東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2014年 10月 01日 ( 6 )

東川町文化ギャラリー展覧会情報


東川町文化ギャラリーで開催中の展覧会情報です。


「にっぽん―大使たちの視線2013」写真展

b0187229_1335970.jpg
















大使たちが捉えた日本の風景・生活の写真を展示いたします。



・街撮り撮影会写真展

b0187229_13353855.jpg
















第30回東川町国際写真フェスティバルのイベントの一つ、街撮り撮影会の参加者、講師の大西みつぐ先生の写真を展示。



・早寝早起き朝ごはん~写真絵日記 写真展


b0187229_1336896.jpg

b0187229_13372450.jpg































東川に住む小学生の夏休みの思い出、写真絵日記が並びます。
*今年は、東川中学校生徒が制作した標語の優秀作品も展示します。



****************************
会期:2014年9月30日(火)〜10月9日(木)
   (写真絵日記写真展のみ23日(木)まで)
時間:10:00-17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index


<次回展予告>
2014.10.11(土)~23(木)
・写団かんじき展
・東川フォトクラブ写真展
・東川小学校 開校記念 安田侃 彫刻 写真パネル展
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-01 13:41 | 東川町

萩原義弘氏 写真展「SNOWYⅡ the frosty hour」


東川賞受賞作品 展覧会のお知らせ。

ギャラリー冬青にて、萩原義弘氏の写真展が開催されます。


SNOWYⅡ the frosty hour

b0187229_1319280.jpg


































以下リンクより

もう20年以上前の事だが、今でも昨日のことのように思い出す事がある。厳冬の下北半島を旅しながら撮影していて、突然の地吹雪に遭った。東京暮らしの私には歩くのも困難で、咄嗟に目前にあった廃工場に逃げ込んだ。廃工場は長く使われていない様子で、窓ガラスはなくなり壁はコンクリートがむき出しの状態だった。壁の上の方まで雪がこびりつき、建物内は外と変わらないくらい寒く、まるで巨大な冷凍庫の中にいるような感じだった。建物内を見回すと、ひび割れた床の僅かな土から若木が生えていた。何年もかけやっと成長したのだろう若木は雪に覆われ、時々風で揺れていた。また、機材搬入用だろうか、額縁のように見える大きな入口から、吹雪の中に立つ樹形の良い木が見えた。それらの光景はとても美しく、私は寒さを忘れて夢中でシャッターを切っていた。東京に帰り調べてみると、そこは戦時中に砂鉄を製錬していた工場だった。
 この時の体験が、忘れかけていた冬の夕張での撮影のことを思い出させた。炭鉱マンの黒い顔と対照的だった白い雪に覆われた炭鉱の風景。そんな炭鉱のイメージが再び現れた。そして、その冬から「SNOWY」の撮影が始まった。
 かつて人々で賑わった炭鉱や鉱山跡は、閉山し年月が経つと、草木が生え自然に還っていく。冬場、スノーシューを履いて、美しい白銀の世界をひたすら歩き、撮影場所に辿り着く。そこで思いがけない雪の光景が私を出迎えてくれる。自然と時間が作りだす造形は、時には美味しそうな砂糖菓子の様であったり、また得体の知れない生き物の様に見えたりする。そんな不思議な造形に、感動したり驚かされたりして、しばらく写真を撮るのを忘れてしまうこともある。
 冬場の天気は変わりやすい。夜、月明りで撮影していると、急に曇ったり、雪が降ってきたりする。長時間露光の間に目まぐるしく変わる気象条件も加わり、それが1枚の作品となる。遠くからシカやフクロウの鳴き声が聞こえ、時にはキツネやタヌキが近くを歩いているのに気が付く。そして、自分自身の存在自体が自然と一体化していくように感じられる。
 被写体と対峙していると施設の跡や主のいない炭鉱住宅が賑やかだった頃が脳裏に浮かんでは消えていく。私は、炭鉱や鉱山跡を廃墟だとは思っていない。人々が去り、たとえ朽ち果てようとしていても、そこには人々の存在が残っていると思う。人の記憶は次第に薄れ、やがてなくなってしまうだろう。しかし、撮影し作品化することで、少しでもその記憶や存在を留めることができるのではないだろうか。そして、日本の近代化や戦後復興に貢献してきた産業の証として後世に伝えることができると思う。
 春の訪れと共に消え去る一冬限りの風変わりな光景。私が撮影しなければ、もう二度と見ることができない風景でもある。

                                            萩原義弘


*****************************
会期:2014年10月3日(金)~25日(土)
時間:11:00-19:00
休廊:日曜・月曜・祝日
会場:ギャラリー冬青
   〒164-0011 東京都中野区中央5-18-20
リンク:http://www.tosei-sha.jp/TOSEI-NEW-HP/html/EXHIBITIONS/j_1410_hagiwara.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-01 13:24 | 受賞作家関連

