東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:東川町( 187 )

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展です。

宮竹眞澄心のふる里人形展

b0187229_13485989.jpg



















渋谷正己山岳写真展

b0187229_13491759.jpg



















加藤征治写真展「市井の人々」

b0187229_13493496.jpg


















*****************************************
会期:2016.5.28(土)-6.9(木)
時間:10:00~17:30(無休)
※ただし、展示最終日は15:00まで
会場:東川町文化ギャラリー
    〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
リンク:http://photo-town.jp/index.html
料金:町内100 円、町外200 円


【次回展】
2016.6.11(土)-30(木)
・第29回日本写真家連盟写真展「四季の彩り」
・第5回公募作品展

※展示内容は変更となる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-30 13:50 | 東川町

東川町文化ギャラリーで開催の写真展のお知らせ

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展です。

・第32回北海道新聞報道写真展
b0187229_227111.jpg
















・福川有仁写真展 「Le Cycle」
b0187229_2272662.jpg
















・幼児センタープレスクール写真展
「ぼくのわたしの 幼児センターの大好きコレクション」
b0187229_2274150.jpg

















会期:5月14日(土)-26日(木)
10:00~17:30(無休)
※ただし、展示最終日は15:00まで
会場:東川町文化ギャラリー
    〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
    http://photo-town.jp/index.html
料金:町内100 円、町外200 円

【次回展】
2016.5.28(土)-6.9(木)
・宮竹眞澄心のふる里人形展
・渋谷正己山岳写真展
・加藤征治写真展「市井の人々」

※展示内容は変更となる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-05-16 22:10 | 東川町

ラトビア国際写真サマースクール 最終審査日程変更のお知らせ

※最終審査日程変更のお知らせ※

ラトビア国際写真サマースクールの一次審査を通過した際の最終審査の日程が、当初は5/12(木)(予定)となっておりましたが、10(火)に変更となりました。
一次審査に通過した際には日程と詳細を通過者の方に連絡いたしますが、要項とは日程が変更となりましたので
お知らせいたします。
(2016.4.18写真の町実行委員会事務局 吉里)



下記、ラトビア国際写真サマースクール詳細です。

********************************************

ラトビア国際写真サマースクール派遣オーディション参加者募集

「写真の町・ひがしかわ」ならではの企画として、写真アーティストの才能発掘と写真文化の高揚を目的に、ISSP※が主催により、ラトビアで開催される国際写真サマースクールへの参加者1名を公募します。
応募方法は、20点以上の作品で構成されるポートフォリオ(テーマは自由)による一次審査を行い、そこで選考された2~5名による最終審査により、参加者1名を決定いたします。
選考された方は、本町からの推薦によるサマースクールに参加できるほか、ワークショップ開催期間中における、ワークショップ費用(食費、宿泊費、渡航費用等)を本町が負担いたします。
2016年8月6日~14日に開催が予定されており、6つのクラスの中から選択することができますので、この機会に、ぜひご応募ください

※ISSPとは、ラトビアと諸外国の写真家のための教育、ネットワーク基盤として、若い写真家に質の高い特別な教育の機会を与え、国境を越えた写真芸術に関する意見交換を推奨しています。2006年の創設以来、毎年国際写真サマースクールを開催し、数多くの展覧会開催および出版を行っています。またラトビア国内外における写真教育・交流プロジェクトを開始し、25か国以上から集まった活気ある若い写真家グループによるメンバーで運営されています。

■講師(ワークショップ内容は現在ISSPにより調整中)
◆Anouk Kruithof アヌク・クルイトホッフ
◆Paolo Woods パオロ・ウッズ
◆Federico Clavarino フェデリコ・クラヴァリノ
◆Jason Evans ジェーソン・エバンス
◆Alejandro Chaskielberg アレハンドロ・チャスキエルベルグ
◆Taiyo Onorato タイヨ・オノラト
ワークショップ内容等は決まり次第ISSPのホームページでアップされます。
詳しくは下記をご確認ください。http://www.issp.lv/en/summer-school/2015/news

