東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:受賞作家関連( 960 )

宇井眞紀子氏 展覧会「アイヌ、100人のいま」



東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

キヤノンギャラリー大坂にて、宇井眞紀子氏の展覧会が開催されます。


アイヌ、100人のいま

b0187229_15261347.jpg


以下リンクより

アイヌ民族の取材・撮影を25年間続けている写真家、宇井眞紀子氏が、日本列島を縦断し100カ所で撮影したアイヌ民族100組のポートレート写真、100点を展示します。撮影はアイヌの方自身が考えた「自分が撮りたい場所、撮りたい姿で」行われ、次に撮る人物も指名してもらうという方法で、共同作業のように進められました。「アイヌらしいアイヌ像」に限定されない、今この時をそれぞれに生きる姿を伝えます。


****************************
2017年7月13日(木)~7月19日(水)
10時~18時(写真展最終日 15時まで)
(日・祝日と弊社休業日は休ませていただきます)
大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト1F





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-06 18:16 | 受賞作家関連

荒木経惟氏 展覧会「東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

シャネル・ネクサス・ホールにて、荒木経惟氏の展覧会が開催中です。


東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館

b0187229_13561049.jpg
©Nobuyoshi Araki


以下リンクより

日本を代表する写真家として常に第一線で活躍してきた荒木経惟は、妖艶な魅力を放つ花々や緊縛ヌード、愛してやまない東京の街、亡き妻を思い見上げつづけた空景、そして苦楽をともにしてきた飼い猫チロ等々、さまざまな対象を被写体にしながら、独自の死生観で生を鮮烈に描き出し、唯一無二の写真世界を創出してきました。

また、海外でも熱狂的な支持を集める荒木は、昨年、東洋美術専門の美術館としてヨーロッパ最大規模を誇るフランス国立ギメ東洋美術館(パリ)において大規模個展「ARAKI」を開催し、大きな話題となりました。この展覧会で、50年間の作家活動を振り返るレトロスペクティブとともに発表したのが、撮り下ろしの新作「東京墓情」です。大病を経験して得た濃密な“死”への意識を抱きながら、自身の写真家人生を振り返った本作は、今の荒木経惟を知るうえで大変重要な作品であるといえるでしょう。

本展覧会では、同個展にて発表された「東京墓情」を日本初公開するとともに、ギメ東洋美術館所蔵の写真コレクションより、荒木自身がセレクトした幕末・明治期の写真作品を併せて出展いたします。加えて、本展のために撮り下ろした新作も発表される予定です。

70代後半を迎えてなお写真に殉じて生きる荒木経惟の、現在の境地が表されているともいえるこの最新作を、19世紀後半の日本文化を今に伝える貴重な古写真とともに、ぜひご高覧ください。

荒木 経惟 Nobuyoshi Araki 写真家
1940年東京都生まれ。千葉大学工学部写真印刷工学科卒業後、電通に入社し写真部に所属。1964 年「さっちん」で第1回太陽賞受賞。1971年には妻・陽子との新婚旅行を写した記念碑的写真集『センチメンタルな旅』を自費出版。また70年代より、被写体である女性との極めて親密な関係性を写した写真作品で高い評価を受け、妖艶な花々、緊縛ヌード、空景、食事、東京の街、飼い猫など、さまざまな被写体から強烈なエロスとタナトスが漂う独特の写真世界を確立。日本を代表する写真家として内外で高い評価を得ている。精力的に刊行しつづける写真集はこれまで450冊以上に及び、同時に国内外の数々の美術館にて展覧会を開催している。

ギメ東洋美術館 (パリ)
非アジア圏で最大規模を誇る東洋美術専門美術館。1879年、実業家エミール ギメが日本や中国、インド等で収集した美術品や遺物をもとに、リヨンに設立した。1889年パリに移設され、1929年に国立美術館となった。現在はルーヴル美術館の東洋部門に位置付けられ、彫刻、絵画、装飾品など約4万5,000点を収蔵する。写真コレクションには幕末から明治・大正期に日本で撮影された貴重な作品が多数含まれるが、同コレクション収蔵の作品が東京で展示されるのは、本展が初となる。


**************************

2017年6月22日(木)〜7月23日(日)

12:00~20:00 (入場無料・無休)

