東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:フォトフレンド( 331 )

石川竜一さん 展覧会「okinawan portraits 2012-2016」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

三菱地所アルティアムにて、石川竜一さんの展覧会が開催されます。


okinawan portraits 2012-2016

b0187229_18575454.jpg

©Ryuichi Ishikawa


以下リンクより

三菱地所アルティアムでは、沖縄出身で現在もっとも注目を集める気鋭の写真家、石川竜一の個展を開催します。
本展では、新作《okinawan portraits 2012-2016》を全国に先駆けて公開するほか、2015年に木村伊兵衛写真賞を受賞した代表作の《okinawan portraits 2010-2012》、《絶景のポリフォニー》も合わせて展示いたします。《okinawan portraits》シリーズの続編となる《okinawan portraits 2012-2016》では、人物、風景、建物など、身のまわりのものすべてをポートレート的な視点で撮影しています。被写体により多くを委ね、社会のなかの個人が写しとられたポートレート数十点で構成されます。

代表作の《okinawan portraits2010-2012》は、2010年から3年間、沖縄の各地(那覇/宜野湾/浦添/うるま/読谷村/北谷町/宮古島/南城/国頭村/豊見城)で撮影されました。森山大道に「一瞬、オレは石川竜一に嫉妬した」といわしめたこれらの写真は沖縄の島をバイクで駆け巡り、出会った人に声をかけて撮影したものです。本作は石川の生まれ育った沖縄を舞台に、観光では決して見ることのできない風景や人々の暮らしが切り取られています。ストリートで出会うひとりひとりと向き合い、いま目の前にいる人と状況を目を通して受け入れようとするポートレートは、観る者に強烈な印象を与えるでしょう。 これまで沖縄は、基地問題や民族的な歴史など、数多くの写真家の被写体となってきました。
石川による「沖縄」の写真は、そうした政治的な問題や地域性を写し込んでもいますが、あくまでもそれは石川の生活圏内に「見えた」景色であり、風景の一部として写し取られています。そうした日常に寄り添ったリアリティは「沖縄」という固有性を超えて、私たちに社会と人々の在り方、地方都市に生きる若者たちのフラストレーションや背景にある大きな問題について普遍的に問いかけてきます。

また代表作のひとつ《絶景のポリフォニー》は、2009〜2014年にかけて沖縄で撮影された人物像と風景のイメージから成る写真シリーズです。写真集のステートメントで石川は「今そこにあるものを、できる限り受け入れること。『研ぎすます』や『無駄を削ぎ落とす』ということは技術的なことではなく、自分の経験や培ってきた概念をできる限り捨て、今この時と向き合うことだ。」と語ります。沖縄の土地を舞台に、写真を媒介にして自身とひたすらに対峙し続ける石川の真骨頂とも言える作品群です。
本展ではこれらの代表作に加え、2012〜2016年に沖縄で撮影した注目の新作《okinawan portraits2012-2016》を初公開いたします。作品が集うこの機会に、多くの皆様にご覧頂ければ幸いです。


*****************************
2016年9月3日(土) − 9月25日(日)
10:00 - 20:00
会期中休館日なし
観覧料:【一般】400(300)円【学生】300(200)円
*( )内は前売、チケットぴあ、10名以上の団体料金/高校生以下、障がい者とその介護者1名、アルティアムカード会員、三菱地所グループCARD(イムズカード)会員は無料

三菱地所アルティアム
   810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F

リンク:http://artium.jp/exhibition/2016/16-05-ishikawa/








[PR]
by higashikawa_blog | 2016-08-20 19:00 | フォトフレンド

三保谷将史さん 展覧会「※写真はイメージです」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ZAZIE hairにて、三保谷将史さんの展覧会が開催されます。


※写真はイメージです

b0187229_1825128.jpg

         ©Masashi Mihotani


以下リンクより

今年はじめにiTohenグループ展で発表した後も継続中のカラーフォトグラムを展示します。内容物を示すイメージとして消費される写真が、印画紙によって全く別のものに変換されることを通して感じる様々なことも表わせればと思っています。普段カメラで撮っている写真とも強く通じるところがあるので、その近作も本にして一緒に展示する予定です!