■募集締切 2016年4月22日(金)必着 
■一次審査 4月下旬に東京で行い、最終審査にエントリーされる2~5名を決定。一次審査終了後、東川町から参加者全員に結果を連絡いたします。
■最終審査 5月10日(火)に開催予定で、審査員2名による面接方式での最終審査を行います。
■主催 東川町
■協賛 堀内カラー
■審査員
菊田樹子(キュレーター)/上野 修(写真評論家)
■応募資格
 ・40歳未満の方。
・英語での理解および自己紹介ができる方。
・年齢、国籍、プロ、アマを問いませんが、申込日現在、日本に住所を有している方。(レビューは日本語となります。)
・現在テーマをもって撮影されている方、または、これからテーマをもって撮影しようと思っている方。
・最終審査に参加できる方。
・審査の結果、選ばれた場合に写真ワークショップに参加できる方。
・主催並びに協力関係者は応募できません。
■応募にあたって
・所定の申込用紙及び作品を以下の応募先に
お送りください。
・参加費は無料ですが、審査にかかる交通費、滞在費及び作品の製作費(プリント含む)、輸送費等本企画に係る諸経費は参加者により負担となります。
■申込用紙・作品について
・所定の申込用紙に必要事項を明記ください。
・応募作品については、(原則A4サイズ以上全紙サイズ程度まで)を郵送で20点前後、申込用紙と併せて送付してください。形式は問いません(ブック形式か、ファイルされた形式が好ましい)。
・また、審査作品について、点数制限はありません。
■応募作品は宅急便の着払い(本人払)にて後日返却いたします。宛先不明等により主催者に返送されてしまった作品については、2016年6月末日までにご連絡いただけない場合、主催者が廃棄いたします。また、応募作品の返却が不要の方は、応募申込時に「返却不要」をご指定ください。この場合は、主催者が応募作品を廃棄いたします。
■過去に各種コンテストなどで入賞あるいは入選したことのない、オリジナル作品に限ります。また、現在他のコンテストなどに応募し、まだ結果が判明していない作品は応募できません。
■著作権、肖像権などを侵害する作品は応募でき
ません。万一、第三者と紛争が生じた場合は、応募者ご自身の責任と費用負担によって解決していただきます。
■参加費  無料
■一次審査 4月下旬、東京で開催し、2~5名を選考。
■最終審査 5月10日(火)に開催予定で、一時審査で選考された方が2名の審査員による最終審査を受けます。
■最終選考の結果、選ばれた1名の方は、本町からの推薦によりサマースクールに参加できるほか、ワークショップ開催期間中における、ワークショップ参加費、食費、宿泊費、渡航費用(居住地の最寄の空港からラトビアまで)を本町が負担いたします。また、派遣後には東川町にレポートを提出していただくほか、2017年の東川町国際写真フェスティバルにおいて、作品の展示を行っていただきます。
■ラトビアへの派遣の詳細については、最終審査終了後、詳しく説明を行います。

チラシDL:http://photo-town.jp/pdf/Latvia-summerschool2016.pdf

申込用紙DL:http://photo-town.jp/pdf/Latvia-summerschool-application2016.pdf



〈お申込み・お問い合わせ先〉
東川町写真の町実行委員会事務局
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
東川町写真の町課写真の町推進室/写真の町東川町文化ギャラリー(担当:吉里)
TEL:0166‐82‐2111(内線593)
FAX:0166‐82‐4704
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-04-19 11:27 | 東川町

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展のお知らせ

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展です。

JCIIフォトサロンコレクション展
「よみがえる幕末・明治~写真で楽しむ ときの流れ~」


b0187229_12515876.jpg

b0187229_12521126.jpg

b0187229_12522358.jpg















































今回の展示では、JCIIフォトサロンコレクションより、最後の将軍徳川慶喜により派遣された遣米使節団、遣欧使節団、オランダ留学生などが現地で撮影された「LAST SAMURAI」の写真を中心に内田九一、スティルフリード撮影の作品なども含めた北海道の写真を展示いたします。

開催にあわせ、4月17(日)10:00よりオープニングセレモニーを開催いたします。
セレモニーには、一般財団法人日本カメラ財団の谷野常務理事が来町しテープカットを行いますので、その後の作品鑑賞・学芸員によるトークを含めご観覧いただければ幸いに存じます。

