東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2016年 06月 01日 ( 9 )

飯沼珠実さん 展覧会「Japan in der DDR」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ベルリンのアートブック専門店・Motto Berlinにて、飯沼珠実さんの展覧会が開催中です。


Japan in der DDR

b0187229_160337.jpg



















There is a strikingly conspicuous high-rise building behind the Leipzig Central Station that contrasts with the city horizon. The 96 meters high tower, in a dignified shining pearl color, was first called Interhotel Merkur and is now The Westin Leipzig. With 27 floors it hosts more that 400 rooms with event and seminar spaces on separate floors, shops, restaurants. It’s a little city within the city.

In 2008, shortly after starting to study at the Academy of Visual Arts Leipzig, I learnt that it is one of the few buildings that a Japanese construction company has build in German Democratic Republic in the late 1970s (there is two other constructions to be find in Dresden and Berlin). Something around and in this building triggered me to feel at home. When I saw it, I thought of the World Trade Center in Tokyo, from the top of which I enjoyed the Summer Festival of fireworks one day before my departure to Leipzig. So at that time I started to project my personal conflicts of a stranger in a new city on this huge building which became both a symbol of my hometown (even if, to be honest, there is nothing Japanese in its architecture) and of my frustrations.

With the celebrations of the 25 year of the fall of the Berlin Wall and the end of GDR, I wanted to know more about this building. Until then I had just looked at it from a distance and I finally decided to enter the Interhotel Merkur after 6 years of observation. I booked a room for one night there, took my camera and opened the door.

The Four-star hotel was deserted. Its Japanese restaurant which was once the best in Leipzig had no guests. And a cleaning man said to me: « I have been working here since the opening of the hotel, it was full of business people from all over the world in the 1980s ». He also explained me that the hotel was a hotbed of “illegal” prostitution (however this prostitution took roll as the espionage). I went to the reception and asked: « I heard that this hotel was build by a Japanese company. Is that right ? » A young man answered: « never heard about that » but the next morning I found a letter in my room with that simple sentence : This hotel was built by the Kajima Corporation.

In the summer 2014 I visited the library of Kajima Corporation in Tokyo. The librarian, Ms. Oda, prepared for me archive photos of construction, company’s monthly report, and even confidential documents. She also introduced me to Mr. Shimazu who was in charge of the architectural design team and lived in Leipzig from 1978 to 1981. I got the opportunity to hear their anecdotes, like the event that happened on January 12th, 1979 when the construction office was robed and all the money (GDR-Mark) from the safe was stolen. Additionally one roll of 35mm film that was in the camera of Mr. Sako, a colleague of Mr. Shimazu, had been gone as well. The camera was still in the office, but it had been opened and the negative had vanished. What was photographed in Mr. Sako’s camera must be normally the hotel’s construction process but that disparition had something from a spy movie. They went to the police but neither cash nor the film have ever been back.

I have been photographing modern architecture in Germany since 2008 and I am continuing to shoot similar buildings depending on my trips. In the process of creation, there is always a logical decision on positioning three bodies: the architectural body, the machinal body (camera) and my own body (photographer). But with Interhotel Merkur, I was strangely so excited that I could not measure the distances between the different « actors ». This architecture has, for me, the presence of a real and existing body that contains its story and its emotion. The building has its own life (which I am probably projecting on it) and, therefore, is reluctant to my photographs. But, for the History it represents, for its architecture (between classical Plattenbau and Japanese brutalism), for its role in my personal life, I decided to give it a try, again and again, until I obtain the right portrait of that motionless character of concrete.

When I left the archive of Kajima Corporation after my third visit, the librarian said to me: « Thank you, you shed light on our work, which has been forgotten ». This made me understand the real meaning of my obsession for the Interhotel Merkur: I sensed a Japanese spirit (or a soul?) in Leipzig. And I need to follow it before it flies too far away.

*This essay was originally written by the artist, and edited by Thibaut de Ruyter, for the publication「Stadt Bild / Image of City」(Cooperation by Berlinische Galerie, Deusche Bank Kunsthalle, KW Institute for Contemporary Art, Nationalgalerie-Staatlische Museen zu Berlin)


********************************
May 27 - June 9, 2016
Open Monday – Saturday: 12h-20h
MOTTO BERLIN
Alexis Zavialoff
Skalitzer Str. 68, im Hinterhof
10997 Berlin

http://www.mottodistribution.com/site/?p=41973
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-06-01 16:02 | フォトフレンド

須田一政氏 展覧会「SUDDENLY」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

RED Photo Galleryにて、須田一政氏の展覧会が開催中です。
(Place M 同時開催)


SUDDENLY

b0187229_15462871.jpg


















©Issei Suda

以下リンクより

この「突然」の、この瞬間に私の生が在り、
私にとっての写真が在るのだと76歳を迎えて改めて実感している。

同タイトルの写真集が発売されます。
「SUDDENLY」
モノクロダブルトーン
版型/250mm×250mm ハードカバー
サイン入り/限定500部
定価5,800+税
発行/PlaceM



************************************
会期:2016.05.23 - 2016.06.05
時間:12:00-19:00 年中無休
会場:RED Photo Gallery
   〒160-0022 東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル2F
リンク:http://photogallery.red/schedule/2016/20160523/exhibition.php
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-06-01 15:49 | 受賞作家関連

澤田知子氏 展覧会「New in Photography」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

the Israel Museumにて開催中の展覧会「New in Photography」に、澤田知子氏が出展しております。


New in Photography

b0187229_1538116.jpg













Tomoko Sawada, who took countless pictures of herself
with different makeup and hairdos to reflect the various
Asian identities that are often mistakenly attributed
to her – especially in the West.


