東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2017年 03月 18日 ( 4 )

藪乃理子さん 展覧会「風葬」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

みうらじろうギャラリーにて、藪乃理子さんの展覧会が開催中です。


風葬

b0187229_16242318.png
©Noriko Yabu


以下リンクより

藪乃理子は1981年 香川県生まれ、神奈川県在住。 早稲田大学在学中に平木収氏の薫陶を受け、写真を撮り始める。2004年 東川国際フォトフェスティバルにボランティアスタッフとして参加、フォトグラファーとして作品を創り続けることを決意し、翌年 東京藝術大学美術部大学院 先端芸術表現科に入学 佐藤時啓氏の研究室に入る。卒業後は東京を中心にグループ展に参加したり個展を開催するなど積極的に活動している。
「風葬」は、長時間露光によるセルフポートレイト。
今回、”葬”3部作 最終章といたしまして、新作-風葬ーシリーズ、約18点を展示いたします。

作家在廊予定日 
3月17・18・19・25・26日・4月1・2日

協力/G.I.P. Tokyo

---------------------------------------------

風葬

死ぬことは生きること
生きることは死ぬこと
この世に使命を得て
産み落とされる
その使命を全うし
死を迎える
そして、また新しい使命を得て
生まれかわる
繰り返されるこの生命の再生の中で
限られた時間の中で
いつくるか分からぬ最期の時まで
目には見えぬ大きな力に
吹かれ、流され
それでも祈り続ける
生命を燃やし続けることを
命が引き継がれていくことを


****************************
会期:2017年3月17日(金)~4月2日(日) 12時~19時 
月曜・火曜休(3月20日は開廊)
■オープニングレセプション:3月19日(日) 17時~19時



[PR]
by higashikawa_blog | 2017-03-18 16:26 | フォトフレンド

森村泰昌氏 展覧会「MoriP100/ザムザの黒鞄」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

京都・山科 春秋山荘にて、森村泰昌氏の展覧会が開催中です。


MoriP100/ザムザの黒鞄


b0187229_16163513.jpg

以下リンクより

MoriP100 “Samsa’s Black Case” starts!
2017年3月18日[土]~4月9日[日]※会期中の金土日祝のみオープン

ポップアートへのレクイエムからカフカへ
20世紀アートを変幻自在、スピーディに渡っていく

●Opening Event
2017年3月18日[土]15:00〜無料!(入場料500円のみ)
朗読パフォーマンス︱井上弘久「ある日のザムザ君」
トーク︱森村泰昌「MoriP100とはなにか」

●Salesman Workshop
サポート&プロジェクトメンバー募集!!
3月18日[土] 13:00〜
「ザムザの黒鞄」MoriP100を町に解き放つ、ザムザのセールスマン
リハーサル/ワークショップを行います。参加自由!!

会場︱京都・山科 春秋山荘
お問い合わせ︱パラボリカ・ビス 03-5835-1180


+ + + + +


●Tea Party
3月26日[日] 15:00〜
「ザムザの黒鞄」ティータイムセット
山荘にて、お菓子+お茶をお楽しみいただけます。森村泰昌、在廊予定!
カフカ黒衣たちの不可思議パフォーマンス

料金:1500円[★要予約]
会場:京都・山科 春秋山荘

*********************************
森村泰昌の摩訶不思議プロジェクト
「MoriP100/ザムザの黒鞄」
2017年3月18日[土]~4月9日[日]
開館日:会期中の金・土・日・祝のみ
金土日祝 | 12:00~19:00
入場料:500円
会場:京都・山科 春秋山荘
京都府京都市山科区安朱稲荷山町6
TEL:075-501-1989(開館日のみ)





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-03-18 16:18 | 受賞作家関連

大西みつぐ氏 写真展「川の流れる町で」


東川町国際写真フェスティバル イベント「街撮り撮影会」で毎年講師をしてくださっていた大西みつぐ氏の写真展のお知らせです。


川の流れる町で

b0187229_16094210.jpg
©Mitsugu Ohnishi

以下リンクより


2016年11月に弊社から刊行いたしました大西みつぐさんの最新写真集『川の流れる町で』の刊行記念写真展を開催いたします。
会期中は本展へ推薦文をお寄せくださった写真評論家の飯沢耕太郎さんと大西さんのトークショーや、東京の下町を貸切舟と足で散策する「川あるきツアー」も開催いたします。

みなさまのご来場をお待ちしております。

大西みつぐ写真展「川の流れる町で」

代表作「Wonderland」(1980〜2006)を始め、東京の下町を長年撮り続けてきた大西みつぐ氏ですが、均質化されていく下町の風景に対し、いつからか「喪失感」を覚えるようになります。馴染みの場所のはずが、以前と同じ感覚では歩くことができなくなってしまった。そこで大西氏は、「荒川」という一本の川の流れをたよりにふたたび歩き始めました。東京の「今」を荒川流域から映し出した、氏の最新写真集『川の流れる町で』(ふげん社)より「放水路」と「眠る町」に加え、2017年2月に満を持して公開された、大西氏の初監督作品『小名木川物語』の世界を垣間見るような深川や砂町などのおなじみの写真も展示いたします。

会期中には、写真集へ推薦文をお寄せいただいた写真評論家の飯沢耕太郎氏とのトークイベントや、貸切舟と足で『小名木川物語』の舞台を散策する「川あるきツアー」を開催いたします。ぜひ足をお運びくださいますようお願いいたします。


◉会期

2017年3月21日(火)〜4月8日(土)

火-金 12時〜19時 / 土12時〜17時
日・月・祝 定休日


◉会場
コミュニケーションギャラリーふげん社
〒104-0045 東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル 2F
TEL:03-6264-3665







[PR]
by higashikawa_blog | 2017-03-18 16:12 | その他お知らせ

エレナ・トゥタッチコワさん 展覧会「ひつじの時刻、北風、晴れ」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ウナベツ岳メーメーベーカリーにて、エレナ・トゥタッチコワさんの展覧会が開催されます。


ひつじの時刻、北風、晴れ

b0187229_16061296.jpg

以下リンクより

エレナは、2014年の夏に初めて知床に滞在して以来、何度も峰浜を訪れ、誰も読めない知床半島の地図を描いたり、オホーツク海に転び落ちたり、狐と鬼ごっこをしたり、羊を驚かせたり、白猫ピコから白いイイズナのお土産をもらったり、石や流木を拾い集めたり、山で山菜をとったりして、フィールドワークを続けてきました。
知床で初個展となるこの展覧会では、ウナベツ岳の麓にある、メーメーベーカリーを宿す古い家と対話しながら、会期中に常に変化し続ける映像インスタレーションを作り、展示します。


****************************
会場: ウナベツ岳メーメーベーカリー(北海道斜里郡斜里町峰浜233)
会期: 2017.3.25-26,31,4.1-2
【関連イベント】おはなし会・写真集サイン会 4.2(日)17:00-





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-03-18 16:07 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31