東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:フォトフレンド( 357 )

鈴木のぞみさん 展覧会「中之条ビエンナーレ2017 プレビュー展」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

西武渋谷店 B館8階 オルタナティブスペースにて、鈴木のぞみさんの展覧会が始まりました。


中之条ビエンナーレ2017 プレビュー展

b0187229_09405130.jpg



以下リンクより

中之条ビエンナーレは2007年に始まり、2017年で第6回目となる芸術祭です。
温泉街や木造校舎など町内各所で国内外から集まったアーティストによるアート展示、演劇、身体表現などのパフォーマンス、ワークショップ、マルシェなどを開催いたします。
西武渋谷店ではそのプレイベントとして、中之条ビエンナーレ2017出品作家の中から2名をセレクトしてご紹介いたします。


*************************
展覧会期|2017年8月19日(土)-27日(日)
開館時間|10:00-21:00(23日、日・祝休日は20:00まで)
会  場|西武渋谷店 B館8階 オルタナティブスペース(https://www.sogo-seibu.jp/shibuya/access/






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-08-19 09:43 | フォトフレンド

石川竜一さん TV放送のお知らせ


フォトふれ TV放送のお知らせ。

ハートネットTVにて、石川竜一さんを特集した番組が放送されます。


フィルターの先に 写真家・石川竜一


b0187229_14280381.png


以下リンクより

2年前、写真界の芥川賞と呼ばれる木村伊兵衛写真賞を受賞した石川竜一(32歳)。
彼が写す沖縄の風景と人が織りなす強烈な世界は衝撃的です。
沖縄宜野湾市のアパートにディレクターが一か月通い、密着撮影。
これまであまり知られてこなかった素顔の石川竜一に迫ります。
ある時、竜一は妻ちほに「俺は石川竜一というフィルターなんだ」とつぶやきました。彼は色のついたメガネや決まりきった「枠」で物事を見ません。彼は世界のありのままを写します。竜一が写してきた人々は本当に多様です。女装に生き甲斐を感じるドラァグクイーン、手をつないで歩く刺青の夫婦。孤独だった竜一は、人々を撮らせてもらうことで自分という存在が受け入れられ、世界とつながるとことができたといいます。
そして今回、竜一は新作シリーズの撮影を始めます。それは意外なものでした。
写真家石川竜一のフィルターの先にあるものを見つめます。


****************************
2017年8月16日(水曜)
再放送
2017年8月23日(水曜)





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-08-09 14:29 | フォトフレンド

フォトふれ7日目!

おはようございます!
フォトふれ生活も7日目になりました!
今回のブログは、ほったんとふみやとまながお送りします!

今日は展示作業が山場を迎えました。

昨日に引き続き、くぎ跡をひとつずつ埋めていきます。
展示空間が少しでもよくなるように、コツコツとがんばっています!
b0187229_10392963.jpg
b0187229_10395697.jpg

作品の説明パネルもつくっています!
b0187229_10400259.jpg
b0187229_10401367.jpg


受賞作家の先生方も続々到着し、一緒に会場をつくりあげていきます!
作品を見る先生方の真剣な眼差しに、フォトふれも気が引き締まります。
b0187229_10402589.jpg
b0187229_10394073.jpg

作業の合間には、展示本番にフォトふれメンバーを紹介するボードを作成!
b0187229_10394542.jpg
b0187229_10395187.jpg

そして、一人一人の写真撮影〜
自分の写真がうまく撮れているかチェック!
b0187229_10400821.jpg

明日で展示作業はお・わ・り
最後まで一生懸命頑張ります☆
皆さんの来館をお待ちしてます。

P.S. フォトふれブログはこんな感じで毎日お届けしています↓
b0187229_10404057.jpg
b0187229_10401992.jpg


[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-28 10:58 | フォトフレンド

フォトふれ6日目!!!

こんにちは!フォトふれ6日目!ブログ担当のみおとシロです。
今日も引き続き展示レイアウト作業から始まりました。
岡田さんとアンナさんもいらっしゃり、着々と準備がすすんでおります!

