東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2016年 04月 06日 ( 4 )

篠山紀信氏 展覧会「写真力 THE PEOPLE by KISHIN」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

長崎歴史文化博物館にて、篠山紀信氏の展覧会が開催されます。


写真力 THE PEOPLE by KISHIN

b0187229_1226456.jpg












以下リンクより

写真家・篠山紀信(1940-)は、1950年代後半から今日に至るまで、「今」を敏感に感じ取りながら写真界の第一線を走り続け、時代の先端を撮影してきました。
作家、アイドル、女優、俳優、スポーツ選手といった著名人、日本の伝統芸能、ヌードと自然、都市と建築など多様なテーマで膨大な数の作品を生み出してきたその活動は、つねに話題をさらい、時には社会現象を起こすほど注目されてきました。
本展では、ジョン・レノンとオノ・ヨーコ、三島由紀夫、吉永小百合、山口百恵からAKB48、そして東日本大震災で被災された方々など、「時代の写し鏡」である篠山が50年以上にわたって撮り続けてきたポートレート約100点を厳選し、「GOD」(鬼籍に入られた人々)、「STAR」(すべての人々に知られる有名人)、「SPECTACLE」(私たちを異次元に連れ出す夢の世界)、「BODY」(裸の肉体、美とエロスと闘い)、「ACCIDENTS」(2011年3月11日-東日本大震災で被災された人々の肖像)の5つのセクションで、迫力の巨大プリントを交えながら紹介します。
各時代を象徴する人々のイメージを通して、日本が歩んできた時代を、日本人の自信、すごさを共有したい-篠山紀信の本展に込めたメッセージとともに、その傑出した「写真力」を体感できる展覧会です。


<展覧会記念トーク&サイン会>
日 時: 2016年4月9日(土)午後2時~
場 所: 長崎歴史文化博物館 1Fホール
料 金: 1,400円(篠山紀信展 観覧料込み)
定 員: 160人
※2016年3月1日(火)より長崎歴史文化博物館にてチケット発売開始
※サイン会は公式図録購入者(税込2,700円)が対象



********************************
会期:2016/4/9~2016/5/29
時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館:なし
観覧料:一般[高校生以上]1,100円(1,000円) こども[小中学生]700円(600円)
    *( )内は前売及び15名以上の団体、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳持参者の料金
会場:長崎歴史文化博物館
   〒850-0007 長崎市立山1丁目1番1号
リンク:http://www.nmhc.jp/exhibition/2016/shinoyamakishin/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-04-06 12:30 | 受賞作家関連

展覧会「記憶と記録の札幌」


500m美術館にて開催中の展覧会「記憶と記録の札幌」に、

リコーポートフォリオオーディション グランプリ(2011) 山本顕史さんと、赤レンガ・公開ポートフォリオオーディション グランプリ(2015) メタ佐藤さんが参加しております。


記憶と記録の札幌

b0187229_1221118.jpg













以下リンクより

「札幌」をテーマにした展覧会 Sapporo Section 3 : Photo「記憶と記録の札幌」は、7組の写真家による「札幌という都市がもつ記憶性と記録性」を伝えます。
スクラップ&ビルドを繰り返す日本の都市は時代の空気を色濃く反映させながら街の様相を変えていきます。過去の都市の様子は歴史的に残された写真から今も窺い知ることができます。当時の撮影者による視線を通してしか私達が過去の札幌を見られないように、未来の人々にとっては現在の撮影者/記録者の視点を通してしか今の札幌を見ることができません。何を撮影し、何を記録するのか?現代を生きる写真家がどのような視点から札幌を撮影し残そうとしているのか、もしくは何を残さないという選択をしているのかを、この目で目撃し記憶にとどめます。
NPO法人北海道を発信する写真家ネットワークによるアーカイブ写真も展示し過去と現代の視点から移ろいゆく札幌を見つめ直します。



