東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2016年 02月 11日 ( 7 )

田原桂一氏 展覧会「monochrome XII -River」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

Gallery EM nishiazabuにて開催中の展覧会「monochrome XII -River」に、田原桂一氏が出展しております。


monochrome XII -River

b0187229_18174746.jpg



































以下リンクより

毎回テーマを設けて行われているモノクローム展も今回で12回目の開催。今回のテーマは「River(川)」。41名の写真家がとらえた「川」をテーマにした作品は、川そのものを写した風景から川を背景に撮った物、独特の感性で川をイメージした作品まで、見る者を引き寄せる様々に川を表現した作品が集まった。感性豊かな写真家の銀塩白黒バライタ印画紙に仕上げられたオリジナルプリントを展覧する。


<出展作家>
稲垣雅彦/Edward Levinson/大坂寛/織作峰子/加藤法久/亀山仁/加納満/熊谷正/桑原史成/BAKU斎藤/酒井久美子/佐藤理/佐藤倫子/澁江一仁/杉山宣嗣/大門美奈/多木和夫/竹内英介/達川清/谷雄治/田原桂一/中道順詩/永嶋勝美/長濱治/南雲暁彦/沼田早苗/ハービー・山口/HASEO/英伸三/ハヤシアキヒロ/原直久/HARUKI/広川泰士/福原毅/藤井英男/細谷秀樹/舞山秀一/南川三治郞/山田愼二/善本喜一郎/渡邉肇




***********************************
会期:2016年2月2日(火)〜2016年2月27日(土)
時間:12:00〜18:00
休廊:日・月曜
会場:Gallery EM nishiazabu
   〒 106-0031 東京都 港区 西麻布4-17-10
リンク:http://www.takeuchi-studio.jp/gallery_em/index.html

[PR]
by higashikawa_blog | 2016-02-11 18:20 | 受賞作家関連

石川直樹氏 展覧会「まれびと」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

キヤノンギャラリー名古屋にて、石川直樹氏の展覧会が開催中です。


まれびと

b0187229_18111995.jpg


















以下リンクより

2016年版キヤノンカレンダー写真作家、石川直樹氏による写真展。日本列島には、民俗学者の折口信夫がいうところの「まれびと」、すなわち異形の神を迎える儀礼が数多く残されています。列島の海沿いに出現する、こうした“来訪神”とは何なのか。氏が全国に散らばる仮面の祭祀儀礼をたどりながら、人間の内面に広がる未知の荒野へと迫ります。氏が10年前から続けている、日本列島のフィールドワークで撮影した写真群をご堪能ください。




**********************************
会期:2016年2月4日(木)~2月17日(水)
時間:10時~18時(写真展最終日 15時まで)
休廊:日・祝日・休業日
会場:キヤノンギャラリー名古屋
   名古屋市中区錦 1-11-11 名古屋インターシティ 1F
リンク:http://cweb.canon.jp/gallery/archive/ishikawa-marebito/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-02-11 18:14 | 受賞作家関連

杉本博司氏 展覧会「Black Box」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

FUNDACIÓN MAPFREにて、杉本博司氏の展覧会が開催されます。


Black Box

b0187229_1804451.png



















From February 19, 2016, you can visit the exhibition at the Casa Garriga i Nogués in Barcelona, dedicated to the Japanese photographer, Hiroshi Sugimoto. The exhibition, under the title of Hiroshi Sugimoto. Black Box provides a journey through some of his most famous series and invites us to learn about the work that the artist is working on right now.

This multidisciplinary artist, based in New York since the '70s, works with sculptures, architecture, installation and photography, and is considered to be one of the most important international artists in the last field.

The exhibition includes 39 large prints, showing the last forty years of the artist's work.

Five large series

The exhibition is split into five series, dedicated to the artist's five large series and includes: Seascapes (1980- ), Portraits (1994-1999), Theaters (1976- ), Dioramas (1976-2012) and Lightning Fields (2006-).

His work is characterized by an immense natural beauty and a high technical virtuosity. The photographer has managed to reinterpret some of the most characteristic genres of the classic photography tradition, rejecting digital technology in favor of traditional methods.

Overall, the work of Hiroshi Sugimoto is a profound meditation on the nature of perception, illusion, representation, life and death.



**********************************
From February 19 through May 8, 2016
Paseo de Recoletos, 23
Madrid
Spain,
http://www.fundacionmapfre.org/fundacion/en/culture-history/our-exhibition-hall/exposicionesbarcelona/default.jsp
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-02-11 18:04 | 受賞作家関連

川内倫子氏 写真集「川が私を受け入れてくれた」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

torchpressより、川内倫子氏の写真集が出版されました。


川が私を受け入れてくれた

b0187229_1756037.jpg






















以下リンクより

欧米でも高い評価を受け、国内外に存在感を示す女性写真家、川内倫子。写真の新時代を切り開いてきた川内の、初期代表作から最新作までを振り返る個展が、2016年1月に熊本市現代美術館で開催されます。