*********************************
New in Photography
May 25, 2016-
Derech Ruppin 11
Opposite the Knesset, Zip: 9171002
Tel: 02-6708811 info@imj.org.il

http://www.imj.org.il/en/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-06-01 15:43 | 受賞作家関連

池田葉子氏 展覧会「MONKEY PUZZLE」


gallery ART UNLIMITEDにて、今年の東川賞新人作家賞受賞者 池田葉子氏の個展が開催されます。


MONKEY PUZZLE

b0187229_15211920.jpg




















©Yoko Ikeda


以下リンクより

瑣末な日常から独自の美意識で思いがけない風景を切り取る写真家、池田葉子。

昨年は海外から2冊の写真集が出版され、今年はベルギーで個展、NYでグループ展など海外でも脚光を浴びています。

このたび東川賞新人作家賞を受賞し、国内でも注目をあびている池田葉子の写真集”MONKEY PUZZLE” (Nazraeli Press) 掲載作を中心にインスタレーションとして展示します。


**********************************
会期:2016年6月4日(土)〜7月2日(土)
時間:13時〜19時
休廊:日曜、祝日、火曜日
会場:gallery ART UNLIMITED
   〒107-0062 東京都港区南青山1-26-4 六本木ダイヤビル3F
リンク:http://www.artunlimited.co.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-06-01 15:22 | 受賞作家関連

中藤毅彦氏 展覧会「街の記憶 ・ 建物の記憶」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

檜画廊にて開催される展覧会「街の記憶 ・ 建物の記憶」に、中藤毅彦氏が出展いたします。


街の記憶 ・ 建物の記憶

b0187229_15172431.jpg






















以下リンクより

事象や風景の「記録」の役割も担いながら、見る側の「記憶」を呼び起こす媒体でもある写真。
写真家・飯田鉄、中藤毅彦、森田剛一、石川栄二、そして今回のゲストなぎら健壱による街と建物の記憶をテーマとした作品を展示。



******************************
会期:2016年6月2日(木)~6月11日(土) [5日(日)休廊]
会場:檜画廊
   東京都千代田区神田神保町1-17
リンク:http://hinokigarou.jp/web/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-06-01 15:19 | 受賞作家関連

林直さん 展覧会「写真ノードのはじまり」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ブルームギャラリーにて開催中の展覧会「写真ノードのはじまり」に、林直さんが参加しております。


写真ノードのはじまり

b0187229_1584879.jpg



















以下リンクより

《 展覧会概要 》


ブルームギャラリーは、5月21日から6月19日まで
「写真ノードのはじまり」を開催します。


写真を軸に作家紹介やファインプリントの販売を行ってきたブルームギャラリー。
7周年を迎えるにあたり、新たな試みとして、複眼的に写真をとらえるためのプロジェクトを複数立ち上げました。
プロジェクトでは、写真を節点(ノード)に様々な領域で活動する専門家や写真家とギャラリーがタッグを組むことで、社会における「写真」の役割や未来についてあらためて考えていきたいと思っております。また、ギャラリーの仕事の重要な役割のひとつでありながらも、あまり一般的には馴染みのない「写真のアーカイブ(フォトアーカイブ)」といった保全分野の取り組みについても今後は積極的にご紹介していきます。

本展ではスタートしたばかりの複数のプロジェクトの中から「写真」と「アーカイブ」をキーワードにした3つのプロジェクトの「はじまり」部分をご紹介します。

具体的には、芸術としての写真(ファインプリント)を残すための技術を高め合う北義昭と林直によるユニット『degihayashi(デジハヤシ)』、まちのアーカイブを目的に関西在住の写真家4名(北義昭・キリコ・林直・山内浩)とディレクター窪山とでスタートさせた『RAPプロジェクト』、写真の整理の現場でみてきた事例を集め、理想とするフォトアーカイブの方法を提案する、大澤友貴(写真研究)と窪山によるフォトーアーカイブ窓口「アトリエ フォト アーカイバ」の活動をご紹介します。

また、6月5日には写真評論家の鳥原学氏をゲストに招いたトークイベント『ポートレイトが教える今のわたしたち』を開催。
その他、家族写真の展示や「家族アルバムをよむ会」なども企画しております。

