東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:受賞作家関連( 943 )

長倉洋海氏 写真集「Hiromi Nagakura」



東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

未来社より、長倉洋海氏の写真集が出版されました。


Hiromi Nagakura

b0187229_18304354.jpg

以下リンクより

世界の紛争地を精力的に取材しながら市井に生きる人びとの姿を活写し、第一線で活躍しつづけている写真家・長倉洋海の新たな一面を提示する愛蔵版BOXセット。

*880部限定シリアルナンバー&サイン入り(ナンバーのご指定はできません)


*これまでの写真集には未収録の写真を多数収録
*38年にわたる全仕事を5つのテーマにわけ精選
*各巻の写真点数
 EL SALVADOR・42点/MASSOUD・38点/SILK ROAD・37点/“ko・do・mo” CHILDREN・34点/ACROSS BORDERS・40点
*巻末エッセイ
 「原点、エルサルバドル」「マスードの笑顔」「一本の道」「ファインダーの向こうの子どもたち」「写真という地図」

*************************

定価:本体14,000円+税

ISBN:978-4-624-90030-4

発行日:2017年3月25日

判型:A4変型判上製クロス装函入/装幀:中島浩

Cコード:C0372






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-04-15 18:33 | 受賞作家関連

糸崎公朗氏 展覧会「フォトモの世界」



東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

エモン・フォトギャラリーにて、糸崎公朗氏の展覧会が開催されます。


フォトモの世界

b0187229_18184971.jpg
©Kimio Itosaki


以下リンクより

エモン・フォトギャラリーより、4月21日から開催される写真家・糸崎公朗展『フォトモの世界』のご案内致します。 糸崎公朗1965年長野県生まれ、東京造形大学卒業。中学は生物部、高校は美術部に属し、大学ではデザインを専攻。また前衛芸術に強い関心を寄せ、路上をテーマに写真で記録する様々な表現活動を続けています。 展覧会タイトルの「フォトモ」は写真とモデルを組み合わせた氏による造語。70年代初頭に赤瀬川原平らの芸術概念「超芸術トマソン」(存在がまるで芸術のようでありながら、その役にたたなさ・非実用な物体、主に不動産を示す)が当時学生を中心に広がり、糸崎もまた影響を受けた一人として自身の創作活動に取り込んでいったのです。1992年から始まった「フォトモ」は、開発が進む中で昭和の面影を残す東京下町の路上を記録しています。そのプリント写真を使い、江戸時代におもちゃ絵として楽しまれた錦絵「立版古(たてばんこ)」の形式を取り入れ、撮影からコラージュまでのすべてを手仕事で行っています。 「フォトモ」は96〜04年まで雑誌「散歩の達人」に連載されて好評を博しました。アナログの味わいがあり、人々に町歩きの見所を示唆する教材的な意味を持っていたのです。しかし一般的なペーパークラフトと一線を画すのは、糸崎の「フォトモ」が現実を誇張したパース写真で表し、建物や人を折り重なるように構成した視覚効果にあるでしょう。観る者の想像力を掻立てるフォトコラージュのユニークな表現形態として観ることができるのです。 ノスタルジーと温かみを持った本作品群は、92年から続く原版として制作された作品を中心に約30点をご紹介します。また香港で撮影された最新の立体作品も展覧を予定しています。

アーティストステートメント

フォトモは平面である事が前提とされる写真を立体化した作品だが、これを再び平面に押し戻したのが今回メインとなる展示作品である。これは96~04年に雑誌『散歩の達人』に連載していた版下原稿として製作したものだ。フォトモを最初に発表したのは93年、池袋西武百貨店内のアトリエヌーボーという小スペースだった。この時、同じ池袋の東武百貨店では葛飾北斎展が開催され、そこで北斎作のフォトモにそっくりな立体作品が展示してあり仰天した。それは立版古という江戸時代のペーパークラフトで、パーツが並んだ木版画を切り抜いて組み立てると、浮世絵の世界が立体的なミニチュアとなって出来上がる。私は隔世的に優良な遺伝子を受け継いだことを確信した、と同時に直接的にも影響を受け、フォトモのパーツをバラバラに分解し平面にレイアウトした版下原稿を『散歩の達人』編集部に持ち込んだ。この連載原稿は全てフィルムからのプリントを手作業で精密に切り貼りしている。今はすべての作業がパソコンに置き換わり、文字通り「失われた技術」になった。この作品の一部は14年に東京都写真美術館に収蔵され、17年のコレクション展に出品された。この時同じ出品者の写真家山本糾氏は、私の作品に対し驚きをもって「キチガイだ」と評してくれた。思えば私は写真というものの外部に出ることで、写真そのものの根本を捉え直そうとしていたのである。


