東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2013年 09月 02日 ( 6 )

野町和嘉氏 展覧会「バハル再訪」


キヤノンギャラリー Sにて、東川賞受賞作家 野町和嘉氏の展覧会が開催中です。

バハル再訪

b0187229_1428123.png

















© Kazuyoshi Nomachi


以下リンクより

キヤノンギャラリー S開設10周年を記念した特別年間写真イベント「キヤノンギャラリー S 10周年記念展」の第2部、“時代に応えた写真家たち”~THROUGH THE EYES OF TIME~、野町和嘉氏の出展による写真展です。
1981年に初めてスーダン南部を訪れ、そこに暮らす人々が太古の昔より連綿と受け継いできた社会、人と牛が共存して生きる様子に強烈な印象を受け、記録した作品群と、昨年末から今年にかけて、32年の時を経て、バハルを再訪。ドラスチックな時代の流れに翻弄されることなく、牛との共存を続け、のびやかに暮らす人々の様子を活写した作品約70点を展示します。


*****************************
会期:2013.8/5 - 2013.9/10
時間:10:00~17:30
休館:日曜日・祝祭日
会場:キヤノンギャラリー S
   〒 108-8011 東京都 港区 港南2-16-6 キヤノンSタワー1F
リンク:http://cweb.canon.jp/gallery/archive/nomachi-bahar/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-09-02 14:31 | 受賞作家関連

野村恵子氏 写真展「Soul Blue -此岸の日々-」


ビジュアルアーツギャラリーにて、東川賞受賞作家 野村恵子氏の写真展が開催されております。

Soul Blue -此岸の日々-

b0187229_14223467.jpg
















©野村恵子


以下リンクより

東京で日常生活を送りつつ、旅もくり返した。
その土地での、その現在の、関係性の中での、私の感覚や記憶や感情をたたみかけるように撮ること。
そしてその写真をどこまでもイメ-ジとして紡ぎ出していくこと。
そうすることである特定の場所や時間や、逃れられない不条理からも、想いは自由に解き放たれていくのではないかと感じていた。
数年前、母に近く確実に死が訪れるだろうと宣告された時、思いがけず、動揺した。
愛する生の温もりが永遠に消えてしまう。
そして、そう感じている私も彼も彼女もいつか此処から消えてしまう。
そのあたりまえの事実を現実として認識し、恐怖した。
しかし私は別れを告げようとしている愛する人たちの姿を記録としても撮らなかった。
沈んだ心はなおさら目の前の光と色だけを見ようとする。
自宅マンションの窓から、旅の車窓から、いつか魂が還る場所とイメージした移ろいゆく空と海の光、自分の分身のような血肉を持つ女性たちを、レンズ越しに見つめていた。
消えていく今を、そこに在ったはずの光を、光の痕跡として記憶していたい写真に残したいと衝動することは、今を生きている私の本能だ。
夜はまだ明けきってはいなかった。
やがて朝の幽かな光が窓辺にさしたとき、震える心でシャッターを切った。
(写真集・Soul Blue 後書きより抜粋)


****************************
会期:2013.9/2 - 2013.9/29
時間:10:00~19:00
   土・日・祝は17:00まで
会場:ビジュアルアーツギャラリー
   〒 530-0002 大阪府 大阪市北区 曽根崎新地2-5-23 ビジュアルアーツ専門学校大阪1F
リンク:http://www.visual-arts-osaka.ac.jp/event/vag.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-09-02 14:25 | 受賞作家関連

森村泰昌氏 展覧会「ポップの目─アーティストたちは現代文化に何を見たか─」


滋賀県立近代美術館にて開催される展覧会「ポップの目─アーティストたちは現代文化に何を見たか─」に、東川賞受賞作家 森村泰昌氏が出品いたします。

ポップの目─アーティストたちは現代文化に何を見たか─

b0187229_149072.jpg




































以下リンクより

ポップ・アートは1950年代半ばのイギリスで生まれ、60年代のアメリカで花開き、70年代初頭にかけて全世界的に大きな影響をふるった現代美術の運動です。ポップ(ポピュラーの略。親しみやすい、誰でも知っている、の意)の名の通り、ポップ・アートの多くは現代人なら誰でも知っている有名人や商品のパッケージ、時事の出来事、名画やマンガのイメージなどを作品のモチーフに用いました。そこには戦後の大量生産・大量消費社会と、マスコミ、マスメディアの発達がもたらした爛熟した現代大衆文化、そして公民権運動やベトナム戦争に揺れる1960年代アメリカ社会の矛盾に満ちた赤裸々な姿が反映されており、これらポップ・イメージは時代を象徴するわかりやすいイコン(聖図像)として、また社会を辛辣に風刺する写し鏡として、アートという枠を越えて現代文化、若者文化全般に広い影響を及ぼしました。