アンナさんは丸い写真やショウケース(?)のような展示形式など、
普段あまり見慣れないものにスタッフは挑戦していました。

b0187229_10562597.jpg

岡田さんは昨日に引き続き、一緒に作り上げて行きました。
細かい微調整や、映像作品の展示など、完成に向けて進めていきます。

b0187229_10571060.jpg

小関さんの部屋も、ライティング、微調整とどんどん完成に近づいていっています。

b0187229_10581373.jpg
b0187229_10582382.jpg

そして同時に展示に必要なこまごまとしたものの準備も進行中。
本や作品リストなどを乗せる白い台(通称:豆腐)のペンキ塗りをしました!

b0187229_10590918.jpg

そして作業が夜まで続くなか、なんとステキなパンの差し入れを頂きました!!!
おいしかったです!

b0187229_10595786.jpg

まだまだ作業は続きますが、明日も頑張ります!

b0187229_11003156.jpg
(あやかは未だラーメン食べられず)


[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-27 11:02 | フォトフレンド

フォトふれ5日め!

こんにちは!フォトふれ5日めです!

ブログ担当のツ・カーサ&ジャン・デゥービです

今日はいよいよ展示レイアウト作業が始まりました。

※展示風景は当日までのお楽しみ!

b0187229_22393916.jpg

b0187229_22430812.jpg
ディレクターの楠本さんと一緒に相談しながら写真を配置していきます。

b0187229_22385975.jpg

なにか一点を真剣に見つめていますね。




そして午後からは受賞作家の岡田敦さんがいらっしゃいました!

b0187229_22392994.jpg
b0187229_22463986.jpg

現場も少しピリッとした緊張感に包まれます。




こちらでは額装作業が進んでいます。

b0187229_22392106.jpg

b0187229_22391260.jpg

パネル、切ってますね~!









b0187229_22395863.jpg

明日も

b0187229_22400645.jpg


がんばりまーす!




[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-25 22:54 | フォトフレンド

マットカット作業、スタート!


2日目の今日は、マットのカット本番!
カットする為に、まずは作品の画像サイズの採寸をします。

b0187229_09473622.jpg
b0187229_09493114.jpg


露出が飛んでる部分を測るのがとても難しい…!

マットカットをするメンバーは、本番前最後の練習に力が入ります

b0187229_09501253.jpg

そこで、遅れてきたフォトふれが到着!

b0187229_09512848.jpg
これでフォトふれ全員が揃いました!

昼前には作業が一段落しました。


b0187229_09520843.jpg
b0187229_09522663.jpg

ご飯の前に、カットする位置を示す線の計算方法をレクチャー!

b0187229_09525434.jpg

b0187229_09530980.jpg

やっとお昼!今日のお昼はとっても健康的!


b0187229_09533311.jpg
b0187229_09534979.jpg

午後は昼前に計算したものをマットに書き込む作業と、マットカット本番スタート!

b0187229_09542333.jpg
b0187229_09544839.jpg

みんな真剣なまなざし…!
実際に展示されるものなので気が引き締まります!

そして、作業が終わり
待ちに待ったBBQの時間!みなさんと乾杯してスタート!

b0187229_09552781.jpg

北海道の海の幸や野菜など、たくさんのものを地元の方から頂きました。
ごちそうさまでした!

b0187229_09560542.jpg
b0187229_09563820.jpg
b0187229_09565555.jpg
b0187229_09570922.jpg
b0187229_09562104.jpg





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-23 10:17 | フォトフレンド

第33回東川賞受賞作家展 今年もフォトふれが集まりました!!


いよいよフォトふれがスタートしました!

今年は、全国から総勢15名のフォトふれが集結しました!

まずは、町長からの挨拶。

フォトふれ達の指揮が高まりました。

b0187229_10351920.jpg


その後は、お待ちかねの昼食タイム。

ワッカで中華丼を頂きました。

b0187229_10354894.jpg

午後からは、パーテーションで会場作り。

大きな壁をみんなのチームワークで手際よく運べました。

b0187229_10361212.jpg

その後は、マット作りと本橋成一さんの作品の状態確認。

本物のプリントを目の前に、フォトふれ達の目つきも真剣に


b0187229_10363818.jpg
b0187229_10370475.jpg

明日から、より一層気を使う作業が増えますが、この貴重な経験を自分達のものに出来る様、がんばります。

明日からも、フォトふれブログをよろしくお願いします!!




