東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2015年 12月 13日 ( 6 )

石川直樹氏 展覧会「K2」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

シャネル・ネクサス・ホールにて、石川直樹氏の展覧会が開催中です。


K2

b0187229_1320404.jpg


















©Naoki Ishikawa



以下リンクより

都市の混沌から無人の極地まで、世界をフィールドに活動を続ける石川直樹は、2001年、23歳で世界最高峰エベレストに登頂し、2011年には別ルートから二度目の登頂を果たしました。その後も中判フィルムカメラを携えてヒマラヤへの旅を続け、高峰に登りながら極限の状況下で撮影するという独自のスタイルで次々と新作を発表しています。
そして、2015年夏、石川は世界第二位の難峰K2の頂を目指しました。K2は8611メートルという高さに加え、ルートの難しさと独立峰ゆえの厳しい気候から、8000メートル峰の中で最も危険とされる山です。パキスタン、中国、インドと国境を接するカラコルム山脈の奥地にあり、山にアプローチすることさえ容易ではありません。そうした難しさと裏腹にある鮮烈な美しさに導かれ、石川はこれまでの登攀にも増した、特別な思いをもってこの山に挑みました。
本展では、石川の活動の集大成ともいえるK2遠征において撮影された写真を、一堂に展示いたします。
二か月間におよぶ過酷な遠征の成果を、ぜひご覧ください。




******************************
会期:2015年12月5日土曜日~2015年12月27日日曜日
時間:12時~20時
会場:シャネル・ネクサス・ホール
   東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
リンク:http://www.chanel-ginza.com/nexushall/2015/naokiishikawa/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-12-13 13:24 | 受賞作家関連

澤田知子氏 写真集「RECRUIT」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

RVB BOOKSより、澤田知子氏の写真集が出版されております。


RECRUIT

b0187229_131681.jpg



























以下リンクより

現代日本社会を写し出す澤田知子のセルフポートレートシリーズ。今作『Recruit』では学生の就職活動用履歴書をモチーフに、就職活動用のスーツに身を包み、姿勢正しく無表情で、という慣例を守りながら、髪型や化粧、表情に微細な変化をつけることでそのイメージを複製。フレームやライティングを固定した証明写真機と同様の手法で撮影した300点にも及ぶ作品。3見開きに3枚のコンタクトシートのように格子状にレイアウトされたポートレートは、全体を俯瞰して見る数の圧巻さに加え、それぞれの写真が表現する微妙な表情の差異に、何度となく見返したくなる写真集。




********************************
定価:5,800円(税別)
判型:203 x 390 mm
2ミリの合板用紙に印刷/14ページページ(カラー図版300点)
発行日:2015年11月
発行元:RVB BOOKS

リンク:http://hehepress.com/rvb_recruit/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-12-13 13:17 | 受賞作家関連

展覧会「愛すべき世界」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館にて開催される展覧会「愛すべき世界」に、森村泰昌氏と、フォトフェスにてポートフォリオ オーディション審査員を努めてくださっている鷹野隆大氏が出品いたします。


愛すべき世界

b0187229_137437.jpg














©Yasumasa Morimura


以下リンクより

私たちが日々を送るこの世界。ともすれば背を向けてしまいそうになる問題が山積するなかで、これからも長くこころよく生きていくためには、世界と真摯に向き合い、穏やかな変化の道筋を開こうとする姿勢が大切ではないでだろうか。本展では、4人の作家それぞれが自らの立つ場所を見つめ、そこにある課題を自分のものとして深く考えることから生み出した作品を紹介。それらは物事に対する姿勢のあり方を提示し、さらに半歩先の社会を照らしてくれる。かすかな希望の兆しを内包したこれらの作品は、一人ひとりが身の回りを取り巻く現状を認識し、わずかずつでも変化させていく契機となり、未来の柔軟な社会へとつなげてくれることであろう。