シャネル・ネクサス・ホール

中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-05 13:58 | 受賞作家関連

展覧会「COLORS - 色は語る - 」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

写大ギャラリーにて開催中の展覧会「COLORS - 色は語る - 」に、川田喜久治氏と細江英公氏が出品しております。


COLORS - 色は語る -

b0187229_13393039.jpg



以下リンクより

本展は、東京工芸大学芸術学部写大ギャラリーが所蔵する約1万点のオリジナルプリント・コレクションの中から、カラー作品を選んで、カラー写真表現の変遷を紐解きながら展示するものです。

19世紀に発明された写真は当初モノクロでした。しかし、より見たままに写し撮りたいという人々の欲求から、モノクロの写真を手作業で着色することから始まり、さまざまなカラー写真技法の研究が続けられました。20世紀になり実用的なカラー写真技法が開発されましたが、色の再現性の低さや保存におけるプリントの褪色などの課題もあり、カラー写真を表現手段として用いることが一般化したのは1970年代でした。それから約40年が経ち、写真がデジタル化された今日では、カラーによる写真作品が当たり前となっています。

写真において色の情報は大きな役割を果たしています。体験した世界を再現するため、また美学的、感情的な効果を生むため、写真家は色による多様な表現を試みてきました。本展では、写大ギャラリーの所蔵するユニークなカラー作品群を通して、写真表現において色が伝えるものを感じていただければと存じます。

また本展は、<「色」で明日を創る・未来を学ぶ・世界を繋ぐKOUGEIカラーサイエンス&アート>という研究テーマで、文部科学省の平成28年度私立大学研究ブランディング事業※の支援対象に、東京工芸大学が選定されたことに合わせて企画したものです。


※ 私立大学研究ブランディング事業
全学的な独自色を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学等に対し、文部科学省が重点的に支援する事業。

主な出品作家

ラッセル・リー、アーヴィング・ペン、エルンスト・ハース、スティーブン・ショア、ケネス・マクゴーワン、
ジャン・グルーバー、小野隆太郎、細江英公、川田喜久治、森山大道、小林紀晴、薄井一議、本城直季、高木こずえ、ほか


*********************************
2017年6月19日(月) ~ 2017年8月6日(日)
10:00 ~ 20:00 会期中無休・入場無料
東京工芸大学 写大ギャラリー
〒164-8678 東京都中野区本町2-4-7 芸術情報館2F



[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-05 13:41 | 受賞作家関連

今道子氏 展覧会「MIchiko Kon」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ミシェル・ソスキネ・ギャラリー (スペイン, マドリッド)にて、今道子氏の展覧会が開催中です。


MIchiko Kon

b0187229_13333463.jpg
©Michiko Kon


以下リンクより

MICHEL SOSKINE INC. is pleased to present from June 22 until July 29, 2017, the second exhibition in Madrid of Japanese Photographer Michiko Kon (1955), during PhotoEspaña. The exhibition will show 34 of her recent black and white photographs.


Michiko Kon creates assemblages with a minimalist background, and where biological elements such as sea creatures, plants and insects are in tension between an animate and inanimate reality. Her work is a parade of living creatures turned into inanimate objects, and inanimate objects turned into living creatures. Kon creates surreal still life scenographies, with seductively mundane objects, such as raw sea elements, vegetables and textile in order to get images of impossible pieces.


Kon uses photography as her means of expression because it fixes this process of transformation. In many of her photographs there are numerous elements which were once “alive”. These things are not in fact actually alive, but they are not complete corpses (inanimate matter), either they hang in mid-air in the ambiguous region between life and death. While in the process of dying, they still had the fresh warmth of life: is there truly a differentiation between life and death?. Perhaps our feeling that we must divide these two regions is nothing but a way of making it easier to live in our society. After all it’s not convenient to have the dead come back to life on their own or to have the living die all of a sudden.


Michiko Kon said about her image of death: “As I lie in bed and read, gradually my eyelids begin to close. My head still follows the story, but my arms yield to the weight of the book and fall on the sheet, yet my brain keeps following the story. At last, my fingers can no longer hold the book and let it go. The book falls to the floor. As I hear the sound of the falling book, I fall asleep while conscious that I have lost control of my body. I feel comfortable.” She floats to the edge of sleep easily, and then falls into the world of death. This image is scattered throughout Michiko Kon`s works. In each work Kon creates a tension between the real and the imagined, subtly manipulating the perceptions of her viewers.