【JCIIフォトサロンコレクション展
「よみがえる幕末・明治~写真で楽しむ ときの流れ~」】
会期:4月17(日)~5月12日(木)
10:00~17:30(無休)
※ただし、展示最終日は15:00まで
会場:東川町文化ギャラリー
    〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
    http://photo-town.jp/index.html
料金:町内100 円、町外200 円

【オープニングセレモニー】
開催日時:4月17日(日)10:00~
開催場所:東川町文化ギャラリー
*セレモニー後、東川町文化ギャラリー学芸員による古写真トークを行います。

【関連イベント】
●ギャラリートーク
5月3日(火)13 : 00~
講 師:井桜直美(日本カメラ博物館 研究員)

●ワークショップ「ピンホールカメラを作って撮影しよう!」
5月4日(水)10 : 00~
講 師:山本一夫(日本カメラ博物館 学芸員)
*ワークショップは先着10名様、小学生以上

イベント盛りだくさんの展示となっておりますので、
みなさまで是非ご来館ください!


【次回展】
2016.5.14(土)―26(木)
・第32回北海道報道写真展
・福川有仁写真展
・東川幼児センタープレスクール写真展

※展示内容は変更となる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-04-17 12:53 | 東川町

JCIIフォトサロンコレクション展 「よみがえる幕末・明治~写真で楽しむ ときの流れ~」開催のお知らせ


東川町文化ギャラリーでは、ゴールデンウィーク企画展として、
下記写真展を開催します。

JCIIフォトサロンコレクション展
「よみがえる幕末・明治~写真で楽しむ ときの流れ~」


b0187229_18473965.jpg

b0187229_18475585.jpg



































































今回の展示では、JCIIフォトサロンコレクションより、
最後の将軍徳川慶喜により派遣された遣米使節団、遣欧使節団、オランダ留学生などが
現地で撮影された「LAST SAMURAI」の写真を中心に内田九一、スティルフリード撮影の
作品なども含めた北海道の写真を展示いたします。

開催にあわせ、4月17(日)10:00よりオープニングセレモニーを開催いたします。
セレモニーには、一般財団法人日本カメラ財団の谷野常務理事が来町しテープカットを行いますので、
その後の作品鑑賞・学芸員によるトークを含めご観覧いただければ幸いに存じます。

【JCIIフォトサロンコレクション展
「よみがえる幕末・明治~写真で楽しむ ときの流れ~」】
会期:4月17(日)~5月12日(木)
10:00~17:30(無休)
※ただし、展示最終日は15:00まで
会場:東川町文化ギャラリー
    〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
    http://photo-town.jp/index.html
料金:町内100 円、町外200 円

【オープニングセレモニー】
開催日時:4月17日(日)10:00~
開催場所:東川町文化ギャラリー
*セレモニー後、東川町文化ギャラリー学芸員による古写真トークを行います。

【関連イベント】
●ギャラリートーク
5月3日(火)13 : 00~
講 師:井桜直美(日本カメラ博物館 研究員)
●ワークショップ「ピンホールカメラを作って撮影しよう!」
5月4日(水)10 : 00~
講 師:山本一夫(日本カメラ博物館 学芸員)
*ワークショップは先着10名様、小学生以上

みなさまのご来館お待ちしております!
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-04-11 18:48 | 東川町

東川町文化ギャラリー展示情報

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展です。


第11回公募撮ライ!ひがしかわ大写真展応募作品展

b0187229_1858723.jpg

b0187229_18581985.jpg































町内一般の部・町内子どもの部・町外一般の部・町外子どもの部の4部門に応募し、入賞した作品を始め、応募全作品を展示。



第11回日韓写真交流の集い
第4回 日韓中 高校生フォトコンテスト作品展

b0187229_18585327.jpg





















****************************
会期:2016.4.2(土)-15(金)
時間:10:00~17:30 会期中無休
料金:町内100 円、町外200 円
会場:北海道<写真の町>東川町文化ギャラリー
   〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
ホームページ:http://photo-town.jp/index.html