本展は、彼らポップ・アートの作家たちが現代社会に何を見たかを中心コンセプトに据え、戦後アメリカ美術の大規模なコレクションで知られる滋賀県立近代美術館のコレクションを通して、1960年代アメリカン・ポップ・アートをいま一度振り返ろうとする試みです。マリリン・モンローら有名人の肖像やキャンベル・スープ缶などを没個性に飽きもせず反復したアンディ・ウォーホル。マンガの一コマを謎めいた永遠の図像に変えたロイ・リキテンスタイン。柔らかい素材で日用品を異様な物体に変えたクレス・オルデンバーグ。都会人の孤独を真っ白な人間の抜け殻で表現したジョージ・シーガル。混迷のベトナム戦争と狂騒の現代文化をビルボード(看板)的に表わしたジェームズ・ローゼンクイスト。底抜けに明るくも退廃的な現代の裸婦像を完成させたトム・ウェッセルマン。等々。本展ではポップ・アートとその背景となった現代文化との関係に注目しつつ、作家たちが作品の中に表現した諸要素をわかり易く読み解いてゆきます。

併せて、ポップ・アートの先駆者であるロバート・ラウシェンバーグやジャスパー・ジョーンズ、それに篠原有司男や赤瀬川原平ら日本のアーティストたちの作品も展示し、さらにポップ・アートの精神を受け継ぐ90年代シミレーショニズムの作家たち(森村泰昌など)の作品も展覧します。特にラウシェンバーグが滋賀県の信楽に滞在して制作した大掛かりな陶製の作品4点はめったに見る機会のないユニークなもので、当館では20年ぶりの公開となります。

激動の20世紀をひとまず乗り越えた現代の我々に、ポップ・アートの作品群は再び何を教えてくれるのでしょうか。


<イベント>

■スペシャル対談「デザイナー目線のアート案内」
 日 時:9月22日(日) 午後2時─
 講 師:松岡賢太郎(アートディレクター)/岡山 拓(美術ライター)
 会 場:講堂   入場無料

■日曜美術鑑賞会(展示品解説)
 日 時:9月16日(月・祝) 午後1時半─3時
 講 師:平田健生(当館主任学芸員)
 会 場:美術館講堂   入場無料

■ポップ・アートの関連映画会「アメリカン・アート1960年代」 1972年作品 57分
 マイケル・ブラックウッド監督 日本語字幕付
 日 時:9月14日(土)・15日(日)・21日(土)・23日(月・休) いずれも午後2時─3時
 会 場:美術館講堂  入場無料

■たいけんびじゅつかん「太陽の下でシルクスクリーン」(小中学生向けのワークショップ、事前申込制)
 シルクスクリーンのワークショップ
 講 師:加納 俊輔氏(アーティスト)
 日 時:9月29日(日) 時間は未定
 ※往復ハガキまたはホームページによる申込制。9月14日(土)必着
 対 象:小中学生とその保護者(お子様と保護者一緒にお申込みください)
 材料費:500円程度  ※大人の方は観覧券(団体料金550円)が必要です


*****************************
会期:2013.9/7 - 2013.10/6
時間:9:30~17:00、入館は閉館の30分前まで
休館:月曜日
   ただし9月16日・23日は開館し、翌17日・24日休館
観覧料:一般¥750(550)、高大生¥500(400)、小中生¥300(250)
    *( )内は前売および20名以上の団体料金
会場:滋賀県立近代美術館
   〒 520-2122 滋賀県 大津市 瀬田南大萱町1740-1
リンク:http://www.shiga-kinbi.jp/?p=17103
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-09-02 14:11 | 受賞作家関連

展覧会「Collection Unlimited “As you like it”」


gallery ART UNLIMITEDにて開催中の展覧会「Collection Unlimited “As you like it”」に、東川賞受賞作家 伊奈英次氏、柴田敏雄氏が参加しております。