In her world “objects” and “living creatures” are mixed in a perpetual process of “things”, transforming into “living creatures” and transforming into “things”. No one can stop this movement and the discharge of energy that accompanies it. The vegetal nature gets varnished in strange animal textures in a visual game where the hardness and the lightness come together, and also humor, cruelty, iconic history and contemporary pop culture. She uses an extremely complex technique almost forgotten in XXI century photography.


Michiko Kon was born in Kanagawa, Japan, in 1955. She studied at the Sokei Art School and at the Tokyo Photographic College in 1978. Kon started making photographs in the late 1970’, which were published in many manga magazines. Her first solo exhibition, 'Still Life' in 1985 in Tokyo, at the Shinjuku Nikon Salon, made her soon recognized as one of the most innovative photographers working in Japan; she was the recipient of the prestigious Kimura Ihee Prize in 1991. Her first exhibition in the United States was held at the List Visual Arts Center at MIT in 1992. Her work was also included in the History of Japanese Photography exhibition organized by Anne Tucker at the Museum of Fine Arts, Houston, in 2003. Kon's artworks has been exhibited widely and is present in many museums around the world, including, the Art Institute of Chicago, the National Gallery of Australia, the National Gallery of Canada, the Tokyo Metropolitan Museum of Photography, Tokyo, Japan Itabashi Art Museum, Tokyo, Japan International Museum of Photography at George Eastman House, Rochester, NY Center for Creative Photography, University of Arizona, Tucson, AZ The Art Museum, Princeton University, Princeton, NJ Museum of Vincent Van Gogh, France Museum of Fine Arts, Houston, TX MIT List Visual Arts Center, Cambridge, MA The Art Gallery of New South Wales Australia, National Museum of Modern Art, Tokyo, Japan, Australia Cleveland Museum of Art, Cleveland, Ohio.



***************************
2017年6月22日(木) - 7月29日(土)
ミシェル・ソスキネ・ギャラリー (スペイン, マドリッド)





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-05 13:36 | 受賞作家関連

展覧会「フジフイルム・フォトコレクション - 私の1枚」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

山梨県立美術館にて開催中の展覧会「フジフイルム・フォトコレクション - 私の1枚」 に、下記作家が出展しております。

荒木経惟氏、石内都氏、伊奈英次氏、植田正治氏、川田喜久治氏、北島敬三氏、操上和美氏、今道子氏、齋藤亮一氏、篠山紀信氏、柴田敏雄氏、須田一政氏、瀬戸正人氏、高梨豊氏、長倉洋海氏、中村征夫氏、奈良原一高氏、野町和嘉氏、広川泰士氏、深瀬昌久氏、細江英公氏。 



フジフイルム・フォトコレクション - 私の1枚

b0187229_13271537.jpg


以下リンクより

日本写真史を代表する101人の写真家、それぞれの「1枚」を展示します。
最初の写真術ダゲレオタイプがパリで公表されたのは1839年でしたが、日本にその技術が伝来するのはそのわずか9年後、幕末の1848(嘉永元)年のことでした。幕末に写真が渡来してから150年余り、日本では多くの優れた写真家が作品を残してきました。本展ではその中でも特に重要な101人の写真家が撮影した「この1枚」と呼べる代表作を銀塩プリントで展示し、日本写真史の軌跡を紹介します。


日本写真の黎明期を支えたフェリーチェ・ベアトや下岡蓮杖の作品を筆頭に、写真に絵画的表現を追求した20世紀初頭の芸術写真、独立した芸術としての写真を目指した1930年代の新興写真、戦前戦後に現れた林忠彦、植田正治、木村伊兵衛などが見せた多種多様な表現、そして今日現役で活動する写真家たちの作品など、日本写真史を語る上で欠かせない作品を展示します。


101枚の中には山梨にゆかりのある写真家や作品も含まれます。1841(天保12)年に甲斐国に生まれた日下部金兵衛、富士山を多く撮影した岡田紅陽や白簱史朗の作品も展示します。



本展は日本写真史を通史的に概観する当館初の展覧会となります。デジタル写真の普及で写真が今まで以上に身近になった今こそ、急速ながら豊かな発展を続ける日本の写真史の流れを改めて見直します。