******************************
2016年8月30日(火) - 9月11日(日) ※9/5(月)は休みです。
平日11:00-20:00 土日10:00-19:00
ZAZIE hair
   大阪府大阪市北区本庄西1丁目12−25
リンク:http://www.zaziehair.com/gallery.html









[PR]
by higashikawa_blog | 2016-08-20 18:06 | フォトフレンド

片岡奈緒さん 展覧会「ひと」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

デザインフェスタギャラリーにて 今年のフォトふれ 片岡奈緒さんが展覧会を開催中です。


ひと

b0187229_14284497.jpg


©Nao Kataoka


以下リンクより

「その人と出会って、その人の事を描きたいと思った。
その人の撮った写真をまねしたり、その人の目線になったつもりで描く。」
(キャプションより抜粋)

「その人」とは、恐らく特定の男性のことを
作家は指し示しているのだろう。

しかし「その人」に関するデータを持っていない鑑賞者は、
絵画からその人を想像する。
作家とは真逆のプロセスを辿ることになる。
つまり、目の前にいるのは概念的な意味での男性である。

美術手帖(2016年4月号)でも特集記事が組まれていました。
メンズヌード、しかし日常的に目にする機会は少ない。

そんな比較対象を十分に持ちえていない状態で接する、
メンズヌードは大変新鮮。

さて、本展示の見どころはなんといっても100号の油絵である。
(冒頭でご紹介した写真)

都会の喧騒とほどよく絞られた肉体。
存在感十分、太く、黒い眉毛。

言葉のイメージだけで申し上げるならば、
「男」ではなく「男性」という言葉が適切だと考える。

会場には同大学の野中早智さんから寄せられた寄稿文が添えられていた。

その文中にあった言葉「生々しい」という単語が、
片岡さんの作品を見るにあたり、キーとして機能しそうだなと思った。

ようはこの「生々しい」という単語から、
鑑賞者がどんな映像を思い浮かべるか?

生命体は死ぬと動かなくなる。
絵画も写真も静止した1カットで構成されたものだとしたら、
動かない、死んでいるように見える。

ネガティブな意図ではない、
素直に描かれているからこそ、死んでいる(ように)見える。

動画の中から無作為に抽出された1カットだけを見ると、
違和感がうまれたりする。
それはとある動作中、瞬間にしか見る事ができない像を、
引き延ばし、永遠にすることから生まれる違和感。
しかし確かにあった、過去の出来事。
極端な話、ここにあるのは、描かれた結果でしかない。

装飾を削がれた、衣類を脱ぎ捨てた男性。
純粋にひとを見ようとさせる、片岡さんの作品。

私たちは人の何を注視しているのか。
肉体か、表層か、想像上の内面か、性器か。
そこから私たちは何を見出すのか。


「ポジティブな出来事」というものは存在せず、
誰かがそれをポジティブだと見なした、だけ。
またその行為自体には善意も悪意も存在せず、
誰かがそれを善意や悪意と見なす、だけ。

という言葉を添えてやっと、
「死んでいる(ように)見える」と記述する勇気が持てた。
そんな対外を意識する自身の行為を、私は滑稽と見なしているが、
それさえも、ひとらしいのだ、と作品を前にして一人で納得した。

是非、ひとを、素直に、ご覧あれ。


*******************************
会期:2016.8.8 - 2016.8.11
時間:11:00 - 20:00
会場:デザインフェスタギャラリー WEST : ART POCKET
   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-18
リンク:http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2016/08/blog-post_8.html










[PR]
by higashikawa_blog | 2016-08-09 14:32 | フォトフレンド

晴天から嵐へ…どうなるフォトフェスタ最終日!!!

b0187229_14182795.jpg
フォトフェスタ2日目、
フォトふれとしての活動も今日で最後になります。

そんな中、最後のブログを務めますのは

なんと本日誕生日を迎えました!!!ひなと、冬生まれのあゆみです。
b0187229_00371828.jpg
お祝いに、ZASSOUブーケを渡してみた。(その後お祝いしました☆)


* * * * * * * * * * *


7/30、7/31の2日間、ギャラリーの前の道は、歩行者天国になっており、地元の方がいろいろな出店をされていました。

b0187229_13501390.jpg
おこづかいを確認し、何を買おうか迷っている お2人。
b0187229_13505187.jpg
ゆふちゃんはスマートボール!!!!

b0187229_14202386.jpg
メロン味の源水かき氷おいしそうです〜〜〜〜



一方 フォトふれたちは…

赤レンガ倉庫での公開ポートフォリオ オーディション組(えびちゃん・なおさん)と
b0187229_01462410.jpg
インディペンデンス組に分かれて、
b0187229_14175204.jpg
お仕事しておりました。