***************************


2017/04/21 fri - 05/20 sat 

Opening Reception   04.21fri 18:00 Start (Free)

エモン・フォトギャラリー

 東京都港区南麻布5-11-12





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-04-15 18:27 | 受賞作家関連

篠山紀信氏 展覧会「LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

アツコバルーにて、篠山紀信氏の展覧会が開催されます。


LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN

b0187229_18131696.jpg


以下リンクより

想像を超えた美の存在に遭遇したとき、僕は近未来の迷宮にいるような不安を感じる。この心の動揺こそが僕に写真を撮らせているようだ。

篠山紀信


本物そっくり、というのは実際気持ち悪いものだ。剥製にも似ている。人だけど人じゃない、生きてるみたいだけど死んでいる。騙されそうになる自分の目を疑い、我々は半ば魅了され半ば嫌悪する。その上、写真はニセモノを本物に見せ、本物をニセモノに見せてしまう。写真の真実は現実と違うところにあるから。篠山紀信は新鮮に驚き、おののき、心を震わせながらその神秘を追いかけてやまない。我々は彼のレンズを通してとんでもない旅に駆り出される。戸惑いから魅了、エロチシズムから嫌悪、ロマンスからロボット、生命から無生命、とジェットコースターに乗せられて理性では太刀打ちできない宇宙空間を突き進んでいく。

2017年3月 アツコ・バルー


***************************
2017.04.29 Sat - 05.14 Sun
Tue - Sat 14:00 - 21:00
Sun & Mon 11:00 - 18:00
※会期中無休
※祝日の営業時間も上記に準ずる
※本展には、性的な表現が含まれておりますので、予めご了承の上ご来場ください

一般 ¥800 学生/障がい者 ¥600






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-04-15 18:15 | 受賞作家関連

宇井眞紀子氏 イベント「アイヌ民族との出会い、そして全国に暮らす人々のもとへ」


東川賞受賞作家 イベントのお知らせ。

ベルブホールにて、宇井眞紀子氏のスライド&トークイベントが開催されます。


「アイヌ民族との出会い、そして全国に暮らす人々のもとへ」

b0187229_17510526.jpg



以下リンクより

アイヌ民族との出会い、そして全国に暮らす人々のもとへ

--
日時:2017年4月29日(土)18:45~21:10(18:30開場)
--
スライドショーとお話:
宇井眞紀子さん(写真家) https://www.makikoui.com/

お話(宇井眞紀子さんと対談):
上村英明さん(恵泉女学園大学教授) https://www.keisen.ac.jp/about/teacher/uemura-hideaki.html
--
会場:ベルブホール(多摩市立永山公民館/ベルブ永山5F)
--
参加費:500円
--

写真家の宇井眞紀子さんは、私たちのすぐ隣に暮らしているアイヌの人たちを、長年にわたり取材してきました。もっとも、東京にアイヌの人たちが少なからず暮らしていることは、あまり知られていません。アイヌの人たちが近代の日本で経験してきた歴史や、彼らがいま、どのような日常を過ごしているのかとなれば、知らない人がもっと多いと思います。

アイヌのような先住民族は、近代国家や資本主義という、いま私たちが無自覚に前提としている世の中のあり方を根底から捉えなおすような、そんな歴史を生きてきた存在です。たとえば、環境問題が深刻になっている世の中にあって、自然から与えられたものを尊重して生きるアイヌの文化は、いっそう重要になってくるでしょう。

世界で排外主義や民族差別的な動きが高まっています。これは遠い世界の話ではありません。日本でも差別や排除が行なわれてきましたし、昨今のヘイトスピーチのように身近な他者を排除する動きにたいして、私たちはしっかりと向き合わねばなりません。

アイヌの人たちと長年にわたって接してきた宇井眞紀子さんのスライドショー、先住民族の問題を研究者として、また市民運動の立場からもその活動を支えてきた上村英明さん(恵泉女学園大学教授)との対談を通して、こうしたテーマについて一緒に考えてみましょう。