【出品作家】

秋山庄太郎、秋山亮二、荒木経惟、有田泰而、石内都、石元泰博、伊藤義彦、伊奈英次、入江泰吉、岩宮武二、

植田正治、上田義彦、上野彦馬、潮田登久子、内田九一、江成常夫、大竹省二、大辻清司、大西みつぐ、

岡田紅陽、小川一真、小川隆之、影山光洋、鹿島清兵衛、川田喜久治、鬼海弘雄、杵島隆、北井一夫、北島敬三、木之下晃、木村伊兵衛、日下部金兵衛、久保田博二、倉田精二、操上和美、桑原甲子雄、桑原史成、牛腸茂雄、今道子、齋藤亮一、坂田栄一郎、佐藤時啓、沢渡朔、塩谷定好、篠山紀信、柴田敏雄、島尾伸三、下岡蓮杖、

十文字美信、白岡順、白簱史朗、鋤田正義、杉山守、鈴木清、須田一政、清家冨夫、瀬戸正人、高梨豊、竹内敏信、立木義浩、田中光常、田沼武能、田淵行男、田村彰英、築地仁、土田ヒロミ、東松照明、富山治夫、土門拳、

長倉洋海、長野重一、中村征夫、奈良原一高、野町和嘉、ハービー・山口、芳賀日出男、濱谷浩、林忠彦、

原直久、広川泰士、広田尚敬、深瀬昌久、福原信三、福原路草、普後均、フェリーチェ・ベアト、星野道夫、

細江英公、前田真三、水越武、水谷章人、緑川洋一、南川三治郎、宮本隆司、三好耕三、森永純、森山大道、

安井仲治、山崎博、山沢栄子、渡辺義雄 

(50音順)



*****************************

【会 場】
山梨県立美術館 特別展示室
【会 期】
2017年7月1日(土)~8月20日(日)
【休館日】
7月3日(月)、10日(月)、18日(火)、24日(月)、31日(月)
【開館時間】
9:00~17:00(入館は16:30まで)

【観覧料】
一般:1,000円(840円)、大学生:500円(420円)
※ ( )内は20名以上の団体料金、前売券、県内宿泊者割引
※高校生以下の児童・生徒は無料
※県内65歳以上の方(健康保険証等持参)は無料
※障害者手帳をご持参の方と介護の方1名は無料
※前売券は山梨県立美術館にて、2017年6月1日(木)~6月30日(金)まで販売








[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-05 13:30 | 受賞作家関連

篠山紀信氏 イベント「篠山紀信×後藤繁雄 ~篠山紀信 大型写真集『KABUKI by KISHIN』発刊記念~」


東川賞受賞作家 イベントのお知らせ。

銀座蔦屋書店にて、トークイベント&サイン会 「篠山紀信×後藤繁雄 ~篠山紀信 大型写真集『KABUKI by KISHIN』発刊記念~」が開催されます。



篠山紀信×後藤繁雄 ~篠山紀信 大型写真集『KABUKI by KISHIN』発刊記念~


b0187229_14450263.png


以下リンクより

蔦屋書店が世界に誇れる大型アートブックを独自出版するTSUTAYA BIG BOOKプロジェクト第一弾!

世界の巨匠・篠山紀信氏が、40年以上に渡り撮り続けた選りすぐりの傑作歌舞伎写真集『KABUKI by KISHIN』を発刊いたします。この発売を記念し、篠山氏と企画・プロデュースを担当した後藤繁雄氏のトークイベントを行います。

『KABUKI by KISHIN』は、歌舞伎の演目を記録的に網羅した写真集や、1人の俳優たちを追った写真集とは全く一線を画するもので、“舞台の俳優たちに歌舞伎の神が降りてきた瞬間と、写真家に写真の神が降りてきた瞬間とが、奇跡的にクロスして生まれた”、篠山氏の写真力をもってしてでなければ写し得ない、歌舞伎の根源的な凄さ・魔力を表した歌舞伎写真の革命とも言える傑作群です。魂を削って役に挑む、一瞬の刹那を捉えた写真の迫力たるや、歌舞伎ファンだけでなく圧倒されること間違いなし。

本イベントでは、「歌舞伎を撮り続ける理由」や「誘われたきっかけ」、また「坂東玉三郎や中村勘三郎など数々の名優とのエピソードや撮影秘話」など、他では聞くことのできない写真家・篠山紀信だからこそ知り得た、奥深い歌舞伎の魅力を十分に語っていただきます。篠山氏は自らの写真を「時代の写し鏡」と言いますが、名優たちの名花が花咲いたこの時代の、貴重なドキュメンタリーを体感できるまたとない機会となるに違いありません。