**************************************
会期:2015年12月20日(日)〜2016年3月27日(日)
時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館:年末(12月25日~31日)休館
観覧料:【一般】950円(760円)【大学生】650円(520円)
    高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
    *同時開催の常設展「猪熊弦一郎展 ハワイ時代の変遷」の観覧料を含む
    *()内は前売り及び20名以上の団体料金
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
   〒 763-0022 香川県 丸亀市 浜町80-1
リンク:http://mimoca.org/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-12-13 13:11 | 受賞作家関連

吉村和敏氏 写真集「KANRANSHA×観覧車」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

丸善出版より、吉村和敏氏の写真集が出版されます。


KANRANSHA×観覧車

b0187229_12551542.jpg















以下リンクより


写真集『KANRANSHA×観覧車』の見本が届きました。とても美しい仕上がりです。全国の書店には、12月15日前後に並びます。Amazonは、サイトにアップされたらお知らせします。
2013年から、観覧車をテーマに撮影を行ってきました。もちろん、観覧車の写真を撮ったのではありません。撮ったのは「日本風景」です。でもどこかに観覧車が写っています。よってこの写真集は、「観覧車のある風景」ではなく、「日本風景+観覧車」なのです。
多くの写真が、「ウォーリーを探せ!」のようですが、観覧車をアップでとらえた写真も何枚かあります。写真集のページを捲っていくときのメリハリをつけるためです。
すべての撮影を、8×10(エイトバイテン)という大型カメラで行いました。どの作品もとても緻密で深みがあるので、皆さん驚かれるでしょう。今まで35冊くらいの写真集を出してきましたが、その中でナンバーワンのクオリティだと思います。
8×10は、1日1〜2枚しか撮れません。撮影に時間が掛かるし、フィルムが高額だからです。ちなみにフィルムは20枚で4万円です。現像代もそのくらい掛かります。
今日本には、観覧車が150基ほどあります。写真集で紹介しているのは約95基です。北海道、四国、九州の写真もたくさんあります。もちろん大阪や名古屋の観覧車も。
これからも精力的に旅を行い、新しい「日本風景」を提案していきます。




*********************************
12月中旬発売
ISBN 978-4-9906497-5-3
サイズ 縦245×横300 ソフトカバー
3200円+税

リンク:http://kaz-yoshimura.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/kanransha-5b6e.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-12-13 12:56 | 受賞作家関連

中村征夫氏 展覧会「くらげくらくら、くらくらげ」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ブルーホールにて、中村征夫氏の展覧会が開催中です。


くらげくらくら、くらくらげ

b0187229_1249147.jpg
















©Ikuo Nakamura


以下リンクより

くらげは人類が誕生するはるか昔、5億年前から地球に存在するという。
ふわりふわり、ゆらりゆらり、波間に漂い、旅をする。
透きとおったり、光ったり、どこから来たのか、どこへ行くのか。
くらげくらくら、くらくらげ。



******************************
会期:2015年12月5日(土)─16年4月3日(日)
時間:10:00-16:30(最終入館16:00)
休館日:12/31‐1/3
観覧料:一般300円 中高生100円 小学生以下無料
会場:ブルーホール   
   〒018-1504 秋田県潟上市飯田川飯塚字飯塚34-1 小玉醸造株式会社内
リンク:http://bluehole.or.jp/gal31.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-12-13 12:52 | 受賞作家関連

中藤毅彦氏 展覧会「第16回 京都写真展 記憶論 Ⅲ 忘れられない写真」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

Gallery Maronieにて開催される展覧会「第16回 京都写真展 記憶論 Ⅲ 忘れられない写真」に、中藤毅彦氏が出品いたします。



第16回 京都写真展 記憶論 Ⅲ 忘れられない写真


b0187229_12441774.jpg


























*********************************
会期:2015年12月15日〜12月20日
時間:12:00PM~7:00PM(日曜日6:00PM)
休廊:月曜
会場:Gallery Maronie
   〒604-8027 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332
リンク:http://www.gallery-maronie.com/next-gallery4/3571/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-12-13 12:46 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31