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-04-15 17:52 | 受賞作家関連

展覧会「The 9th Gelatin Silver Session 2017」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

AXIS Galleryにて開催される展覧会「The 9th Gelatin Silver Session 2017」に、石内都氏、今道子氏、鈴木理策氏、百々俊二氏、中藤毅彦氏、広川泰士氏が出展いたします。


The 9th Gelatin Silver Session 2017

b0187229_17440944.jpg


以下リンクより

私たちは、フイルムで撮影することを楽しんでいます。そしてこれからの世代の為にも、表現の手段の一つであるフイルムという選択肢が残ってゆくことを願います。

今回のテーマは「ポートレイト」。写真家48名が撮り下ろした作品を展示します。

今年から新たに、池田裕一氏(第2回 GSS Photo Award グランプリ)、石内都氏、小瀧達郎氏、百々武氏、山内悠氏が参加します。

また海外からJock Sturges氏が参加します。


東日本大震災復興支援チャリティオークション
展示作品とは別に、サイレントオークションも同時開催。収益の全額を「3.11甲状腺がん子ども基金」(http://www.311kikin.org)へ寄付いたします。


GSS PHOTO AWARD
フイルムや印画紙にこだわった新しい作家と出会いたいという思いで2013年からスタートいたしましたフォトアワードを今年度も開催します。グランプリの選出に関しては4︎月29日(土・祝)公開審査を行います。
審査員:吉野弘章(東京工芸大学教授)、平間 至(写真家)、姫野希美(赤々舎)、藤井 保(写真家)
詳細はこちら http://gss-film.com/award/2017


Jock Sturges TALK EVENT
4月30日(日)14:00〜会場内にて開催。※予約不要


Jock Sturges Portfolio Review
5月3日(水)14:00〜会場内にてジョック・スタージス氏による対面式ポートフォリオレビューを開催。
ジョック・スタージス氏と話をできるのはレビュワーのみですが、オープンの場となるので、まわりでの聴講は可能です。
1コマ 30分前後 ※通訳あり
参加料 5,000円 ※当日精算
レビュー参加ご希望の方は下記アドレスまで、参加希望の旨とお名前、ご連絡先を明記の上お送りください。
予約メールアドレス info@gss-film.com
※先着順となります。申込み人数がいっぱいとなり次第受付を終了いたします。


Photo BAR
会期中土曜の19時から会場にて、写真家を交えたBARを開催します。詳細はTwitterFacebookで告知いたします。



******************************

2017年04月21日(金)-2017年05月07日(日)

11:00〜19:00
 ※最終日は18時までとなります
 ※会期中無休

会場: AXIS Gallery

 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F

入場料:300円 ※学生無料




[PR]
by higashikawa_blog | 2017-04-15 17:47 | 受賞作家関連

須田一政氏 電子書籍「Early Works 1970-1975」



東川賞受賞作家 電子書籍発売のお知らせ。

PLEXUSより、須田一政氏の電子書籍が発売されました。


Early Works 1970-1975

b0187229_13594899.png
©Issei Suda


以下リンクより

プレクサス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大島利浩)と株式会社ユーフォニック(本社:東京都新宿 区、代表取締役:岩島民和)は、この度、写真家須田一政の初期写真集「Early Works 1970-1975」を電子書籍版として2017年04月07日、リリースいたします。
「カメラ毎日」の山岸章二氏主催の「ALBUM」に掲載された『天城峠』をはじめ、須田一政の代表作『風姿花伝』と同時期に写された『残菊ブルース』『蝉しぐれ』など、1970年から1975年にかけての初期作品が収録されています。

写真家 須田一政の原点『Early Works 1970 – 1975』
“とにかく写真だけを撮っていたいという気持ちだけでここまで来たのだ。”

「カメラ毎日」の山岸章二氏主催の「ALBUM」に掲載された『天城峠』をはじめ、須田一政の代表作『風姿花伝』と同時期に写された『残菊ブルース』『蝉しぐれ』など、1970年から1975年にかけての初期作品集。2013年にAkio Nagasawa Publishingから刊行されるにあたり、改めてネガからプリントを行った作品を収録。


  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 80760 KB
  • 紙の本の長さ: 260 ページ
  • 価格:¥4,320






