東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2014年 04月 06日 ( 9 )

「なつかしの東川」映像セミナー開催のお知らせ!


「なつかしの東川」映像セミナー開催のお知らせ。

東川町開拓120年を記念しまして飛弾野数右衛門さんが撮影したフィルム映像から、戦前戦後の東川町に関係する映像を編集し、NHK放送局長那須敦志さんを案内役に、町民代表3人も加わってお届けする映像セミナーを下記の日程にて実施致します。
懐かしの東川町の文化や歴史を映像と共に振り返ってみてはいかがでしょうか。

b0187229_4473858.jpg

















日時:平成26年4月26日(土) 
開場:午後1時 開演:午後1時30分 終演:午後3時(予定)
場所:農村環境改善センター
   北海道上川郡東川町東町1丁目15番地3号
料金:無料
出演:
  【解 説】
   飛弾野 哲弘(飛弾野数右衛門氏長男・元旭川工業高等専門学校教授)
   植田 豊(元東川町職員)
   上田 亮一(元東川町職員・元町議会議員)

  【案内人】
   那須 敦志(NHK旭川放送局長)


参加は無料ですが入場整理券(1枚で1名入場可能)が必要です。
ご希望の方は、東川町役場でお申し込み、もしくはNHK旭川放送局に電話かファクシミリでお申し込みください。

<窓口申込>
東川町役場企画総務課

<電話申込>
NHK旭川放送局 0166-24-8805
(平日/午前10時~午後6時)

<FAX受付>
NHK旭川放送局 0166-24-4080 「映像セミナー」係
※ファクシミリには、
(1)郵便番号、(2)住所、(3)名前、(4)電話番号、(5)参加希望人数 
を記入のうえお申し込みください。

※応募受付は先着順で、定員になり次第締め切らせていただきます。
※1歳以上のお子様から入場整理券が必要となります。
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:52 | 東川町

松下初美さん 個展「松下初美」


4/15よりTAP Galleryにて、フォトふれ 松下初美さんの個展が始まります。

松下初美

b0187229_4423883.jpg






























©Hatsumi Matsushita


*******************************
会期:2014/4/15(tue)-4/27(sun)
時間:13:00-19:00
休廊:月曜
会場:TAP Gallery
   〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8
リンク:http://tapgallery.jp/exhibition/201404matsushita.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:44 | フォトフレンド

展覧会「JAPON」


フランス_メイマック現代アートセンターにて行われる、日本人の現代美術作家を紹介する展覧会「JAPON」に、東川賞受賞作家 荒木経惟氏、川内倫子氏、楢橋朝子氏、澤田知子氏、鈴木理策氏、田原桂一氏が出品いたします。

JAPON

b0187229_437987.jpg



















<出品作家>
荒川修作/天江竜太/荒木経惟/福居伸宏/林ナツミ/平川典俊/本城直季/堀越達人/泉太郎/
梶井照陰/片瀬和夫/垣本泰美/川上 幸之介/伊島薫/川俣正/川内倫子/小檜山貴裕/近藤 聡乃/
工藤哲巳/大岩オスカール/大竹竜太/松谷武判/南 隆雄/美島菊名/盛圭太/元田久治/楢橋朝子/マサヒデ・オオタニ/フォトグラファーハル/澤田知子/仙谷朋子/シンチカ/塩田千春/菅 木志雄/杉浦 慶太/町田骸骨/鈴木理策/田原桂一/田村尚子/田中奈緒子/谷内恒子/津田久美恵/植松奎二/植松琢麿/薄井一議/渡邊佳織/山口晃/山崎龍一/ヤノベ ケンジ/吉田公子



**************************
会期:2014年3月23日(日) - 6月22日(日)
会場:聖アンドレ大修道院_メイマック現代アートセンター(メイマック,フランス)
   place du bucher,19250 Meymac,FRANCE
リンク:http://www.cacmeymac.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:38 | 受賞作家関連

フォトふれ 展覧会「これからのそれから 2014」


4/15より開催されるKYOTOGRAPHIEのサテライト企画に、フォトふれ 東愛実さん・オカモトアユミさんが出品いたします。

これからのそれから 2014

b0187229_4261061.jpg










©Manami Azuma


b0187229_4263275.jpg










©Ayumi Okamoto


<出展者>
浅野豪 ASANO.Takeshi 
東愛実 AZUMA,Manami 
岩崎正嗣 IWASAKI,Masashi 
オカモトアユミ OKAMOTO,Ayumi 
小川しゅん一 OGAWA,Shun-ichi 
奥村元洋 OKUMURA,Motohiro
金サジ KIM,Sajik 
小竹登里佐 SHINO,Torisa 
藤場美穂 FUJIBA.Miho 
牧野和馬 MAKINO,Kazuma