インディペンデンス組は、司令塔じんさんを中心に
b0187229_15102565.jpg
講評をスムーズに進めるために、みんなものっすごく真剣…
b0187229_14222122.jpg
なにかをみつめる ゆりぬ〜る
b0187229_14453826.jpg
のの監督もご満悦
b0187229_01392718.jpg
しゅうじさん眠そう〜起きて〜〜


午後は受賞作家さんのフォーラム!
b0187229_01122187.jpg
時間をみてる ビデオ係 ピース またよ◯さんじゃないけど、ピースというあだ名なゆうくん
b0187229_01142398.jpg
もうすぐマジック・テープでググると 渡辺と予想されてしまうんじゃないかと 今ノリにノッチャッタ 渡辺。


インディ組の仕事同様トークショーを円滑に進めるために
それぞれ分担された役割を果たします。


しかし…天候悪化!どっっっしゃぶりに・・・
b0187229_23211539.jpg
長時間の停電などのトラブルもありましたが、なんとか無事にフォーラムを終了しました。

b0187229_23241961.jpg
そのあと、赤レンガポートフォリオオーディションのグランプリが発表されました。
グランプリは・・・正岡絵里子さんでした!!!おめでとうございます!


すべての企画が終了し、その後フォトフェスタの関係者の方々たちが集まり『さよならパーティ』◎
b0187229_00043675.jpg
みんな ごはんとビールに夢中です。おいし〜〜
b0187229_23520330.jpg
カリッ!


さらに さらに その後、ゲスト&フォトふれで『写真夜会』!
フォトふれたちは、自分たちのポートフォリオを持ち寄って、作家さんや関係者の方に見ていただきました。
b0187229_23244190.jpg
イタリア語が炸裂する なおさん◎

連日ハードなスケジュールにも関わらず、フォトふれたちの作品にアドバイスして頂きました・・・。


ある方が言って下さったのですが・・・
『期間中、よく働いたフォトふれに感謝しているから、何かやってあげたい。』と…


暖かい方々に囲まれてフォトフェスタに参加できたこと

フォトふれ一同 大感謝です!!



最後になりますが、すべての関係者の方々、そして写真の町・東川のみなさまへの感謝の気持ちを込めて、このブログを締めくくりたいと思います。


ありがとうございました!!!!




[PR]
by higashikawa_blog | 2016-08-01 01:41 | フォトフレンド

東川町フォト・フェスティバル2016開幕!!


いよいよ始まりましたフォトフェス!

b0187229_2321031.jpg


開幕一日目のレポートは、飛彈野数右衛門賞を受賞された池本さんと同じく鳥取出身の松尾(19)と、
フォトふれOBの永井さんとは全く関係ない別の永井(22)の二人でお送りします。

さてさて、、、

授賞式はこんな感じでサクッともろもろの授与があって
b0187229_2331184.jpg

集合写真がコチラ↓
b0187229_234213.jpg

授賞式の後は文化ギャラリーに移動してテープカットです
b0187229_2353259.jpg


毎年おなじ流れだろうから、ここまではさっくりお送りしています。ご了承くださいませ。
受賞作家などの詳細はコチラをご覧いただけたらと…

ちなみに池本さんの胸元に見える赤いカメラバッグは、娘さんからいただいたものらしく、つけないと怒られるらしいです。

午後3時にようやく開場した展示会場
b0187229_2385174.jpg

b0187229_2391794.jpg

1週間かけて準備した会場に人がたくさん入ってくれたこと、
自分の展示かのように嬉しかったです。

その後は受賞者の方々と一緒に東川のおいしい食べ物を食べながら談笑し合いました。
b0187229_2402959.jpg

鹿肉の迫力!
b0187229_2411475.jpg

受賞者の方々が登壇して挨拶をする際、
なんとマイケルさんはすべて日本語で話してくださいました。
締めには石原ゆうじろうの歌を歌うという、おちゃめなマイケルさんです。

そういえばオープニングの太鼓の演奏もかっこよかったですよね。
永井は結構感動しちゃって、「太鼓の町」かと錯覚しました。

まあ、そんなこんなでフォトフェスは進行していきました◎
b0187229_2454297.jpg

他にもたくさんブースがあるんです、フォトフェス!
今回は二つの会場でのイベントをピックアップ。

「赤レンガ倉庫」
b0187229_2465622.jpg

赤レンガ倉庫では、公開ポートフォリオオーディションが行われています。
受賞者には賞品として東川米が贈呈されるとか。

東川に来て米が美味しく食べまくってる永井としては、米が欲しい。
まあ、エントリーしてないけどな。

続いて「フォトふれNEXT PROJECT」
b0187229_2474029.jpg

簡単に言うとフォトふれOBOGの写真展。
今年は写真↑のフォトふれOBOGの皆さまが参加されました。

このように石川さんもノリノリです。
b0187229_2485425.jpg

ちなみに石川さんは、スケボー姿がかっこいいです。(松尾)