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-04-08 14:03 | 受賞作家関連

篠山紀信氏 展覧会「写真力 THE PEOPLE by KISHIN」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ふくやま美術館にて、篠山紀信氏の展覧会が開催中です。


写真力 THE PEOPLE by KISHIN

b0187229_13503877.jpg
©Kishin Shinoyama


以下リンクより

写真家・篠山紀信(1940-)は、1950年代後半からその活動をスタートさせ、現在に至るまで、時代のトップを走り続けています。本展はその篠山の強調する「写真力」をあらためて世に問う大規模な個展であります。
写真生活50年を迎えた2011年は篠山にとって大きな転換期となりました。東日本大震災を撮影した写真集「ATOKATA」と、篠山の原点となった1960年代の作品をまとめた「THE SIXTIES by KISHIN」という2冊の重要な写真集が刊行され、第2の原点ともいうべき重要なタイミングとなったのです。

2012年、熊本市現代美術館での開催を皮切りに全国巡回を開始した本展は、写真展の常識を塗り替える破格のスケールが話題となりました。過去50年間に撮影してきたジョン・レノンとオノ・ヨーコ、山口百恵らの有名人のポートレートをダイナミックにひきのばすなど、「GOD」(鬼籍に入られた人々)、「STAR」(すべての人々に知られる有名人)、「SPECTACLE」(私たちを異次元に連れ出す夢の世界)、「BODY」(裸の肉体)、「ACCIDENTS」(東日本大震災で被災された人々の肖像)の5つのセクションに分けて紹介しています。

圧倒的な迫力をもつ本展は、「日本が歩んできた時代を、日本人の自信、すごさを共有したい」という篠山紀信のメッセージを体感できるまたとない機会となるでしょう。


***********************************

会 期:2017年4月8日(土)~6月11日(日)

休 館 日:月曜日 *5月1日(月)は開館

開館時間:午前9時30分~午後5時
※ただし6月2日(金)、3(土)、9(金)、10(土)は午後7時まで

観 覧 料:一般1,000円(800円) 高校生以下無料 *( )内は前売りまたは20名以上の団体料金
※前売り券は、ふくやま美術館ミュージアムショップ、JR福山駅観光案内所などで2017年4月7日(金)まで販売。
※前売り券販売所は、ふくやま美術館ホームページまたはふくやま美術館にお問い合わせください。





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-04-08 13:52 | 受賞作家関連

鈴木理策氏 展覧会「SAKURA」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

la kaguにて、鈴木理策氏の展覧会が開催中です。



SAKURA

b0187229_11485080.jpg


以下リンクより

美しい色彩感覚で、静と動の境界を見事に切り取る写真家・鈴木理策の新作『SAKURA』の出版に合わせたエキシビションを、4月1日(土)からラカグ2Fのsokoスペースにて開催します。

鈴木氏のライフワークとも言える人気シリーズ「桜」の最新作。同edition.nordからリリースされた『White』同様、こだわり抜かれたプリントや造本も魅力のひとつです。今回はその過程を垣間見るかのようなドキュメンタリー風にエキシビションを仕立ててみました。

オリジナルプリントと共に、その世界観を存分にお楽しみください。



*********************************

日程:2017年4月1日(土)~4月13日(木)
時間:11:00~20:30
場所:la kagu 2F soko

 162-0805 東京都新宿区矢来町67番地





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-04-02 11:50 | 受賞作家関連

福島菊次郎氏 展覧会「WILL:意志、遺言、そして未来」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

KYOTOGRAPHIE 2017にて、福島菊次郎氏の展覧会が開催されます。



b0187229_14472413.jpg
©Kikujiro Fukushima


以下リンクより

福島菊次郎は1921年山口県下松市に生まれた。戦後、広島における原爆被災者たちの困窮生活を知り、写真に記録することを決意。10年間にわたる取材をまとめた写真集『ピカドン ある原爆被災者の記録』(1961年東京中日新聞)は日本写真批評家協会特別賞を受賞した。これを機にプロとして活動を開始した彼は、三里塚闘争、ベトナム反戦運動、全共闘、自衛隊、公害、福祉、環境問題、若者の風俗等々、戦後の日本がかかえる様々な問題に取り組み、『中央公論』、『文藝春秋』、『朝日ジャーナル』などの雑誌で発表した写真は、約3300点におよぶ。1988年以降は癌を患いながらも、自作による約400点の写真パネルを制作し、「戦争責任展」等、問題を提起する写真展を開始、700カ所以上で開催した。2011年の福島第一原子力発電所事故発生に際しては、病をおして取材活動を再開するも、2015年9月24日脳梗塞のため激動の人生に幕を下ろした。
本展は本人が生前に自作し、取材コメントなどを付したベニヤ製パネルを中心に構成される。堀川御池ギャラリーでは、平和ミュージアムでの大規模展示へと連なるダイジェスト版として、約30点を展示予定であり、 反骨の写真家・福島菊次郎を追悼し、その活動を振り返る。ドキュメンタリー映画『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳』(2012年)も同時期に上映予定。



