東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2016年 11月 17日 ( 3 )

写真甲子園2016本戦出場校作品展


キヤノンギャラリー梅田にて、写真甲子園2016本戦出場校作品展が開催されます。

b0187229_1420837.jpg


以下リンクより

写真甲子園とは全国約6,000校の高校写真部・サークルを対象に写真活動の場や目標、出会い・交流の機会を提供し、高校生らしい創造性や感受性の育成を図ること、学校生活の充実と特別活動の振興に寄与することを目的に開催している写真の全国大会です。 毎年、全国の高校から写真を募集し、初戦審査会・ブロック別公開審査会を勝ち抜いた代表校が7月下旬に写真の町北海道東川町で開催される本戦大会で写真の腕を競い合い、全国一を決めます。
この写真展では本戦出場校の作品をご覧いただけます。


*************************************
会期:2016年11月17日(木)~11月22日(火)
時間:10時~18時(写真展最終日 15時まで)
休廊:日・祝日
キヤノンギャラリー梅田
   大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル B1F
リンク:http://cweb.canon.jp/gallery/archive/higashikawa-koshien2016/index.html










[PR]
by higashikawa_blog | 2016-11-17 16:28 | 写真甲子園

アートフェア「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」


東川賞受賞作家 アートフェア出展のお知らせ。

明日より開催される「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」に下記受賞作家が出展いたします。
篠山紀信氏、森村泰昌氏、操上和美氏、広川泰士氏、野口里佳氏。


ART PHOTO TOKYO -edition zero-

b0187229_162367.png


以下リンクより

今回、日本初となる写真と映像のアートフェア、
『ART PHOTO TOKYO -edition zero-』を開催する運びとなりました。

これまでのフォトフェアではギャラリーが取り扱うファインアートだけを作品としてきました。
しかし『ART PHOTO TOKYO -edition zero-』では、
ファッションやコマーシャルフォトグラファーの作品も同じステージに展示します。
これは世界的にみても実験的な試みといえるでしょう。

『ART PHOTO TOKYO -edition zero-』が目指しているのは 日本独自のストラクチャー。
アジアのクリエイティブなハブとなるアートフェアの実現です。

世界トップクラスのギャラリーやアーティスト、
世界を舞台に活躍するファッション・コマーシャルフォトグラファー、
写真・映像作家、約60名が『ART PHOTO TOKYO -edition zero-』に集結。
東京から世界に発信します。

アートコレクターはもちろん、これまでアートとは接点がなかった方 や 子どもたちにも
楽しんでいただけるよう、スマートフォンを使ったワークショップやトークイベントも開催。
世界的な音楽・映像クリエイターによるライブなども企画しております。
きっと 写真や映像のさらなる魅力に触れていただけることでしょう。

会場となるのは、茅場町交差点に立つ1棟のオフィスビル。
かつて日本の経済成長を支えてきたこの街の新たな創生の機としても、
この『ART PHOTO TOKYO -edition zero-』の存在は、
意義あるものになることを確信しています。

「猿田彦珈琲」や植物屋「叢 - Qusamura」などの出店も決定。
「レクサス」の未発売車などの展示も予定しております。
写真や映像に加え、建築、デザイン、音楽と、同時代のクリエイティブを凝縮しました。

どうぞ 『ART PHOTO TOKYO -edition zero-』で、東京の今を感じてください。


********************************
開催期間・開場時間
11月18日[金]・19日[土] | 12:00 - 20:00
11月20日 | 12:00 - 17:00
※最終入場は閉場の30分前

会場
茅場町共同ビルディング
中央区日本橋茅場町1-6-12 | 東京メトロ茅場町駅(日比谷線・東西線)9番出口直結

チケット料金
前売・当日とも
大人1,500円 / 学生500円

http://artphototokyo.com/









[PR]
by higashikawa_blog | 2016-11-17 16:24 | 受賞作家関連

平井真奈さん 展覧会「Tokyo Women / New Real, New Fiction」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

中国のアモイにて開催される Jimei Arles 2016に、平井真奈さんが出展します。

Tokyo Women / New Real, New Fiction

b0187229_1610326.jpg


There is no other city as theatrical as Tokyo, filled with people who play their own certain roles. Even the moments separating life from death, people seem to treat these as a game. The city has changed. So also have the people’s love, truth and moral conscious. Have we become numb from catastrophe or have we evolved into detached escapists?

Women especially have undergone a metamorphosis. They can see through the lies in reality and understand the realities in myth. Within the ever-changing cityscape, ‘aging’ begins when one fixes their role. The photographs ‘age’ as well. The six female photographers being curated are those who continuously transform themselves amidst the fluctuating cityscape.

These women do not tell their life story; these women have not ‘aged.’ They have stood on the stage called Tokyo and continuously and daringly acted as various characters, even when they face difficulties. These women are not striving to become cosplayers but they do “play” through their photography.

Mayumi Hosokura continues to take photos under the theme of youth and Eros. In recent times she has focused on shooting the ‘real’ and ‘fiction’ in the Kawasaki area, which lies on the outskirts of Tokyo. The real can turn into fiction instantly, just as the fictional can become realistic – this is what Hosokura chases. By putting together large-scale prints, she hopes to create 2016’s ‘New Real’ for the exhibition. Hosokura will be at the center of the exhibition, and through their own approaches other female photographers will express the irresistible movement from the fiction to the real. Ami Inaba and Mana Hirai strive to create their ‘new real’ from mobile phones and games that provide fictions in reality. Yumiko Utsu, who is busy raising her child while taking photography, will create a new work with dolls as a motif. Akiko Isobe, an acclaimed fashion photographer, will show how an artificial poison transforms into an energy that creates urban reality. Yuhki Touyama will bring to surface the transition from time and space to the presence by gazing into the daily life.

How will the worlds of these six young photographers be perceived by the people of China? Commonalities and differences – from there, the dialogue begins.



*********************************
2016/11/20 – 2016/12/19
9:30 – 17:30
Jimei Citizen Center
http://jimeiarles.com/index.php?c=content&a=show&id=82









[PR]
by higashikawa_blog | 2016-11-17 16:16 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30