東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2016年 09月 04日 ( 4 )

片岡俊さん 展覧会のお知らせ。


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

Zen Foto Galleryにて開催中の展覧会に、片岡俊さんが参加しています。


山本雅紀 x平良博義 x 瀬頭順平 写真展  
および8名の新人作家によるブック形式ポートフォリオ展

b0187229_14361612.jpg


以下リンクより

展示概要:
山本雅紀「ハラワタ」(モノクロ作品)キュレーターによるコメント
1989年兵庫県生れ。2012年日本写真映像専門学校卒業。2015年に自身の家族を撮影した「山本家」写真展が新宿と大阪ニコンサロンJuna21にて開催、同展示にて三木淳賞奨励賞を受賞。翌年、The Editor's Photo Award ZOOMS JAPAN 2016にて「I'm home」でエディター賞を受賞。2017年に自身の家族をテーマにした写真集が赤々舎より刊行される予定。


平良博義「日々の川」(モノクロ作品)キュレーターによるコメント
平良博義は1987年東京生まれ。法政大学社会学部卒業。大学在学中より写真を始め、卒業後フリーランスの写真家として活動中。清里フォトアートミュージアムに「日々の川」より7点の作品が収蔵されている。近年の個展に、「PERSONAL PLANET」ギャラリーニエプス(東京、2010年)。グループ展に、「CP+2010タムロン企画 中藤毅彦WS修了展」ギャラリールデコ (東京、2010年)、「ヤングポートフォリオ2014展」清里フォトアートミュージアム(山梨、2014年)。

瀬頭順平「西海岸」(モノクロ作品)キュレーターによるコメント
瀬頭順平は1978年埼玉県生まれ。2004年に神戸学院大学薬学部卒業。2012年に大阪ビジュアルアーツ専門学校写真学科夜間部卒業。近年の個展に、「西海岸」コニカミノルタプラザ (東京、2013年)、「2013年度 コニカミノルタ フォト・プレミオ 年度賞受賞写真展」コニカミノルタプラザ (東京、2014年)、 「コミュニケーション」新宿ニコンサロン(東京、2014年)。

ブック形式ポートフォリオ展に参加作家:
濱崎崇 「あと乃あと」 (モノクロ作品)
三宅圭一郎 「空間するリバー」(カラー作品)
片岡俊 「吸水」(カラー作品)
たいやきくん 「凡夫の手紙」(カラー作品)
金子恵子  「オラショ」(モノクロ作品)
大橋輝葉 「釈迦の手の掌」(カラー作品)

ギャラリー事務所スペースにて作品を展示:
紅たえこ「紅たえこobservations」(カラー作品)  
渡辺和子 「silence-名残、余波、なごり」(モノクロ作品) 


****************************
会期:2016年9月3日[土]〜9月17日[土]
時間:12:00 - 19:00
休廊:日・月・祝
会場:Zen Foto Gallery
   〒106-0032  東京都港区六本木6-6-9ピラミデビル208号室
リンク:http://www.zen-foto.jp/web/html/exhibition-current.html






[PR]
by higashikawa_blog | 2016-09-04 14:38 | フォトフレンド

杉本博司氏 展覧会「ロスト・ヒューマン」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

東京都写真美術館にて、杉本博司氏の展覧会が開催中です。

ロスト・ヒューマン

b0187229_14282766.jpg


以下リンクより

東京都写真美術館はリニューアル・オープン/総合開館20周年記念として「杉本博司ロスト・ヒューマン」展を開催します。杉本博司は1970年代からニューヨークを拠点とし、〈ジオラマ〉〈劇場〉〈海景〉などの大型カメラを用いた精緻な写真表現で国際的に高い評価を得ているアーティストです。近年は歴史をテーマにした論考に基づく展覧会や、国内外の建築作品を手がけるなど、現代美術や建築、デザイン界等にも多大な影響を与えています。

本展覧会では人類と文明の終焉という壮大なテーマを掲げ、世界初発表となる新シリーズ<廃墟劇場>に加え、本邦初公開<今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない>、新インスタレーション<仏の海>の3シリーズを2フロアに渡って展示し、作家の世界観、歴史観に迫ります。
展覧会はまず、文明が終わる33のシナリオから始まります。「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」という杉本自身のテキストを携え、≪理想主義者≫≪比較宗教学者≫≪宇宙物理学者≫などの遺物と化した歴史や文明についてのインスタレーションを巡り歩きます。これは2014年パレ・ド・トーキョー(パリ)で発表し、好評を博した展覧会を東京ヴァージョンとして新たに制作したもので、自身の作品や蒐集した古美術、化石、書籍、歴史的資料等から構成されます。物語は空想めいていて、時に滑稽ですらあります。しかし、展示物の背負った歴史や背景に気づいた時、私たちがつくりあげてきた文明や認識、現代社会を再考せざるを得なくなるでしょう。

そして、本展覧会で世界初公開となる写真作品<廃墟劇場>を発表します。これは1970年代から制作している<劇場>が発展した新シリーズです。経済のダメージ、映画鑑賞環境の激変などから廃墟と化したアメリカ各地の劇場で、作家自らスクリーンを張り直して映画を投影し、上映一本分の光量で長時間露光した作品です。8×10大型カメラと精度の高いプリント技術によって、朽ち果てていく華やかな室内装飾の隅々までが目前に迫り、この空間が経てきた歴史が密度の高い静謐な時となって甦ります。鮮烈なまでに白く輝くスクリーンは、実は無数の物語の集積であり、写真は時間と光による記録物であるということを改めて気づかせてくれるこれらの作品によって、私たちの意識は文明や歴史の枠組みを超え、時間という概念そのものへと導かれます。その考察は、シリーズ<仏の海>でさらなる深みへ、浄土の世界へと到達します。<仏の海>は10年以上にわたり作家が取り組んできた、京都 蓮華王院本堂(通称、三十三間堂)の千手観音を撮影した作品です。平安末期、末法と呼ばれた時代に建立された仏の姿が、時を超えていま、新インスタレーションとなって甦ります。
人類と文明が遺物となってしまわないために、その行方について、杉本博司の最新作と共に再考する貴重な機会です。ぜひご高覧ください。