*************************
会期:2014年 4月15日(火)~5月10日(土)
時間:11~19時
定休日:毎週日曜日と月曜日
会場:VOICE GALLERY pfs/w
   〒600-8061 京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町147-1
リンク:http://www.voicegallery.org/exhibition_event.php

KYOTOGRAPHIE:http://www.kyotographie.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:31 | フォトフレンド

荒木経惟氏 写真展「アラキリ」


LA CAMERAにて、東川賞受賞作家 荒木経惟氏の写真展が開催されています。

アラキリ

b0187229_46729.jpg


















****************************
会期:2014年04月01日(火) - 2014年04月10日(木)
休館:不定休
会場:LA CAMERA
   〒 155-0032 東京都 世田谷区 代沢4-44-12 茶沢通り沿いビル2F
TEL:03-3413-9422
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:09 | 受賞作家関連

畠山直哉氏 展覧会「椿会展 2014- 初心 -」


資生堂ギャラリーにて開催される展覧会「椿会展 2014- 初心 -」に、東川賞受賞作家 畠山直哉氏が参加いたします。

椿会展 2014- 初心 -

b0187229_421578.jpg













以下リンクより



資生堂ギャラリーでは、2014年4月10日(木)から5月25日(日)まで、昨年から新メンバーでスタートした第七次椿会の2回目となる、「椿会展 2014- 初心 -」を開催します。「椿会」は、1947年から続く資生堂ギャラリーを代表するグループ展です。時代とともにメンバーを入れ替えながら、70年近くにわたり継続してきました。

第七次椿会のメンバーは、赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼、伊藤存、青木陵子の5名です。「3.11」を強く意識し、メンバー全員で「初心」というサブタイトルを決めました。「初心」とは、「何かをやろうと思い立った当初の純真な気持」(三省堂『新明解国語辞典』より)。また、「初心忘るべからず」は、芸の智恵を説いた世阿弥の書に、人生の様々な段階において未経験のことに挑戦していく心構えであることと記されています。「3.11」を経験したあと、ふたたび立ち上がり前に進んでいく過程において、初心とは何か、ものづくりのきっかけは何だったのかを問い直す時期にあるのではないかという想いを込めています。
グラフィック・デザイナーの仲條正義氏による展覧会のロゴは、毎年新たなデザインになります。

本展では、各アーティストが「初心」というテーマを踏まえ、新たに制作、もしくは選んだ作品を展示いたします。赤瀬川原平は数十枚にもおよぶクラシックカメラの鉛筆画、畠山直哉は自然のなかの人工物を捉えた2つの写真連作、内藤礼は淡い色を何層にも重ね色彩のはじまりを表現した絵画「color beginning」の新作、伊藤存は人間のそばに生息する生き物のくらしをテーマにした作品「みえない土地の建築物」のための新作ドローイング群、青木陵子は植物の水彩画の新作を出展する予定です。今回の「椿会展」も、ぜひご期待下さい。


*****************************
会期:2014年4月10日(木)~5月25日(日)
時間:平日 11:00~19:00 日曜・祝日 11:00~18:00
休廊:毎週月曜休(月曜日が休日にあたる場合も休館)
会場:資生堂ギャラリー
   〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
リンク:http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/future/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:05 | 受賞作家関連

柴田敏雄氏 展覧会「Night&Day2014」


gallery ART UNLIMITEDにて開催中の展覧会「Night&Day2014」に、東川賞受賞作家 柴田敏雄氏と、フォトフェスティバル2013 受賞作家フォーラムにゲストとしてご参加いただいた伊奈英次氏が出品しております。

Night&Day2014

b0187229_3562687.png



















©Eiji Ina


以下リンクより

昨年から始めた写真のグループ展、Night&Day 2014。
今年からアートアンリミテッドの作家に世界で活躍する写真家、マイケル・ケンナが加わりました。
伊奈英次は新たな連作「常世の岩」、柴田敏雄はオランダで撮影した新作、高橋和海は震災後の東北の海に取材した
連作など、高質なファインプリントにこだわり、制作を続ける4人の未発表の新作や近作を展示します。