********************************
会期:2016年4月2日(土)〜6月29日(水)
時間:7:30~22:00(最終日のみ17:00まで)
会場:札幌大通地下ギャラリー500m美術館(壁面ウォール)
   札幌市中央区大通西1丁目〜大通東2丁目
リンク:http://500m.jp/exhibition/3744.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-04-06 12:23 | その他お知らせ

北野謙氏 展覧会「Reflect」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

RED Photo Galleryにて、北野謙氏の展覧会が開催されます。


Reflect

b0187229_1155365.jpg



















©Ken Kitano


以下リンクより

RED Photo Gallery 企画展

オープニングトーク: 4.11(mon) 19:30 〜
山地裕子(清里フォトアートミュージアム 学芸員) × 北野謙
20:30 〜 オープニングパーティ入場無料 (パーティ参加費 500円)

Reflect

2011年3月11日の東日本大震災のあと、僕はしばらくカメラを向けるべきリアリティのある被写体を失った。人や、人が作ってきたいろいろなものが一瞬のうちに壊れて、消えてしまうのを(メディアを介して)目の当たりにした後の虚無感。どんな表現でも誰かを傷つけてしまう可能性が潜んでいるもの、そう知りつつも、作品を制作することにためらいも感じた。(表現ばかりでなく読んだり考えたり、聞くこと話すことがそれ以前とずいぶん違う重さになった。)そんな状況の中で太陽の光は僕にとって数少ない世界を見る手がかりだった。

2012 年に都内の各所に立ち、手鏡を持って太陽光のリフレクションを撮るセルフポートレイト撮影をした。自分自身は脆い存在でも数万年後もほぼ同じ位置に変わらずにある太陽。(黒点や電磁波、小氷期など活動の変化はあるけれど。)太陽の光と自分を一緒に撮る。僕にしては珍しく意気込んで、古着だけどヴィヴィアン・ウェストウッドのピンク色のジャケットを買って撮影にのぞんだ。

小さな鏡ひとつで強烈な太陽光とツーショットを撮ることができる。手の中の宇宙。写真の不思議。ささやかな写真体験は僕が〈宇宙の中にいる〉ことを体感させてくれる。厳しい現実と抱えてしまった虚無感は変わらないけど、少し前が見えて明るい気持ちになった。今回はその時撮った写真にこの冬撮り下ろした写真を加えて展示する。

2013年に文化庁からグラントを頂いてカリフォルニアに1年滞在することになった。カルフォルニアでは太陽光と人間社会のモニュメントやシンボルを一緒に長時間露光する“day light”シリーズを制作した。それまで僕はポートレイトのシリーズを作り続けてきた。それがこの撮影以降太陽や宇宙のことに関心が広がっている。今も新たに複数の場所で同時に太陽を撮影する作品「光を集めるプロジェクト」も制作中だ。

一方で肖像も続けている。一昨年は香港の中心部を占拠した雨傘革命の人々を、昨年は国会前で安保法案に反対する人々を撮影した。デモクラシーや人の存在と太陽や宇宙。日常的には遠いこれらふたつをちょっとずつ写真で近づけられないかと思っている。

北野 謙 2016年2月



********************************
会期:2016年4月11日(月)〜2016年4月24日(日)
時間:12:00〜19:00
会場:RED Photo Gallery
   〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿1-2-11 近代ビル2F
リンク:http://photogallery.red/schedule/2016/20160411/exhibition.php
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-04-06 12:01 | 受賞作家関連

クロダミサトさん 展覧会「My Favorite Things」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

神保町画廊にて、クロダミサトさんの展覧会が開催されます。


My Favorite Things

b0187229_11474834.jpg



























©Misato Kuroda


以下リンクより

2010年「沙和子」、2012年「無償の愛」、2015年「melt the ice cream」、各シリーズを中心に未発表作を含むプリント、ポラロイド作品の作家自身によるセレクション展。



***********************************
会期:2016年 4月8日~24日
時間:13時~19時
休廊:月・火
会場:神保町画廊
   〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-41-7安野ビル1階
リンク:http://jinbochogarou.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-04-06 11:50 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30