展覧会カタログとなる本書は、個展で初公開される熊本市民から思い出のエピソードを集めて、そこから約40箇所を訪れ撮り下ろした新作《川が私を受け入れてくれた》を、一冊の写真集として纏め上げました。誰かの記憶を写真家が撮ることに寄って、写真家自身の記憶になり、さらには鑑賞する私たちの記憶にもなっていく。川のように流れゆく時間の中で、記憶はゆっくりと私たちを受け止めてくれる。目の前に広がる写真に捉えられた景色によって、私たち個人の記憶の扉をそっと開くような、清々しい写真群にあふれています。熊本・阿蘇の野焼きを中心に撮影した《あめつち》で新境地を開き、「いまを生きる」感覚を先見的に表現し続けてきた川内の次なる可能性を体感する一冊です。
 
 
***********************************
川内倫子『川が私を受け入れてくれた The river embraced me』
デザイン:田中義久
仕様:A4変型/ハードカバー/80P/差し込みテキスト12P付き
言語:日本語/英語
定価:2,800円+税
ISBN978-4-907562-04-5
版元:torch press
リンク:http://www.torchpress.net/2016/01/30/theriverembracedme/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-02-11 17:57 | 受賞作家関連

吉村和敏氏 写真集「KAMIーGOTO―五島列島上五島静かな祈りの島」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

丸善出版より、吉村和敏氏の写真集が出版されました。


KAMIーGOTO―五島列島上五島静かな祈りの島

b0187229_17483425.png






















******************************
出版社:丸善出版 
価格:2700円+税 
ページ:B5変判 112 頁
リンク:http://kaz-yoshimura.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-90c8.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-02-11 17:50 | 受賞作家関連

青木陽さん 展覧会「Inverted Spectrum」


東川町国際写真フェスティバル ポートフォリオオーディション2013にてグランプリを受賞した青木陽さんが展覧会を開催中です。


Inverted Spectrum

b0187229_17374243.jpg
































©青木陽


以下リンクより

青木陽は、日常の生活の場をテーマに撮影した作品で、第12回写真「1_WALL」のグランプリを受賞。審査では、「ガーリーフォトの流れを汲んだ写真を撮ろうとしたが上手くいかず、このような作品になった」とプレゼンテーションながらも、「90年代の作家たちの流れを取り入れつつ、上手く仕上がった作品」「その上でオリジナルの作品になっており、クオリティーが高い」と、審査員から高い評価を得た。

青木が撮影しているのは、自身が住むアパートの室内や、普段散策している家の周辺、偶然出会った風景といった生活の中の一場面。人の気配が感じられたり、生活の痕跡が見えるシーンや、無機質で何も撮っていないようで、何かが感じられる一場面をとらえている。一見、私写真のようだが、そう見えるよう意識的に撮ったものや、ある作家の作品へのオマージュ、演出を加えた人物ポートレートなど、客観的な視線で撮られたものがほとんどで、一枚一枚が異なる要素を含んでいる。そうした一貫した秩序を持たない写真を並べて、それぞれの写真が持つ意味やストーリーを分断してもなお、一枚一枚には人間の記憶や感覚に訴えかける力があり、見る者それぞれにストーリーを想像させる強度のある作品。



<トークイベント>
第12回写真「1_WALL」グランプリ受賞者個展 青木陽「Inverted Spectrum」の関連イベントとして、審査員を務めたアートディレクター・菊地敦己をゲストに招き、トークイベントを開催。

日時:2016年2月18日(木) 19:10~20:40
【出演者】
菊地敦己(アートディレクター)
青木陽(写真家)

*お申し込みはリンクより




************************************
会期:2016年2月9日(火)〜2016年2月26日(金)
時間:11:00〜19:00
休館:日曜・祝日
会場:ガーディアン・ガーデン
   〒 104-8227 東京都 中央区 銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1
リンク:http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/12ph_yoh_aoki/12ph_yoh_aoki.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-02-11 17:41

石川竜一さん 写真集「CAMP」


フォトふれ 出版のお知らせ。

SLANTより、石川竜一さんの写真集が出版されました。


CAMP

b0187229_1732171.jpg

















以下リンクより

2014年に写真集『絶景のポリフォニー』、『okinawan portraits 2010-2012』を同時刊行して鮮烈なデビューを飾り、その年の木村伊兵衞写真集を受賞した新進気鋭の写真家・石川竜一。生まれ育った沖縄を真っ直ぐに切り取った写真は見る者に強烈な印象を残した。

本書では、これまで被写体としてきた沖縄の街から離れ、本州の山地2か所で最小限の装備だけを持ち食料は現地で調達する「サバイバル登山」を敢行。大自然の中に身を置き、撮影した写真45点を収録。

次々に不測の事態が起こるなかで、石川の心をとらえ、シャッターを切らせたものは何なのか?




**********************************
出版社:SLANT
価格:3,300円+tax
ISBN:9784907487096
発行年:2016年2月6日
仕様:364mm×273mm、78ページ、ソフトカバー

リンク:http://slant.jp/camp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-02-11 17:33 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29