東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2014年 04月 19日 ( 4 )

東川町文化ギャラリー写真展情報

現在開催中の文化ギャラリー展示情報です。

高砂淳二写真展
「ANGELS〜この地球(ホシ)に生きる天使たち〜」

b0187229_1862542.jpg


b0187229_1865093.jpg































自然写真家、高砂淳二氏が捉えた色あざやかで微笑ましい写真たちが心温まる言葉と共に並びます。


<トークショーのお知らせ>
写真展の開催に合わせ、高砂淳二氏ご本人によるトークショーを行います。

日時:2014年5月4日(日)13時〜14時
会場:東川町文化ギャラリー
*入館料のみでご入場いただけます。


写真の町東川賞収蔵作品展も開催しております。
会期:2014年4月19日(土)〜4月30日(水)


***********************************
会期:2014年4月19日(土)〜5月14日(水)
時間:10:00-17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index


<次回展予告>

2014.5.2(金)~14(水)
第4展示室にて
フォーラム東川塾写真展
(高砂淳二写真展は引き続き第1~3展示室で開催いたします)

2014.5.16(金)~29(木)
・日韓写真交流展
・第16回写団ひかりクラブ写真展
・ワークショップ東川写真塾写真コンテスト写真展
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-19 18:12 | 東川町

クロダミサトさん 展覧会「CONDENSED VANILLA 2014」


ヴァニラ画廊にて開催中の展覧会「CONDENSED VANILLA 2014」に、フォトふれ クロダミサトさんが参加しています。

CONDENSED VANILLA 2014

b0187229_17584537.jpg

































以下リンクより

ヴァニラ画廊の直近の活動が俯瞰できる展覧会として、多くの来場者が訪れる好評企画展です。GWに開催する今展示では、ヴァニラ画廊で話題をさらった問題作の数々を展示いたします。
フェティッシュ要素溢れる大判の油彩から、衝撃的でスタイリッシュな写真作品、美しく退廃的な立体作品に、緻密に描きこまれた漫画原稿まで、ヴァニラ画廊がセレクトした作家による濃縮された極上のエッセンスが堪能できる展示となります。GWは刺激に満ちたヴァニラ画廊に是非足をお運び下さい!


***************************
会期:2014/4/28 〜 5/17
時間:平日 12 時~ 19 時 金曜 12時~20時 土曜・祝日 12 時~ 17 時
休廊:日曜
入場料:500円
会場:ヴァニラ画廊
   〒104-0061 東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F
リンク:http://www.vanilla-gallery.com/archives/2014/20140428ab.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-19 18:01 | フォトフレンド

アントワーヌ・ダガタ氏 写真集「Anticorps 抗体」

2004年の海外作家賞受賞を受賞したアントワーヌ・ダガタ氏の写真集が赤々舎より出版されました。

Anticorps 抗体

b0187229_175096.png





















以下リンクより

マグナムに所属し、ドキュメンタリーとアートの枠を揺るがす写真により、世界の注目を浴びる写真家アントワーヌ・ダガタ。本書は、1990年から2012年までの作品を集大成し、ダガタの書き下ろしテキストを33ページにわたり鏤めた珠玉の写真集。ドラッグ、セックス、暴力の深淵に顕われる孤独な人間の姿は、社会のシステムに抗し、死と渡り合う生を渇望する。常に当事者であるアントワーヌ・ダガタの身体をもって書かれたテキストは、哲学であり詩であり小説でありポルノであり、世界を貫く呻吟、断片である。
2013年アルル国際写真フェスティバルにおいてブックアワードを受賞。

<作家プロフィール>
フランス人、1961年マルセイユ生まれ。1983年にフランスを離れ、10 年間を海外で過ごす。1990 年、ニューヨークのICP にて写真を学ぶ。フランスへ帰国後は、1998 年に初めての写真集 "Mala Noche" が 出版されるまで、写真活動から離れている時期があった。ギャルリー・ヴュが作品を取り扱う時期を経て2004 年マグナムに参画、同年、東川賞を受賞し、初めての短編フィルム "Le Ventre du Monde" を監督 し、2006 年に東京で撮影した長編作品 "AKA ANA" へと繋がった。2005 年以来定住所をもたず、世界中で活動している。展覧会も各国で開かれており、2006 年、東京都写真美術館にて "Vortex" 展が、2008 年には東京のラットホールにて "Situations" 展が開催された。写真集も多数出版している。最新の展覧会に、2012 年ハーグの写真美術館、2013 年パリのル・バルにて開催された "Anticorps" がある。


*****************************
価格:8,000円+税
サイズ:195×260㎜
ページ数:560ページ
出版社:赤々舎
リンク:http://www.akaaka.com/publishing/books/bk-dagata-anticorps.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-19 17:53 | 受賞作家関連

北澤凜さん 展覧会「APPEARANCE」


昨日より開催されているKYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバのサテライトエキシビションに、フォトふれ 北澤凜さん出品いたします。

APPEARANCE

b0187229_17413254.jpg





























以下リンクより

成安造形大学メディアデザイン領域で、写真,映像、アニメーション、グラフィックデザインを学ぶ学生作品による展覧会。

<参加アーティスト>
式部杏菜/山本千佳子/柳麻菜/塚原真梨佳/原田瑞穂/北澤凜/岡田健/岸本倫子


***********************************
会期:4月30日(水) – 5月6日(火)
時間:10 : 00 – 18 : 00(入館は17:30まで最終日は15 : 00まで)
休廊:会期中無休
会場:姉小路ギャラリー・京都万華鏡ミュージアム
   〒604 – 8184 京都市中京区姉小路通東洞院東入ル曇華院前町706 – 3
リンク:http://www.kyotographie.jp/kgplus/artists/531.html
    http://k-kaleido.org/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-19 17:45 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30