*******************************
会期:2014年03月15日(土) - 2014年04月12日(土)
時間:13:00~19:00
休廊:火曜日・日曜日・祝祭日
会場:gallery ART UNLIMITED
   〒 107-0062 東京都 港区 南青山1-26-4 六本木ダイヤビル3F
リンク:http://www.artunlimited.co.jp/current/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 03:59 | 受賞作家関連

北島敬三氏 展覧会「UNTITLED RECORDS Vol.1」


photographers’ galleryにて、東川賞受賞作家 北島敬三氏の展覧会が開催中です。

UNTITLED RECORDS Vol.1

b0187229_3424652.png



















©Keizo Kitajima


以下リンクより

1979年に都市の人間模様を写した『写真特急便 東京』No.1 ~ No.12でデビューを果たした北島敬三が、ふたたび連続写真展と写真集をスタートします。

時代も1970年代とは大きくかわり、1991 年のソ連崩壊と冷戦の終結以降、ネオリベラリズムの台頭と自由主義経済のグローバル化、コンピューターネットワークとサプライチェーンの拡充、ショック・ドクトリンとあらゆるジャンルで進められる市場開放、世界各地で頻発する内戦や終わりの見えない地域紛争、とりわけ日本においては、2011年に起きた東日本大震災と福島の原発事故をとおして、私たちは「目の前の現実が、突然何か別のものに姿を変えてしまうような経験」を幾度も積み重ねてきました。北島はとくに、三陸と福島の被災地の撮影をとおして、抜き差しならない目の前の現実と、何処からともなく侵入してくるイメージの圧倒的な現実性とを区別することが不可能なことを改めて実感したといいます。
私たちはすでに、かつてのように局所的、単眼的なパースペクティブで世界を受容、経験することがきわめて困難な時代の中にいるのではないでしょうか。

この連続写真集『UNTITLED RECORDS』は、こうした時代の向来向後をめぐる一つの視覚資料になることを目的としています。撮影地は三陸、福島の被災地を含め、北海道から沖縄まで全国各地におよびます。写真展の開催と写真集の発行は年4回のペースで全20回以上が予定されています。


*****************************
会期:2014年03月21日(金) - 2014年04月20日(日)
時間:12:00~20:00
会場:photographers’ gallery
   〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿2-16-11 サンフタミビル401号
リンク:http://pg-web.net/exhibition/keizo-kitajima-untitled-records-vol-1/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 03:44 | 受賞作家関連

オサム・ジェームス・中川氏 展覧会 「GAMA CAVES」


ニューヨークのsepia eyeにて、東川賞受賞作家 オサム・ジェームス・中川氏の展覧会が開催されます。

GAMA CAVES

b0187229_3355411.jpg
















©Osamu James Nakagawa


sepiaEYE is pleased to announce our inaugural exhibition, Gama Caves, by Osamu James Nakagawa, opening April 10, from 6-8 pm.

The exhibition will be on view April 11 – May 31, 2014 at our new space, 547 West 27th Street, #608 in Chelsea.

The subject of Nakagawa’s latest book, Gama Caves is a continuation of his focus on the landscape of Okinawa and its place in history, and is the final chapter in his series, Okinawa Trilogy.

Stemming from his personal fascination with Okinawan history and culture, Nakagawa captured the battle-scarred cliffs, Banta in 2008. Concurrently, he photographed the contemporary landscape indexing significant historical sites for his series Remains, 2001–2009. Spurred on by the news that Japanese high school history textbooks would exclude the Japanese army’s involvement in the atrocities of the Battle of Okinawa, Nakagawa— with the encouragement of his wife (a native Okinawan), a blessing from the yuta (shaman), and with guidance from the area locals— embarked on a journey into the caves.

The resulting images beg the viewer to take their time; as the darkness of the cave falls away, fragments become clearer: remnants of a shrine, graffiti scratched into rocks, bones, the shimmering colors of the limestone, walls burned by American flamethrowers, debris from the ocean, crushed rice bowls, bottles. Gama Caves reveals the passage of time hidden in the constancy of darkness.


***************************
会期:April 11 – May 31, 2014
会場:sepiaEYE
   547 West 27th Street, #608, New York, NY 10001
リンク:http://sepiaeye.com/nakagawa-gamacaves

[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 03:38 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30