【参加条件】
7月7日(金)発売『KABUKI BY KISHIN』をご予約、もしくはイベント参加券(1,500円/税込)をご購入頂いたお客様に参加券をお渡しいたします。
※サイン会には、下記【対象商品】の対象書籍をご購入の方が、ご参加いただけます。

【お申込み方法】
・店頭
・お電話 03-3575-7755
オンラインストア
※オンラインストアでの受付は2017/7/5(水)午前9時の受注分までとさせていただきます。

【対象商品】
・『KABUKI BY KISHIN』(光村推古書院、49,680/税込)
・イベント参加券(1,500円/税込)

【ご注意事項】
・参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
・イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。
・当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
・参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承ください。
・定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。
・止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。







[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-01 14:47 | 受賞作家関連

川内倫子氏 展覧会「Halo」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

POSTと森岡書店の2会場にて、川内倫子氏の展覧会が開催中です。


Halo

b0187229_14390320.jpg
©Rinko Kawauchi


以下リンクより

6月30日より、川内倫子 [Halo]を開催します。

 オリジナルの写真集としては、2013年に発表した『あめつち』から4年振りとなる、全点デジタルで撮影された、川内倫子の最新写真集『Halo』の発売に先駆け、POSTと森岡書店の二カ所で写真展を開催、会場にて先行発売します。


 2010年のブライトン・フォトビエンナーレのコミッション・ワーク以降も撮影を続けている、イギリスで撮影された、旋回を繰り返す無数の渡り鳥の姿。中国・河北省の村で300年以上続く「灯樹花」という祭りでは、花火の代わりに鉄くずを溶かし壁にぶつける勇ましい男たち。また、神在月と呼ばれる旧暦の10月に出雲大社で執り行われる神迎祭。八百万の神々を迎えるため、夕刻、稲佐の浜で御神火が焚かれる。参拝者が見守るなか夜の海には雨粒が光る。
 「円光」や「後光」という意味のほかに、いくつもの星からなる球状星団が、銀河系の周囲を包み込む領域の呼称でもあるHaloと題された本作は、自然と人間の潜在的な関係性と、祈りにも似た生命の力強さが、暗闇に対する恐怖と静寂、光に向けての希望と喜びを内包し描かれる。これまでの作品からさらなる飛躍をみせる、川内倫子の新境地です。

POSTは本邦初公開の映像をメインに、森岡書店ではプリント作品をメインにした展示を予定。2カ所をめぐることでさらに見え てくる「Halo」の世界観をおたのしみください。各会場にて、展覧会に合わせて制作したプリント付き限定版の販売もいたします。

[展覧会概要]
◉2017年6月30日(金)─ 7月23日(日)
会場:POST
東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
Tel: 03-3713-8670
12:00–20:00 定休日:月曜(祝日の場合は通常営業)
www.post-books.info


[同時期開催]
◉2017年6月27日(火)─ 7月16日(日)
会場:森岡書店
東京都中央区銀座1-28-15鈴木ビル
Tel: 03-3535-5020
13:00–20:00(7月16日は17:00まで) 定休日:月曜

トークイベント 川内倫子×小林エリカ
7月2日(日) 16:00–(15:30より受付)
会場:森岡書店(東京都中央区銀座1-28-15鈴木ビル)
参加費:1500円
*要予約。電話にて承ります。森岡書店 Tel: 03-3535-5020


川内倫子写真集 Halo
定価:7,800円(税別)
判型:315 x 230 mm/ハードカバー/96ページ(カラー図版48点)帯状ケース付き
テキスト:日本語
ISBN978-4-908062-19-3 C0072
発行:HeHe www.hehepress.com
*本書は、アメリカ・Aperture社との共同出版です。







[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-01 14:41 | 受賞作家関連

志賀理江子氏 写真集「Blind Date」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

T&M Projectsより、志賀理江子氏の写真集が出版されます。

Blind Date

b0187229_19101972.png
©Lieko Shiga


以下リンクより

前作『螺旋海岸』から4年ぶりとなる本作は、2017年6月10日から丸亀市猪熊弦一郎現代美術館での同名の展覧会に合わせてT&M Projectsから刊行されました。2009年にバンコクのバイクに乗る恋人たちを撮影したもので、見知らぬ人何千人とすれ違い、眼差しが交差する中で志賀は不思議な感覚を覚え、その感覚をカメラという最適な道具で記録した作品です。