***********************************
会期:2016年9月3日(土)~11月13日(日)
時間:10:00-18:00、入館は閉館時間の30分前まで
休館:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)
観覧料:一般1000(800)円、学生800(640)円、中高生・65歳以上700(560)円 
    ※9月19日(月・祝)敬老の日は65歳以上の方は無料 
    ※10月1日(土)都民の日は無料 ※( )は20名以上の団体料金
会場:東京都写真美術館
   〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
リンク:https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2565.html







[PR]
by higashikawa_blog | 2016-09-04 14:31 | 受賞作家関連

イ・スヒョンさん 展覧会「(PERSONAL)DOCUMENTS PROJECT」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

韓国ソウルのsijac galleryにて開催中の展覧会「(PERSONAL)DOCUMENTS PROJECT」にイ・スヒョンさんが参加しています。

(PERSONAL)DOCUMENTS PROJECT

b0187229_145293.jpg


b0187229_1482135.jpg


b0187229_148319.jpg


b0187229_1483996.jpg


b0187229_1484899.jpg


b0187229_1485944.jpg


b0187229_149129.jpg


b0187229_1491932.jpg


b0187229_1492790.jpg


b0187229_1493473.jpg



******************************
2016.8.31_2016.9.6
リンク:http://www.sijac.kr/






[PR]
by higashikawa_blog | 2016-09-04 14:11 | フォトフレンド

トークイベント 「写真文化首都「写真の町」東川町の魅力とは」


八重洲ブックセンターにて、『東川町ものがたり―町の「人」があなたを魅了する』(新評論刊)刊行記念トークイベントが開催されます。

写真文化首都「写真の町」東川町の魅力とは
松岡市郎さん(東川町長)×吉里演子さん(東川町写真の町課・学芸員)

b0187229_1821480.jpg


<トークイベント概要>

北海道旭川市南東、大雪山の麓に広がる人口僅か8,000人の小さな町「東川町」 なんとこの東川町、「国道」・「鉄道」・「上水道」普通ならあって当たり前の3つの道がない。1950年の10,754人をピークに1994年3月には6,973人まで人口が減少した。このままでは・・・ さぁ、町のPRに奔走する日々の始まりです。
「大雪山」・「写真甲子園」・「クロスカントリー」・「木工クラフト」・「君の椅子」・「東川米」・「ひがしかわワイン」・「温泉」・「株主制度」・「町立日本語学校」これらのキーワードを軸に「町づくりの仕掛け」を東川町に暮らしている人々の様子とともにお伝えします。
イベント終了後、あなたもきっと「東川町」に行きたくなるはず!いや、移住したくなるかもしれません。

※トークイベント終了後、サイン会を実施いたします。
(お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。)


ご来場者全員に「大雪旭岳源水」「東川米」のセットをプレゼント!


<登壇者紹介>

松岡 市郎(まつおか いちろう) 東川町長
1951年生まれ。1972年 東川町奉職。農林課長補佐、社会教育課長、税務課長を経て、2003年に退職。
同年、東川町長に就任。現在4期目。雄大な大雪山系より流れる清流「忠別川」の美味しい水、澄んだ
空気、肥沃な大地と美しい景観、恵まれた資源を最大限に活用し、新たな付加価値を創出しながら、写真文化首都「写真の町」東川町の地名度を生かしたプライムタウン(最高のまち)づくりに取り組んでいます。また、職員の知力と実行力を求める「前例踏襲型」から「個性創造型」行政への転換を図り、住民福祉の向上に努めています。

吉里 演子(よしざと ひろこ) 東川町写真の町課・学芸員
大阪市阿倍野区出身。大阪芸術大学写真学科卒 高校時代に「写真甲子園」本戦出場を果たし、東川町へ初来町。以来、東川町に魅了され、寝ても覚めて東川町のことを想うことに。大学時代には「写真甲子園」ボランティアスタッフや、大学の卒業制作で大阪と東川町を行ったり来たりするなか、町への想いは更に膨らむ。大学4年生の冬に偶然にも募集があった「写真の町課」の臨時職員となり、「考えてる時間があるんだったら、飛び込もう」状態で東川町へ移住。その後、正職員となり現在に至る。『東川町ものがたり』編集実務を担当。


*******************************
開催日時:2016年9月9日 (金) 19時00分~(開場:18時30分)
会場:八重洲ブックセンター 本店 8F ギャラリー
   〒104-8456 東京都中央区八重洲2-5-1
入場料:税込 500円  ※イベント当日会場入口にて整理券をご呈示の上、参加費をお支払いください。
80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
お申し込み方法:1階カウンターにてお申し込みください。参加整理券を差し上げます。
また、お電話によるお申し込みも承ります。 (電話番号:03-3281-8201)
参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。


リンク:http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/10023/


*9月10日(土)、ジュンク堂 大阪本店でもトークが開催されます!
http://fotofes09.exblog.jp/26124139/








[PR]
by higashikawa_blog | 2016-09-04 13:36 | 東川町
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30