今回東川まで来ることのできなかったOBOGの作品は、夜にプロジェクターに投影して鑑賞しました。
b0187229_2545872.jpg


そんな感じで開幕したフォトフェス。
明日も楽しみやな~◎
b0187229_2562384.jpg

[PR]
by higashikawa_blog | 2016-07-30 21:00 | フォトフレンド

フォトふれ7日目☆ネガティブ担当のつぶやき☆



はじめまして、7日目文章担当はすいくんとネガティブ担当兼任のほっちーです。
フォトふれもそろそろ終盤、天気はあいにくの雨。
b0187229_20301903.jpg
<雨はじぶんのせいだと言い張るほっちー>

作業は、いよいよ当日に向けての最終段階にはいりました。

b0187229_20482043.jpg
b0187229_20500892.jpg
b0187229_20532078.jpg

今のところな何事も無く順調に作業は進んでいます。珍しいです、僕がいるのに…
b0187229_20174393.jpg
b0187229_20405427.jpg
b0187229_20430319.jpg
同じ写真で集う仲間同士、写真について夜通し語り合ったのでしょうか?

すこし、お疲れなメンバーもいますが、わずかではありますが個性と元気にあふれるフォトふれメンバーをご覧下さい。
b0187229_20563438.jpg
突然、眼鏡拭きサービスをはじめる、わたなべ君
b0187229_20510084.jpg
正座で写真集を読んでます。姿勢いい!
b0187229_20555540.jpg

b0187229_21010394.jpg

b0187229_20553502.jpg

b0187229_20564922.jpg
b0187229_21134467.jpg
お疲れ様です...

実は、謝らなければならない事があります。
作業に集中しすぎて僕、ほっちーは今日の写真を撮るの忘れちゃいました☆ミ
一つの事に集中すると他の事ができない不器用な僕でごめんなさい。
でも、しっかり作業してます、頑張ってます!!偉いでしょ?


では、また東川町国際写真フェスティバルでお会いしましょう。
来てくださいね。
絶対ですよ??

僕以外にも個性のあるスタッフもいますので。


さて、どいさんの俳句がそろそろ出来上がるそうなので、明日頃でしょうか?
楽しみですね(満面の笑み)







[PR]
by higashikawa_blog | 2016-07-28 21:26 | フォトフレンド

4日目 (ホームステイ編)


4日目担当します!ののとひなです!

昨日の夜は東川の東町、西町 に住んでいらっしゃるご家族の方々の家にホームステイさせていただきました!


まずは私ひながご訪問させて頂いた松崎家の様子から!

b0187229_19524527.jpg



b0187229_20273820.jpg



夕飯はなんと魚介類バーベキュー!
ホタテ、エビ、松崎さんのお家で採れたお野菜やなんと毛蟹まで!!
お隣に住んでいらっしゃる松崎しげる似のお父様も一緒に楽しく食べました!!

b0187229_20352733.jpg


お父さまからの有り難ーいお話も聞きつつ、

b0187229_20373999.jpg


この夜お姉さんの心を掴んだと言われる海兵隊(※あだ名)もご満悦の様子


続いてののが訪問させていただいた米田家の様子です!!

b0187229_2012735.jpg

b0187229_2033585.jpg


お父さんが育てている盆栽はとても立派です
空いた時間にはいろいろな話を聞かせてくれました!

b0187229_2061913.jpg


夜ご飯は自分で盛りつける式海鮮丼!!
北海道の海の幸、すごく美味しかったです!!

『 北海道の食べ物がどこよりも美味しいさ〜 』 と話してくれたお母さん。
自分の住む街を誇りに思えるって素敵だなあと、ほっこりしました。

b0187229_2063840.jpg


夜ご飯の後は温泉に連れて行っていただき、帰ってくると大きいスイカが登場!!
とっても甘くてこれまた美味しかったです!!

b0187229_207115.jpg


初めてお邪魔したお家とは思えない程、リラックスできた米田家。
まるでおばあちゃんちに来ているかのような気持ちになりました。
『 またいつでもおいでね 』 と温かい言葉もいただいて、
米田家のみなさんありがとうございました!


b0187229_20194850.jpg

(お父さんの育てた朝顔!素敵なお庭でした!)

b0187229_20211928.jpg

(米田家の看板娘。ビーグルのかつらちゃん!耳かき中です笑)


さて、さて、今日も作業は続きます!