身近にありながらもまだまだ知らないことが多い「写真」の世界。

これらの複数プロジェクトで具体例を示していくことで、現場視点からのアーカイブ情報を集め、
広く活用できるよう情報を公開していきます。
また、来場者にとって、ギャラリーという場所がフォトアーカイブ情報の交差点(ノード)となることを願っております。

写真ノードのはじまり、ぜひご高覧ください。



*********************************
会期:2016. 5.21 - 6.19
時間:木金:13:00 - 20:00、土日:11:00 - 18:00
会場:ブルームギャラリー
   〒532-0025 大阪市淀川区新北野1−11−23 ハイム北野 B103
リンク:http://www.bloomgallery103.com/gallery/exhibition/160521_syashin_node.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-06-01 15:11 | フォトフレンド

展覧会「日本写真協会賞受賞作品展」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

富士フイルムフォトサロン東京にて開催中の展覧会「日本写真協会賞受賞作品展」に、作家賞を受賞した畠山直哉氏、新人賞を受賞した初沢亜利氏が出展しております。


日本写真協会賞受賞作品展

b0187229_14543674.jpg



















以下リンクより

日本写真協会賞は、我が国の写真文化活動に格別な功績が認められた方、優れた作品を発表された方に公益社団法人日本写真協会から贈られる賞です。
本展では、今年受賞された方々のご紹介と、作家賞、新人賞を受賞された4人の写真家による作品をご覧いただきます。



*********************************
会期:2016年5月27日(金)〜6月2日(木)
時間:10時〜19時(最終日16時まで)
会場:富士フイルムフォトサロン東京
   東京都港区赤坂9-7-3フジフイルムスクエア内
リンク:http://www.psj.or.jp/gekkan/schedule/kyoukai/index2016.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-06-01 14:56 | 受賞作家関連

クロダミサトさん 展覧会「美しく嫉妬する」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

金柑画廊にて、クロダミサトさんの展覧会が開催されます。


美しく嫉妬する

b0187229_14444496.jpg



















©Misato Kuroda


以下リンクより

金柑画廊にて、昨年11月に出版された『美しく嫉妬する』(日本カメラ社)を記念して同タイトルのクロダミサト写真展を開催いたします。クロダミサトは、彼女の親友である沙和子を長年にわたって撮影し続けています。『美しく嫉妬する』は2014年から2015年に撮りおろされた写真集で、沙和子と旅をするように綴った一冊です。トークイベント vol.1では、『美しく嫉妬する』の編集を担当された福元真樹子さん、モデルの沙和子さんを、トークイベント vol.2ではアーティストで友人でもある山﨑由紀子さんをゲストとしてお迎えいたします。

『美しく嫉妬する』日本カメラ社
本体価格 1800円 | A5判 | 112ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クロダミサト写真展 「美しく嫉妬する」
2016/6/9.木ー7/3.日
12:00-19:00
木・金・土・日・祝 開催
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・トークイベント vol.1
2016/6/11.土 19:00ー21:00
ゲスト 福元真樹子(編集者)
沙和子
開場 18:30〜

・トークイベント vo.2
2016/7/1.金 19:30-21:30
ゲスト 山﨑由紀子(アーティスト)
開場 19:00〜

トークイベント入場料:¥500 ドリンク ¥200~

福元 真樹子(ふくもと まきこ)
1976年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、2001年、日本カメラ社入社。『日本カメラ』誌編集部に在籍。
担当した書籍に『日常生活』『新世界』(日本カメラ)『私のいる場所―新進作家展〈vol.4〉ゼロ年代の写真論』『光と影 : はじめに、ひかりが、あった(東京都写真美術館/日本カメラ)などがある。

山﨑 由紀子(やまさき ゆきこ)
1988年、京都府宇治市生まれ
既視感と違和感のバランスをとりながら線と画像で構成された絵を描く。
その作風は時に絵画、グラフィック、イラストレーション、あるいはそのでれにも当てはまらない。
http://zakiyamabun.tumblr.com/

※トークイベント後、サイン会を予定しております。
※トークイベントのご予約も受け付けております。ご希望される方はHPお問い合わせからご連絡ください。
件名「クロダミサトトークイベント予約希望」で、お名前・ご連絡先・vol.1またはvol.2をご記入ください。
必ずお返事をさせていただきますが、こちらからのメールが届かない場合がございます。お返事が届かない場合は、お手数ですがお電話または下記アドレスまでお問い合わせください。
kinkangallery※gmail.com(※を@に変えてください)
03-5722-9061 担当:太田京子
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-06-01 14:46 | フォトフレンド

フジモリメグミさん 展覧会「horai」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

TAP Galleryにて、フジモリメグミさんの展覧会が開催中です。


horai

b0187229_14402148.jpg
























©Megumi Fujimori


*************************************
会期:2016.5.30(tue) – 6.12(sun)
時間:13:00-19:00 
休廊:月曜
会場:TAP Gallery
   〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8
リンク:http://tapgallery.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-06-01 14:42 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30