東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2016年 05月 04日 ( 5 )

荒木経惟氏 写真集「トンボー・トウキョー」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

スイッチ・パブリッシングより、荒木経惟氏の写真集が出版されました。


トンボー・トウキョー

b0187229_13421299.jpg




















以下リンクより

写真家・荒木経惟があらためて東京の「かつて」と「いま」を切り取る、トーキョーに捧げるレクイエム。パリ・ギメ東洋美術館 Musée Guimetにて4月13日より開催の大規模な展覧会において披露する新作98点を網羅。アラーキーが最新の集大成と認める写真集がついに刊行。

「東京のビル群を見下ろすと、まるで墓石(tombeau)が立ち並ぶ墓地のようだ―」


************************************
出版社:スイッチ・パブリッシング
価格:2,500円+tax
ISBN:9784884184490
仕様:B5版変形、96ページ

リンク:http://www.switch-store.net/SHOP/BO0072.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-04 13:44 | 受賞作家関連

深瀬昌久氏 写真集「Hibi」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

MACKより、深瀬昌久氏の写真集が出版されました。


Hibi

b0187229_13332464.png























以下リンクより

『ヒビ』は深瀬昌久の最終作のひとつである。1990年から1992年にかけて日々の道すがら地面の亀裂を撮影したものをプリントに焼き、自ら一枚一枚を着色した。そして1992年2月、ニコンサロンにて開催された個展『私景’92』にて、このほかの作品シリーズ『私景』『ブクブク』『ベロベロ』と共に公開。その4ヵ月後、新宿ゴールデン街の階段から転落、脳に障害を受けたことから作家人生を閉じた。

*********************************
スイスバインディング・ハードカバー
240ページ
160 x 260 mm
カラー
ポストカード付き (国内流通分限定特典)
国内販売価格:8,300円(税抜)
リンク:http://www.mackconcepttokyo.com/#!hibi/nqlmt
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-04 13:34 | 受賞作家関連

川内倫子氏 展覧会「Someday for sure」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

Gallery Traxにて、川内倫子氏の展覧会が開催中です。


Someday for sure

b0187229_134441.jpg
























©Rinko Kawauchi


以下リンクより

川内自身の原風景となる滋賀の景色と、祖母の小さな物語を収めた写真の展示です。私的な日常風景を切り取り、つなぎ合わせ、普遍的な生命の輝きへと昇華させる写真表現によって同時代の高い評価を獲得してきた川内倫子。
光と闇、生と死、現在と過去が交錯し、容易に言葉に置き換えることのできないイメージの純粋さは、見る者のさまざまな記憶や感情を呼び起こします。


川内倫子(かわうち・りんこ)1972年、滋賀県生まれ。
2002年、写真集『うたたね』、『花火』で第27回木村伊兵衛写真賞受賞。2005年、個展「AILA + Cui Cui + the eyes, the ears.」(カルティエ財団美術館、パリ/ガレリア・カルラ・ソッツァーニ、ミラノ(2006))カルティエ財団美術館との共同出版で写真集『Cui Cui』を日仏同時出版(日本語版:フォイル)。2009年、米ICP(International Center of Photography)の第25回インフィニティ・アワード芸術部門受賞。2011年に米Apertureとの共同出版で写真集『Illuminance』(日本版はフォイル刊)を世界5カ国で同時出版。2012年に個展「照度 あめつち 影を見る」(東京都写真美術館、東京)。2013年、米Apertureとの共同出版で写真集『あめつち』(日本語版:青幻舎)を世界3カ国で同時出版。平成24年度(第63回)芸術選奨新人賞受賞。2014年、テリ・ワイフェンバックとの共著写真集『Gift』出版。2015年、イケムラケイコとの共著『きらきら』出版、個展「Illuminance」(クンストハウス・ウィーン、ウィーン)。東京在住。



********************************
会期:2016年4月23日(土)ー5月22日(日) 
時間:11:00-17:00
休廊:火 -木
会場:Gallery Trax
   山梨県北杜市高根町五町田1245
リンク:http://gallerytrax.tumblr.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-04 13:07 | 受賞作家関連

展覧会「コロタイプ 写真集『日本の 20 世紀写真芸術』 刊行開始記念展 Four Shades of Gray」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2016 関連イベントとして開催中の展覧会「コロタイプ 写真集『日本の 20 世紀写真芸術』 刊行開始記念展 Four Shades of Gray」に、植田正治氏、奈良原一高氏、細江英公氏が出展しています。


「コロタイプ 写真集『日本の 20 世紀写真芸術』 刊行開始記念展 Four Shades of Gray」

b0187229_12511397.jpg















©Ikko Narahara


*********************************
会期:2016年4月23日 ~5月22日
時間:11:00-18:00
会場:Division
   〒604-0856 京都市中京区両替町二条上ル北小路町102
リンク:http://blog.refsign.net/event/11190.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-04 12:53 | 受賞作家関連

北島敬三氏 展覧会「UNTITLED RECORDS Vol. 8」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

photographers’ galleryにて、北島敬三氏の展覧会が開催中です。


UNTITLED RECORDS Vol. 8

b0187229_1236276.jpg




















©Keizo Kitajima


以下リンクより

本展は、連続展「UNTITLED RECORDS」の第8回目。1991年のソ連崩壊以後、ネオリベラリズムの台頭と加速する自由主義経済のグローバル化、コンピューターネットワークとサプライチェーンの拡充、ショック・ドクトリンとあらゆるジャンルで進められる市場開放、とりわけ国内においては、東日本大震災と原発事故によってより顕在化した地方と中央との不可逆な非対称性など、私たちは「目の前の現実が突然何か別のものに姿を変えてしまうような経験」を何度も積み重ねてきた。私たちはすでに、かつてのように単眼的なパースペクティブで世界を把握、受容することがきわめて困難な時代の中にいるのかもしれない。

本連続写真展「UNTITLED RECORDS」は、こうした時代の向来向後の視覚資料になることを目的として開催される。




***********************************
会期:2016年4月26日(火)〜2016年5月22日(日)
時間:12:00〜20:00 会期中無休
会場:photographers’ gallery
   〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿2-16-11 サンフタミビル401
リンク:http://www.pg-web.net/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-04 12:38 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31