KYOTOGRAPHIE 2017

第5回 「LOVE」

世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。国内外の重要作家の貴重な写真作品や写真コレクションを、趣きのある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展示する本写真祭も、回を重ねるごとに好評を博し第4回までに約25万0000人の方にご来場いただき、2017年に第5回目を開催する運びとなりました。

2017年のテーマはです。人類はさまざまな形の愛のもと多様性を維持し、社会を形成しながら、子孫繁栄といういわば種の保存のための戦略をとり、自然界に存在しています。私たちが「愛」と呼ぶ感覚や概念は、宗教観、歴史、地域性、生活環境など、個々のバックグラウンドによりそれぞれ異なります。その差異や軋轢が、時に愛を憎悪へと反転させ、時に無関心という愛の大きな欠如となり、殺人、戦争、社会的弱者へのいわれのない暴力など、現代社会が抱える深刻な事態へと発展しさえします。
だからこそ私たち人類は、愛がいかに偉大で必要不可欠ものであるかを知り、いわば本能的に多種多様な愛を求めて止みません。


***********************************
KYOTOGRAPHIE 2017


4a 堀川御池ギャラリー 2階

〒604-0052京都市中京区押油小路町238-1
地下鉄東西線「二条城前」駅 2番出口より徒歩3分

OPEN:11:00-19:00
CLOSED:月曜

¥400




[PR]
by higashikawa_blog | 2017-04-01 14:49 | 受賞作家関連

荒木経惟氏 展覧会「机上の愛」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

KYOTOGRAPHIE 2017にて、荒木経惟氏の展覧会が開催されます。



b0187229_14413127.jpg
©Nobuyoshi Araki


以下リンクより

現代日本において、もっとも精力的に“愛”と向き合ってきた写真家といえる荒木経惟。度々世間を騒がせた過激なヌードや緊縛ものの作品群を含め、荒木作品の素地には死への意識があり、それが強烈な生や愛を浮かび上がらせている。昨年パリで発表された「机上の楽園」を改題し日本初公開する本展は、6×7のポジフィルムで「即物的に、気に入ったものをポンと置いて」机の上のみで撮影された極彩色の静物写真が、禅寺にて展示される。


KYOTOGRAPHIE 2017

第5回 「LOVE」

世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。国内外の重要作家の貴重な写真作品や写真コレクションを、趣きのある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展示する本写真祭も、回を重ねるごとに好評を博し第4回までに約25万0000人の方にご来場いただき、2017年に第5回目を開催する運びとなりました。

2017年のテーマはです。人類はさまざまな形の愛のもと多様性を維持し、社会を形成しながら、子孫繁栄といういわば種の保存のための戦略をとり、自然界に存在しています。私たちが「愛」と呼ぶ感覚や概念は、宗教観、歴史、地域性、生活環境など、個々のバックグラウンドによりそれぞれ異なります。その差異や軋轢が、時に愛を憎悪へと反転させ、時に無関心という愛の大きな欠如となり、殺人、戦争、社会的弱者へのいわれのない暴力など、現代社会が抱える深刻な事態へと発展しさえします。
だからこそ私たち人類は、愛がいかに偉大で必要不可欠ものであるかを知り、いわば本能的に多種多様な愛を求めて止みません。


***********************************
KYOTOGRAPHIE 2017

両足院(建仁寺内)

〒605-0811 京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町591
京阪「祇園四条」駅 3番出口から徒歩7分
阪急「河原町」駅 1番出口から徒歩10分

OPEN:10:00-17:00
CLOSED:水曜(5/3以外)、4/20、5/8

¥800 / 学生 ¥600





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-04-01 14:45 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30