東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2016年 05月 12日 ( 3 )

篠山紀信氏 展覧会「写真力 THE PEOPLE by KISHIN」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

北海道立帯広美術館にて、篠山紀信氏の展覧会が開催中です。


写真力 THE PEOPLE by KISHIN

b0187229_1550221.jpg


































以下リンクより

写真の第一線を走り、話題を巻き起こし続ける篠山紀信(1940年~)。作家や俳優など著名人から東日本大震災で被災した人々までを撮影した代表作約100点を、ダイナミックな構成によりご紹介します。




***********************************
会期:2016年4月16日(土)~2016年6月26日(日)
時間:午前9:30~午後5:00 入場は午後4:30まで
休館:月曜休館日
観覧料:一般1000(900)円、高大生550(450)円、小中生無料
    ※ ( )内は10名以上の団体、前売、リピーター割引料金
    ※ 高校の教育活動としての参加、障害者手帳をお持ちの方などは無料
会場:北海道立帯広美術館
   〒080-0846 北海道帯広市緑ケ丘2
リンク:http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-obimu/index1.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-12 15:55 | 受賞作家関連

展覧会「表現する女たち -6人の眼差し-」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

zeit-foto salonにて開催される展覧会「表現する女たち -6人の眼差し-」に下記受賞作家が出展いたします。

石内都氏、オノデラユキ氏、杉浦邦恵氏


表現する女たち -6人の眼差し-

b0187229_15435595.jpg













©Miyako Ishiuchi


以下リンクより

彼女たちの作品に共通点はほとんどない。生きてきた時代も場所も、カメラも表現方法も異なる。唯一の接点は全員女性であるということぐらいだ。LGBTという性のアイデンティティの多様性を示す言葉が一般化したが、多様性と捉えるならば彼女たちが女性であることは、彼女たちの本質でありながら一方ではその個性を形成する一要素に過ぎない。だからこそ、6人の表現はここまで違っているのだ。このことは歓迎すべき驚きである。
 1976年に「百花撩乱」という女性写真家10人の「男」を対象とした作品による展覧会があった。出品作家の一人であった神林立子は次のように述べている。「女が写真を発表する時、男が語ることは女の写真家の希少価値についてであり、それをぬきにして女の写真を評価はしない(中略)女の希少価値とは無縁に男の中の一人の女ではなく多数の女の中の一人として、女同志のかかわり合いを緊張した関係で経験したことは、意味ある展覧会であったと思う」と。ちょうど40年前のことである。彼女たちはもう「男」を撮る必要はない。題材は自由だ。時代は確実に変化してきた。



*******************************
会期:2016年5月17日 (火) - 6月18日(土)
時間:10:30 - 18:30(土 - 17:30) 
休廊:日・月・祝日休廊
会場:zeit-foto salon
   東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
リンク:http://www.zeit-foto.com/exhibition/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-12 15:46 | 受賞作家関連

展覧会「I Only Have Eyes For You」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

de sign de >にて開催される展覧会「I Only Have Eyes For You」に、浦芝眞史さんと横山大介さんが参加いたします。


I Only Have Eyes For You

b0187229_1537476.jpg




































©Masashi Urashiba

以下リンクより

「I Only Have Eyes For You」(=あなただけしか見えない)は、1935年にミュージカル映画で紹介され、その後JAZZのスタンダートナンバーとなった楽曲のタイトルを引用したもの。タイトル中の、「あなた」を強調させたテーマのもと、写真を用いて精力的に制作活動をする5名の写真家の展覧会が大阪で開催。

今回は、各作家の作品に現れるそれぞれの「あなた」への認識の違いを、ポートレイト写真を通して見出すもの。ポートレイト写真において、撮影者の「私」と被写体の「あなた」、また鑑賞者の「我々」の関係性は無視できないものだが、展示する作品が皆、ポートレイトという写真の基本的な手法を用いたものだけではない。本展では、従来のポートレイトの枠組みでは捕らえられない視点からアプローチしたそれぞれの「あなた」を提示する。

参加作家:浦芝 眞史、倉谷 卓、Hiro Tanaka、藤安 淳、横山 大介

**************************************
会期:2016年5月17日(火)〜2016年6月5日(日)
時間:11:00〜19:00
会場:de sign de >
   〒 530-0005 大阪府 大阪市 北区中之島5-3-56 中之島バンクスEAST
リンク:http://designde.jp/2016/04/i-only-have-eyes-for-you/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-12 15:40 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31