[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-22 10:44 | フォトフレンド

展覧会「dix vol.02」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

QUIET NOISEにて開催中の展覧会「dix vol.02」に、山元 彩香さんと鈴木 敦子さんが出展しております。

dix vol.02

b0187229_18182892.jpg


以下リンクより

QUIET NOISEとflotsam booksの企画による「dix」(ディス)はflotsam booksのポップアップショップ、そして10人の作家によるグループショーとなっております。

第2回となる今回はtwelvebooksも参加し、7/26(水)からはSALE本の販売となり、7/17(月.祝)にはflotsam books店主の小林、twelvebooks代表の濱中、QUIET NOISEのスタッフであり恵比寿の本屋POST勤務の錦の3人による「本」についてのトークショーも開催いたします。

そして今回10人の作家に与えられたテーマは「2」、他では絶対に見る事のできない厳選された新進気鋭のメンバー達による渾身の作品をお楽しみ下さい。



*****************************

2017.07.12 - 2017.07.31

  • OPEN: 11:00〜20:00(火曜定休/closed on Tuesday)



[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-15 18:20 | フォトフレンド

クロダミサトさん 展覧会「クロダミサトヌード写真展」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

神保町画廊にて、クロダミサトさんの展覧会が開催されます。


クロダミサトヌード写真展

b0187229_18121175.png
©Misato Kuroda


****************************
2017年 7月21日~30日
開廊時間:13時~19時 会期中無休
神保町画廊
 東京都千代田区神田神保町1-41-7安野ビル





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-15 18:14 | フォトフレンド

吉田志穂さん 展覧会「砂の下の鯨」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

hpgrp GALLERY TOKYOにて、吉田志穂さんの展覧会が開催されます。


砂の下の鯨

b0187229_14052801.png


以下リンクより

hpgrp GALLERY TOKYOより、吉田志穂個展「砂の下の鯨」の開催をご案内申し上げます。
web上に転がる多くのイメージの中から撮影地を選び、実際に現地へ赴き撮影を行います。そこで撮った写真を、撮影地にまつわるニュース映像や様々な媒体の画像と合わせて複写し、アナログ加工を取り入れてプリントします。
一つの場所の情報を多面的に集め、それらを幾重にも積み重ねて作られるイメージの構築方法は、「風景を切り取る」という今までの写真概念を大きく逸脱し、まるで構成のための一つの道具として写真を用いることで、新しい風景を立ち上がらせます。
それは幼い頃からパソコンや携帯の画面の奥に広がるイメージを見続けてきた吉田が、もっともリアルに感じ得る身近な風景なのかもしれません。
この機会にぜひご高覧いただきますようお願い申し上げます。


アーティストコメント
何度も撮影した事のある、生まれ育った土地にある海岸の航空写真を見ていると、良く知っているはずの場所に見慣れない何かで囲われた場所を見つけた。
調べると、知らない間に鯨が座礁し、それを骨格標本にするために一時的にその囲いの中に埋められているらしいことが分かった。
私がその鯨の存在を知ったのは鯨が埋められてから2年半ほど経ったあとだった。
勝手知ったる場所の知らなかった事件に興味を惹かれ、その場所に行ってみる事にした。
鯨の埋められている場所にはとても綺麗な砂紋ができていた。
画像でしか鯨を見たことがない。検索画像の鯨は腹部の模様が強調されているものが大半 を占めている。砂紋は鯨の皮膚の模様のように思え、今立っている場所の下に3メートルを超える生き物が 埋まっているという情報が実感に変わっていった。生まれ育ち、知り尽くし見飽きたと言っていいほどの場所が、知らない間に起きたひとつの事実により全く知らない場所に変化していく。
砂の下の鯨はどんな姿でそこに在るのか、それを写真にしてみたいと思う。


****************************
2017.07.14 ( fri ) -.07.29 ( sat )
営業時間 12時 ~ 20時
月曜・毎月最終日曜閉廊
hpgrp GALLERY TOKYO
 〒107-0062 東京都港区南青山5丁目7−17 青山小原ビル小原流会館





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-11 14:09 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31