東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2015年 09月 12日 ( 3 )

石川竜一さん 写真集「adrenamix」


フォトふれ 出版のお知らせ。

赤々舎より、石川竜一さんの写真集が出版されます。


adrenamix

b0187229_14244295.jpg













以下リンクより

石川竜一第三弾!
『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010-2012』につながる
衝迫と混沌の初期作品。

20代前半の日々、夜を裂いて走る暴走族やクラブでのシーン、性に向かう扉。
鬱屈しつつも考えつづける仲間との時間――。

孤独と閉塞。乾きと希求。
夜闇の深さのなかに生の疼きと匂いを探る、石川竜一の原点。
誰のなかにもある抑えきれない衝動や溢れ出るものを生々しく見つめる一冊。



***************************
定価:2,000円+税
182×128mm
120ページ
並製本
アートディレクション:町口景
ISBN:978-4-86541-037-2

リンク:http://www.akaaka.com/publishing/books/bk-ishikawa-adrenamix.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-09-12 14:27 | フォトフレンド

展覧会「東京展」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

SYMPOSIA AXIS GALLERYにて開催される展覧会「東京展」に、下記フォトふれが参加いたします。
イ スヒョン、野口 咲也加、平井 真奈、武者 愛由香、山田 芳美。

【東京展 at SYMPOSIA AXIS GALLERY】
-JAY SHOGO × 東京工芸大学 写真学科 フォトメディア研究室-

b0187229_1481435.jpg


















以下リンクより

芸術学部 写真学科 フォトメディア研究室(吉野/勝倉ゼミ)では毎年、広く社会に目を向けることを目的に大学外の方々とのコラボレーション企画を行っています。

今年はアーティストのJay Shogo 氏を迎え、
2020年のオリンピックに向け大きく変化するであろう「東京」をテーマに作品制作し、展覧会を開催します。


Jay Shogo 氏と15名のゼミ生、吉野弘章教授、勝倉崚太助教それぞれの解釈した「東京」を自由に表現した個人作品に加え、

Jay Shogo 氏とゼミ生共同で長さ10mにもわたる作品を制作し、写真と絵のコラボレーションを図ります。

展示会場では東京展にまつわるドキュメンタリー映像も上映を予定。


未知数、そして多面的な「東京展」
乞うご期待下さい。


19日には同会場にてささやかなレセプションパーティーを開催します。
どなたでもご参加いただけます。
芸術の秋を先取りされてみては如何でしょうか?
皆様のご来場をお待ちしております。



******************************
会期:2015.9.14(mon)-9.20(sun)
時間:11:00-20:00 (最終日は18:00まで)
会場:SYMPOSIA AXIS GALLERY
   東京都港区六本木5-17-1 AXISビル B1F
リンク:http://tokyo20157ken.wix.com/photomedia

《東京展-レセプションパーティー》
 2015.9.19(sat) 19:00-21:00
 *入場無料。フード・ドリンクをご用意しております。
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-09-12 14:11 | フォトフレンド

北島敬三氏 展覧会「UNTITLED RECORDS Vol. 6」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

photographers’ gallery にて、北島敬三氏の展覧会が開催されます。


UNTITLED RECORDS Vol. 6

b0187229_1356443.png

















©Keizo Kitajima


以下リンクより

1991 年のソ連崩壊と冷戦の終結以後、ネオリベラリズムの台頭と自由主義経済のグローバル化、コンピューターネットワークとサプライチェーンの拡充、ショック・ドクトリンとあらゆるジャンルで進められる市場開放、世界各地で頻発する内戦や終わりの見えない地域紛争、とりわけ日本においては、2011年に起きた東日本大震災と福島の原発事故をとおして、私たちは「目の前の現実が、突然何か別のものに姿を変えてしまうような経験」を幾度も積み重ねてきました。私たちはすでに、かつてのように局所的、単眼的なパースペクティブで世界を受容、経験することがきわめて困難な時代の中にいます。抜き差しならない目の前の現実と、何処からともなく侵入してくるイメージの圧倒的な現実性とを区別することはできません。




************************************
会期:2015/09/29 - 2015/10/25
時間:12:00 - 20:00 会期中無休
会場:photographers’ gallery
   〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-11-401 サンフタミビル4F
リンク:http://pg-web.net/exhibition/keizo-kitajima-ur-vol-6/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-09-12 13:59 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30