作品をマットに固定し、額装に入れる作業の繰り返しです!
作品を傷つけないように、ホコリが入らないように、慎重に慎重に、、

b0187229_2042514.jpg


b0187229_20423392.jpg


マットをカットしてくれたのは
その名も 『 マットカッターズ!!!!!!!!! 』 (そのまま)

リーダー(?)のピース君は、失敗のスランプを乗り越えご満悦のようです 笑

b0187229_20434681.jpg


休憩時間は差し入れのあんこ入り笹餅(手作り)を食べて

b0187229_2044442.jpg


お昼ご飯はみんなでなかよく歩いてここりんへ向かい

b0187229_20442548.jpg


b0187229_2044475.jpg


出逢って数日とは思えない程の仲の良さでびっくりしています

午後からは、作業台を片付けて
作品の設営作業に移りました!

b0187229_2045332.jpg


b0187229_20451398.jpg



それでも準備はまだまだ序盤!!

当日に向けて明日も作業がんばりますっ!!!

b0187229_2114386.jpg


ところで土居ちゃん、自作の俳句はいつ披露してくれるのでしょうか?!

皆さん、乞うご期待!!!!
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-07-25 21:24 | フォトフレンド

横山大介さん 展覧会「ひとりでできない」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

大阪ニコンサロンにて、横山大介さんの展覧会が開催されます。


ひとりでできない

b0187229_9532394.jpg
















©Daisuke Yokoyama

以下リンクより

吃音者である作者は、自分の意思とは関係なく寸断されてしまうことの多い会話でのコミュニケーションに違和感を持っている。吃音によって発しようとした言葉が行き場をなくし自分の中へ帰っていくとき、作者は他者との間に深い断絶を感じる。

カメラを挟んで視線を交わしお互いを受け容れ認識するという写真の行為は、作者にとって、言葉を交換する会話でのコミュニケーションの不十分さを補う大切なコミュニケーションツールになっている。それは、「他者とコミュニケーションする」という大きな興奮や喜びを作者に与えてくれる。同時に、他者に触れられそうで触れられない、わかり合えそうでわかり合えないもどかしさも感じさせてくれる。

会話をすることも、他者の写真を撮ることも、当然だが、ひとりでできないことである。
カラー約25点。


作者のプロフィール
横山 大介(ヨコヤマ ダイスケ)
1982年兵庫県生まれ。2005年同志社大学文学部文化学科文化史学専攻卒業。
写真展(個展)に、13年「交換」(MIO PHOTO OSAKA ミオフォトアワード・プライム)(ミオホール/大阪)、14年「ひとりでできない」(C.A.P STUDIO Y3/兵庫)がある。
グループ展に、12年「冬の引き出し」(Port Gallery T/大阪)、13年「豊島 MEETING ART in 片山邸」(香川県土庄町指定文化財・片山邸/香川)、15年「フォトふれ NEXT PROJECT EXHIBITION 2015」(杉山美容室隣/北海道・東川町)がある。
13年「MIO PHOTO OSAKA」 公開ポートフォリオ・レビュー選考(選考:島敦彦)。



ギャラリートーク開催のお知らせ

作者の横山大介氏と服部滋樹(graf 代表/クリエイティブ・ディレクター)氏のトークショーを写真展会場にて開催いたします。
ぜひご参加下さい。

日時:7月31日(日)15:00~16:00
出席:横山大介 × 服部滋樹(graf 代表/クリエイティブ・ディレクター)
会場:大阪ニコンサロン
※入場無料・予約不要です。当日は直接会場にお越し下さい。



**************************
会期:2016年 7/28 (木) ~8/3 (水)会期中無休
時間:10:30~18:30(最終日は15:00まで)
会場:大阪ニコンサロン
   〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階
リンク:http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2016/07_osaka.html#05









[PR]
by higashikawa_blog | 2016-07-18 09:56 | フォトフレンド

東愛実さん 展覧会「a3 project / season 2016」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

