東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2015年 12月 05日 ( 2 )

展覧会「The 8th Asia Pacific Triennial of Contemporary Art」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

QUEENSLAND ART GALLERYにて開催中の展覧会「The 8th Asia Pacific Triennial of Contemporary Art」に、志賀理江子氏と森村泰昌氏が出品しております。


The 8th Asia Pacific Triennial of Contemporary Art

b0187229_11425590.jpg







©Lieko Shiga


以下リンクより

Asia Pacific Triennial of Contemporary Art (APT) is the Queensland Art Gallery | Gallery of Modern Art's flagship exhibition focussed on the work of Asia, the Pacific and Australia. This eighth edition emphasises the role of performance in recent art, with live actions, video, kinetic art, figurative painting and sculpture exploring the use of the human form to express cultural, social and political ideas, and the central role of artists in articulating experiences specific to their localities. APT8 includes more than 80 artists and groups, an ongoing program of artist performances and projects; a conference as part of the opening program; extensive cinema programs; publications; and activities for kids and families.

Two focus projects are the result of in-depth research and ongoing exchange with the region. Yumi Danis (We Dance) presents the vitality and complexity of performance in the cultures of some of our nearest neighbours: Papua, Papua New Guinea, Fiji, Solomon Islands, Vanuatu and New Caledonia. Kalpa Vriksha: Contemporary Indigenous and Vernacular Art of India looks at the breadth and vibrancy of Indigenous and vernacular art from regions of India. Also featured are site-specific installations by artists from UAE/Iran, India, South Korea, Myanmar, Australia and New Zealand.

APT8 Cinema programs address the representation of Islamic cultures in popular culture throughout the region and showcase independent cinema from the Philippines. APT8 also sees the reintroduction of the APT Conference, and the development of a new component focusing on live performance, APT8 Live. APT 8 Kids includes interactive artworks and activities developed in collaboration with the APT8 artists.


*********************************
21 NOV 2015 – 10 APR 2016
THE 8TH ASIA PACIFIC TRIENNIAL OF CONTEMPORARY ART
the Queensland Art Gallery | Gallery of Modern Art
https://www.qagoma.qld.gov.au/whats-on/exhibitions/apt8
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-12-05 11:44 | 受賞作家関連

宇井眞紀子氏 展覧会「アイヌときどき日本人1992~2014」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

人権教育啓発推進センターにて、宇井眞紀子氏の展覧会が開催されます。



アイヌときどき日本人1992~2014


b0187229_1121059.jpg


































以下リンクより

芝大門人権講座(無料)
「アイヌの人々の『今』を撮ること」

日本の先住民族で独自の言語や文化を育んできたアイヌの人々。しかしその歴史、伝統、文化や現状について、私たちの知識や理解は十分といえません。

1992年夏から23年間、北海道をはじめ全国に暮らすアイヌのみなさんに寄り添い、取材を続けてこられた写真家の 宇井眞紀子さんに、アイヌの人々の暮らしや文化について、そして、今を生きるアイヌの人々を撮る思いを語っていただきます。


■日時

2015(平成27)年12月11日(金) 18:30~20:00(18:00~受付)

■会場

人権ライブラリー 多目的スペース
※(公財)人権教育啓発推進センター併設
(東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4階)

■講師

宇井眞紀子(うい・まきこ) さん 
写真家。日本写真芸術専門学校講師。武蔵野美術大学非常勤講師。1992年、アイヌ民族の取材を始める。写真集に「アイヌときどき日本人、「アイヌ、風の肖像」など。

■参加費

無料

■募集人数

40名(先着/要事前申込)

■主催

公益財団法人人権教育啓発推進センター

会場アクセス

○JR(山手線・京浜東北線)・東京モノレール浜松町駅(南口改札から金杉橋出口徒歩8分)
○都営三田線芝公園駅(A3出口徒歩4分)
○都営大江戸線・浅草線大門駅(A3出口徒歩5分)
◇地図はこちら → http://www.jinken-library.jp/access
申込方法


FAXの場合

申込用紙を下記からダウンロードのうえ、必要事項をご記入いただき、当センターまでお送りください。
※FAX等による参加整理券の送付が不可である場合は、郵送にて参加整理券をお送りいたします。
FAX用お申込用紙(PDF)

Eメールの場合

次の事項をご記入のうえ、下記メールアドレス宛にお送り下さい。
(1)「『アイヌの人々の…』参加希望」 ※メールの件名にご記入下さい。
(2)お名前(ふりがな)
(3)ご所属(組織名、部課局名)
(4)電話番号
(5)FAX番号
(6)Eメールアドレス
(7)今回の講座を知ったきっかけ
(a) 人権センターホームページ
(b) 人権センターメールマガジン
(c) 人権啓発情報誌「アイユ」
(d) チラシを見て(チラシの入手先についてもご回答ください。)
(e) その他 (具体的にご回答ください。)
(8)当センターでは、人権に関する各種資料の制作・販売、研修会やシンポジウム等の各種イベント等に関する情報提供を行っています。情報提供を御希望の場合のみ、「希望」とお書きください。
※お一人様一通でお申し込みください。申し込み受付後、参加整理券をお送りします。
※開催当日は参加整理券をお持ちの上、受付にご提出ください。
※ご記入いただきました個人情報については、本講座の事務処理及び当センターからの 情報提供(希望者のみ)以外に使用しません。
※手話通訳・パソコン要約筆記をご希望の方は、申込締切2週間前までにお申し込みください。(無料)





********************************
会期:2015/12/10木~12/16水
時間:9:00-17:00
休館:土日・祝日
会場:人権教育啓発推進センター
   〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12
リンク:http://www.jinken.or.jp/archives/9715.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-12-05 11:24 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31