*****************************
価格:税込 ¥8,640
出版社:
T&M Projects
ソフトカバー/W257×H364/モノクロ/100p/特製函入






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-06-10 19:12 | 受賞作家関連

展覧会「LIFE 写真のある生活」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

gallery bauhausにて開催中の展覧会「LIFE 写真のある生活」に、杉本博司氏、広川泰士氏が出展しております。


LIFE 写真のある生活

以下リンクより

写真が誕生してまもなく200年。今日写真の役割は多岐にわたり、私たちの生活においてなくてはならないものとなりました。デジタル・カメラの出現で写真がより多くの人々にとって身近な存在となり、いままで撮られる立場から誰もが撮る側になりました。アマチュア写真家の増加にともない、趣味としての写真分野も活況を呈しています。
そうした状況のなか、作品を通してあらためてプロの写真家と写真の関係を見つめなおし、「写真家とその人生」についての考察をしたいと思います。内外の写真家の多様な作品世界に浸りつつ、それらが生み出された背景に想いを馳せる、そんな贅沢なひと時を過ごして頂けたらと思います。

モノクローム(ゼラチン・シルバー・プリント、プラチナ・プリント)作品 67点を展示。

出展作家
アウグスト・ザンダー 秋元茂 石元泰博 イジス 井津建郎 井津由美子 伊藤進哉
榎本敏雄 大辻清司 岡崎正人 コウムラシュウ 小瀧達郎 ジェルメーヌ・クルル
杉本博司 田所美恵子 田中長徳 田中宏明 田村彰英 広川泰士 廣見恵子 水島雅美
三好耕三 ミロスラフ・クベシュ 森永純 ユージン・スミス 横谷宣 横山佳美 吉村朗
ヨゼフ・スデク J・H・ラルティーグ ロバート・フランク ロベール・ドアノー


*******************************

2017年5月25日(木)~7月29日(土)

11:00~19:00

日月曜・祝日休館

【一般・学生】600円【中学生以下】無料

東京都千代田区外神田2-19-14-101






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-06-10 19:05 | 受賞作家関連

荒木経惟氏 展覧会「写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムにて、荒木経惟氏の展覧会が開催中です。


写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写

b0187229_19355445.jpg
©Nobuyoshi Araki


以下リンクより

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムは、5月25日(木)から7月1日(土)まで、荒木経惟個展「写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写」を開催いたします。タカ・イシイギャラリーでの個展としては24度目の開催となる本展は、新作「写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写」シリーズよりカラー作品約116点、モノクローム作品約720点、合計836点ほどの作品で構成されています。

今は年寄りの時代なんだからさ、今どき、「年寄りに見られたくなく」なんて加齢に抵抗するヤツはダメなワケ。今こそ“老いていく”というその変化を、自信を持って発表していくべきなんだよ。年を取らなきゃわからないことってたくさんあるし、人間としてキャリアを積んでんだから、若いヤツより老人のほうが魅力があって当然(笑)。

荒木経惟

荒木はこれまでも自身の加齢を肯定的に作品に取り込み、その作品世界を絶えず豊かなものにしてきました。前立腺癌、網膜中心動脈閉塞症による右眼の視力の喪失など、降りかかる病と向き合い克服し続けた荒木は、「後期高齢写」と名付けられた本シリーズを通じても、自身の身体や生活に及ぶ変化を、日々写真を撮影するというエネルギーに転換する中で生き、膨大な数の新作を生み出しました。老いることで一層魅力を増す人間のように、作品に存在するエロスとタナトスがより色濃く漂う荒木の新作を是非ご覧ください。

なお、展覧会に合わせまして、写真集『写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写』を刊行いたします。

【写真集詳細】
荒木経惟『写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム刊(2017年)
発売予定日: 2017年5月25日(木)
販売価格: ¥5,000-(税抜)
500部限定、ソフト・カバー、120頁、掲載図版296点

*************************
会期: 2017年5月25日(木) – 7月1日(土)
会場: タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
 106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 2F
営業時間:11:00 – 19:00
定休日: 日・月・祝祭日




[PR]
by higashikawa_blog | 2017-06-08 19:38 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31