VOICE GALLERYにて開催される展覧会「a3 project / season 2016」に、東愛実さんが参加いたします。


a3 project / season 2016


以下リンクより

オンラインショップVOICE GALLERY a3 &常設展示のメンバーa3 projectによる展覧会。
2016年6月~2017年6月のseason2016 には、関西だけでなく、各地から、22作家と1グループが参加しています。本展では、それぞれ、常設作品よりも大きな作品を展示いたしますので、各作家をより知っていただく良い機会かと思います。ご高覧いただけましたら幸いです。
ヴォイスギャラリーは7月に開廊30年を迎えます。作品制作や発表において、個々に異なる条件や環境で制作している本展作家たちは、「芸術によって/芸術とともに生き延びる」という当ギャラリーの方針を象徴するような存在です。作家から与えられたさまざまな課題や喜びは30年間の宝ですが、何よりも、作家と当ギャラリーを支えてくださいました皆様方には、あらためまして、心より厚く感謝申し上げます。美術について、芸術と社会や人類との関係について、いまだ答えに辿り着けませんが、もうしばらくは<世界>と格闘したいと思っています。これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


アーティスト
AMPあらためJackalope studio(fujise daiki藤瀬大喜/shin kanako進佳那子/yakabe seiko矢ケ部セイコ)
asano ayaka 浅野綾花
ashitaka hiromi 足高寛美
azuma manami 東 愛実
fukunaga akiko 福永晶子
ito chihiro 伊東ちひろ
kashiwagi etsuko 柏木悦子
kita minoru キタミノル
kobata kimiko 小畑公未子
kondo chiaki 近藤千晶
matsuo ryuhei 松尾竜平
minato mari 湊 茉利
nakamichi yukiko 中道由貴子
nakamura atsushi 中村 敦
nishimura hayato 西村勇人
ogawa shun-ichi 小川しゅん一
ohtomo kazuyo 大友一世
sakamoto yuko 坂本優子
seno yumeko 妹尾夢子
shintaku tomoni 新宅睦仁
sugo nozomu 須郷 希
tateyama ayana タテヤマアヤナ
yokoi yuko 横井裕子



*******************************
会期:2016年07月19日(火)~30日(土)
時間:11~19時 (最終日17時まで)
休廊:7月24日(日)・25日(月)休廊
会場:VOICE GALLERY
   京都市下京区筋屋町147-1
リンク:http://www.voicegallery.org/exhibition_event.php








[PR]
by higashikawa_blog | 2016-07-18 09:44 | フォトフレンド

フジモリメグミさん 展覧会「RIGHT」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

PARK GALLERYにて開催中の展覧会「RIGHT」に、フジモリメグミさんが参加しております。


PARK exhibition #02「RIGHT」

b0187229_16405965.jpg




































以下リンクより

東京・末広町にリニューアルオープンした PARK GALLERY は、様々なジャンルの個性やアイデアが集まる「場」です。アートやカルチャーという枠にとらわれず、町、くらしの延長にある「公園」のように、それぞれ、ひとりひとりの表現と向き合い、広く発信していきます。

6月25日のリニューアルオープンからの約1ヶ月間は、PARK GALLERY がいままでの1年間でお世話になったアーティスト・作家たちのグループエキシビジョンを前編・後編と分けて発信していきます。今回はその後編です。

この企画に参加してくれるみんなと過ごした時間や、話したことや感じたことを一言で表現してみて、それを展示の名前にしようと思い、すぐに「ライト」ということばが浮かんできました。

right , light , write , lite と、いろいろな意味を持つ「ライト」という言葉によって、ひとりひとりの「ライト」の意味が、それぞれの形で光りだす展示になると思いました。そして、その様子を「RIGHT」という単語に託しました。

PARK の「いままで」と「これから」がわかる、あいさつのようなグループによる展示です。はじめましてのひとも、いままでのPARK を知ってるひともぜひそれぞれの個性豊かな作家たちの「ライト」を想像しに、足を運んでみてください。


Artist
アオキユウタ 
akira muracco 
石井 嗣也
いでたつひろ
イトウナツキ 
大澤 悠大 
toi design
フジモリメグミ
なかおみちお 


********************************
2016年7月13日(水)- 7月31日(日)
@ PARK GALLERY(千代田区外神田3-5-20)
営業時間:13:00 - 20:00 / 入場無料
定休日:月・火曜(祝日は営業)
リンク:http://park-tokyo.com/post/146934552771/right








[PR]
by higashikawa_blog | 2016-07-14 16:43 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30