Collection Unlimited “As you like it”

b0187229_13593152.jpg



















©Toshio Shibata


以下リンクより

-コレクションは永遠に-お気に召すまま
個展を何度しても、作家の全てを紹介することはできません。展示作品以外から、コレクターのお気に入りの作品がコレクションされることも多いのです。今回はいろいろな方からリクエストをいただいた作品を中心に。夏休みなのでゆるやかに、コンセプトにこだわらず展示します。見逃した作品やもう一度見たい作品など、あなたのリクエストにもお応えします。

出品作家:伊奈英次/柴田敏雄/齋藤芽生/西ノ宮佳代/吉澤美香 ほか


*************************
会期:2013.8/21 - 2013.9/21
時間:13:00~19:00
休廊:火曜日・日曜日・祝祭日
会場:gallery ART UNLIMITED
   〒 107-0062 東京都 港区 南青山1-26-4 六本木ダイヤビル3F
リンク:http://www.artunlimited.co.jp/current/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-09-02 14:01 | 受賞作家関連

展覧会「アートがあればII - 9人のコレクターによる個人コレクションの場合」


東京オペラシティ アートギャラリーにて開催中の展覧会「アートがあればII 」に、東川賞受賞作家 荒木経惟氏、オノデラユキ氏、須田一成氏、志賀理江子氏、松江泰治氏、森村泰昌氏が出品しております。

アートがあればII - 9人のコレクターによる個人コレクションの場合

b0187229_1354917.jpg























以下リンクより

アート作品の個人コレクションは、美術館のコレクションとは違い、広く公開することを前提とせず、そのコレクターの主観や興味が色濃く反映されるため、思いがけない作品の取り合せが実現します。また、自宅のインテリアの一部として「きれいなもの」「わかりやすいもの」が選ばれそうですが、今回ご紹介する9人の個人コレクターはそれぞれ独自の基準と視点で作品を選んでいるのが特徴です。美術館での展覧会に貸し出されるような作品がある一方、扱いに困る大きさのものや、一見ただの紙切れのようなもの、中には作家の考え方や行動を作品化し、所有することが難しいものもあります。どうしてこの作品をわざわざ購入したのか?そんな疑問すら湧いてくるかも知れません。しかし、それこそがその人にとってかけがえのない“アートの魅力”を雄弁に物語っているに違いありません。
現代アートが「見るだけのもの」から「買えるもの」になった今、あらためて個人コレクションの意味と、変化しつつある新たなコレクター像を探っていきます。


****************************
会期:2013.7/13 - 2013.9/23
時間:11:00~19:00、金・土は20:00まで
休館:月曜日
観覧料:一般¥1,000(800)/大・高生¥800(600)/中・小生¥600(400)
    *(  )内は15名以上の団体料金。
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
   〒 163-1403 東京都 新宿区 西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー3F
リンク:http://www.operacity.jp/ag/exh154/j/exhibition.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-09-02 13:56 | 受賞作家関連

【写真甲子園2013】TV番組など放送のお知らせ!!


 ぜひご覧いただきますようお知らせいたします!!

①「北海道クローズアップ もっと強く もっと自由に(仮)~岩見沢高等養護学校・写真甲子園への挑戦~」(NHK)
 ★放送日時:9月6日(金) 19時30分~19時55分(25分) 
 ※全道番組
 ※再放送は、9月22日(日)8時~8時25分に放送します。

②「目撃!日本列島(タイトル未定)」(NHK) 
 ★放送日時:9月21日(土) 11時30分~11時54分(24分) 
 ※全国番組(内容は全道版と同様の予定)

③「写真甲子園第20回大会記念特別番組(仮)」(UHB北海道文化放送)
 ★放送日時:9月21日(土) 10時40分~11時40分(60分)
 ※その他の地域の放送日時は未定。随時、お知らせします。

④「ニュース930」(テレビ埼玉)
 ★放送日時:9月4日(水) 21時30分〜
 ※番組コーナー内で埼玉栄高校写真甲子園メンバーが紹介されます。

⑤「日刊さいたま〜ず」(NHK-FMさいたま)
 ★放送日時:9月5日 18時00〜
 ※「輝くさいたま〜ずさん」に埼玉栄高校写真甲子園メンバーが生出演します。   

リンク
http://www.nhk.or.jp/saitama/program/nikkan/index.html#d0902
http://syakou.jp/2013/topics/?p=203
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-09-02 13:41 | 写真甲子園
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30