名様以上団体料金
※会期中展示替えがあります。

リンク:http://azumino-artline.net/ikeda/2013/01/post-22.php
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-13 13:24 | 受賞作家関連

東川町文化ギャラリー展示情報

東川町文化ギャラリーより、展示のお知らせです。

中嶋康裕・森脇英文二人展

b0187229_1303125.jpg
















旭山動物園の動物達を撮影した中嶋氏の作品と、
主に女性を撮影した森脇氏の作品の二人展です。


日本・ウズベキスタン外交関係樹立20周年記念展 北海道展

b0187229_131846.jpg



















小山一芳写真展「マゲナイゾ!・・・と笑顔で生きる人たち」

b0187229_1314264.jpg
















岩手県出身のカメラマン、小山一芳氏が撮影した
東日本大震災に負けない被災地の笑顔の写真展です。

*下記HPにて紹介している小山氏の活動をご覧ください。
http://magenaizo.jp/


みなさま是非お運びください。

*************************
期間:2013.3.13(水)~28(木)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html

<次回展>
2013.3.30(土)~4.18(木)
・日韓中 高校生フォトコンテスト写真展
・野口純一写真展
・岡田成治写真展「春の彩り」
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-13 13:03 | 東川町

北島敬三氏 写真展「Remembrance 3.11」


本日より、銀座ニコンサロンにて、東川賞受賞作家 北島敬三氏の写真展が開催されています!!

Remembrance 3.11

b0187229_12562650.jpg




















©Keizo Kitajima

以下リンクより

東日本大震災から二年が過ぎようとしています。甚大な被害を受けた被災地では復旧が進んでいるように見えながら、その爪痕は今なお残り、多くの人々は未曽有の体験がもたらした深い悲しみやトラウマを忘れることができないでいます。
写真の世界も同様です。多くの写真家たちが被災地へ出かけ、写真にできることは何なのか、写真を撮ることとは何なのかを問われ続けてきました。
ニコンサロンでは大震災から二年という節目にあたり、企画展を開催しあらためてこのカタストロフィの意味を省察したいと考えます。
Remembranceという言葉は、記憶や回想だけではなく、追悼や形見という意味も持ち、何よりもそれは想い出すことが現在をつくりだすことを示しています。それは写真の本質とも重なってきます。
日本人の誰もが記憶を持ち、今なお語り続けているこの震災の意味を、再生への手がかりとして展示と対話から浮かびあがらせたいと思います。


*****************************
会期:2013.3/13 - 2013.3/26
時間:10:30~18:30 最終日は15:00まで
休館:会期中無休
会場:銀座ニコンサロン
   〒 104-0061 東京都 中央区 銀座7-10-1 STRATA GINZA 1F
リンク:http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/03_ginza.htm#02
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-13 12:59 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31