展覧会「東アジアの夢」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

BankART Studio NYKを中心に開催されている展覧会「東アジアの夢」に、石内都氏、楢橋朝子氏、小山穂太郎氏が出品しています。


東アジアの夢

b0187229_1334177.png

































以下リンクより

横浜市都心部再生の起点のプログラムのひとつとして登場し、「都市に棲むこと」を理念に活動を続け、今年で10年を迎えたBankART1929。「東アジアの夢」と称した「BankART LifeⅣ」では、これまでの蓄積を皆さんにご覧いただきたいと思います。 BankART Studio NYKを中心に、作品コレクションや展覧会・イベント・アーカイブ、コンテンツの集積を公開します。 また継続しているプロジェクト、「続・朝鮮通信使」の展開として、国内外のツアーはもちろんのこと、東アジア関連作家のレジデンスプログラムやワークショップ、日中韓各都市での国際会議を行ないます。さらに、地域のレストラン、住宅や公共建築、空き地や空きビル、歴史的建造物等、街中の多様な場所と人との関係を構築していきます。 アジアってどういう意味なんだろう? 東アジアの夢って? そんなことを考えながら、楽しく誠実に夏から秋のプログラムを進めていきたいと思います。


<展示会場>
石内都氏
会場:北仲通北地区(旧帝蚕倉庫)
   神奈川県横浜市中区北仲町5

楢橋朝子氏
会場:ぴおシティ地下通路
   神奈川県横浜市中区桜木町1

小山穂太郎氏
会場:鶴見線国道駅
   神奈川県横浜市鶴見区生麦5丁目


**************************
会期:2014年8月1日(金)- 11月3日(月・祝)
時間:10:00-19:00
休館:第1・第3木曜
観覧料:一般 2400円(2000)、大学・専門 1800円(1500)、高校生 1400円(1000)
    *()内は前売り価格
会場:BankART Studio NYK周辺
リンク:http://www.bankart1929.com/eastasia/landmark/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-01 13:13 | 受賞作家関連

横山大介さん 展覧会「ひとりでできない」


フォト・フレンズ 展覧会のお知らせです。

CAP STUDIO Y3にて、横山大介さんが個展を開催いたします。


ひとりでできない

b0187229_12471697.jpg
























©Daisuke Yokoyama


以下リンクより

他者と視線を交わすことも、他者の写真を撮ることも、電話することも、当然ですが、ひとりではできないことです。(横山大介)


*ワークショップ「ポートレート写真を撮る!」【要予約】
2014年10月11日(土)15:00~16:30
参加費:500円/協賛:株式会社on and on、富士フィルムイメージングシステムズ株式会社

偶然にこのイベントに集まった人同士で、チェキを使ってポートレート写真を撮ります。
ポートレート写真を撮る、撮られるという行為の興奮ともどかしさを味わってみませんか?


*アーティストトーク 
2014年10月18日(土)17:30~
話者:横山大介、ゲスト:タカザワケンジ(写真評論家)/参加費:¥700(1ドリンク付)


*****************************
会期:2014年10月4日(土)~26日(日)
時間:10:00-19:00
休館:月曜
会場:CAP STUDIO Y3
   〒650-0003 神戸市中央区山本通3丁目19-8 海外移住と文化の交流センター内
リンク:http://www.cap-kobe.com/studio_y3/2014/09/19123655.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-01 12:50 | フォトフレンド

展覧会「PHOTOGRAPHS BY FIVE」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

リニューアルオープンしたZEIT-FOTO SALONにて開催中の展覧会「PHOTOGRAPHS BY FIVE」に、オノデラユキ氏、楢橋朝子氏が出展しております。


PHOTOGRAPHS BY FIVE

b0187229_1236529.jpg

















































***********************************
会期:2014年9月26日 (金) - 11月8日(土)
時間:10:30 - 18:30 (土 - 17:30)
休廊:日、月、祝日
会場:ZEIT-FOTO SALON
   〒104-0031 東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
リンク:http://www.zeit-foto.com/about/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-01 12:39 | 受賞作家関連

フジモリメグミさん 展覧会「hebe」


フォト・フレンズ 展覧会のお知らせです。

TAP Galleryにて、フジモリメグミさんの展覧会が開催中です。


hebe

b0187229_12275081.jpg
























©Megumi Fujimori


********************************
会期:2014/9/30(tue)-10/12(sun)
時間:13:00-19:00
休廊:月曜
会場:TAP Gallery
   東京都江東区三好3-2-8
リンク:http://tapgallery.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-01 12:31 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31