次回展
4/17(日)-5/12(木)
・JCIIフォトサロンコレクション展
「よみがえる幕末・明治
~写真で楽しむ ときの流れ~」
【関連イベントのお知らせ】
●オープニングセレモニー
4/17(日)10:00~ ゲスト:谷野啓(一般財団法人日本カメラ財団 常務理事)
オープニングイベントトーク:東川町文化ギャラリー学芸員による古写真トーク
●ギャラリートーク
5月3日(火)13 : 00~ 講 師:井桜直美(日本カメラ博物館 研究員)
●ワークショップ「ピンホールカメラを作って撮影しよう!」
5月4日(水)10 : 00~ 講 師:山本一夫(日本カメラ博物館 学芸員)
※ワークショップ参加については近日中に告知します。
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-04-02 19:00 | 東川町

ラトビア国際写真サマースクール派遣オーディション参加者募集

ラトビア国際写真サマースクール派遣オーディション参加者募集

「写真の町・ひがしかわ」ならではの企画として、写真アーティストの才能発掘と写真文化の高揚を目的に、ISSP※が主催により、ラトビアで開催される国際写真サマースクールへの参加者1名を公募します。
応募方法は、20点以上の作品で構成されるポートフォリオ(テーマは自由)による一次審査を行い、そこで選考された2~5名による最終審査により、参加者1名を決定いたします。
選考された方は、本町からの推薦によるサマースクールに参加できるほか、ワークショップ開催期間中における、ワークショップ費用(食費、宿泊費、渡航費用等)を本町が負担いたします。
2016年8月6日~14日に開催が予定されており、6つのクラスの中から選択することができますので、この機会に、ぜひご応募ください

※ISSPとは、ラトビアと諸外国の写真家のための教育、ネットワーク基盤として、若い写真家に質の高い特別な教育の機会を与え、国境を越えた写真芸術に関する意見交換を推奨しています。2006年の創設以来、毎年国際写真サマースクールを開催し、数多くの展覧会開催および出版を行っています。またラトビア国内外における写真教育・交流プロジェクトを開始し、25か国以上から集まった活気ある若い写真家グループによるメンバーで運営されています。

■講師(ワークショップ内容は現在ISSPにより調整中)
◆Anouk Kruithof アヌク・クルイトホッフ
◆Paolo Woods パオロ・ウッズ
◆Federico Clavarino フェデリコ・クラヴァリノ
◆Jason Evans ジェーソン・エバンス
◆Alejandro Chaskielberg アレハンドロ・チャスキエルベルグ
◆Taiyo Onorato タイヨ・オノラト
ワークショップ内容等は決まり次第ISSPのホームページでアップされます。
詳しくは下記をご確認ください。http://www.issp.lv/en/summer-school/2015/news

■募集締切 2016年4月22日(金)必着 
■一次審査 4月下旬に東京で行い、最終審査にエントリーされる2~5名を決定。一次審査終了後、東川町から参加者全員に結果を連絡いたします。
■最終審査 5月10日(火)に開催予定で、審査員2名による面接方式での最終審査を行います。
■主催 東川町
■協賛 堀内カラー
■審査員
菊田樹子(キュレーター)/上野 修(写真評論家)
■応募資格
 ・40歳未満の方。
・英語での理解および自己紹介ができる方。
・年齢、国籍、プロ、アマを問いませんが、申込日現在、日本に住所を有している方。(レビューは日本語となります。)
・現在テーマをもって撮影されている方、または、これからテーマをもって撮影しようと思っている方。
・最終審査に参加できる方。
・審査の結果、選ばれた場合に写真ワークショップに参加できる方。
・主催並びに協力関係者は応募できません。
■応募にあたって
・所定の申込用紙及び作品を以下の応募先に
お送りください。
・参加費は無料ですが、審査にかかる交通費、滞在費及び作品の製作費(プリント含む)、輸送費等本企画に係る諸経費は参加者により負担となります。
■申込用紙・作品について
・所定の申込用紙に必要事項を明記ください。
・応募作品については、(原則A4サイズ以上全紙サイズ程度まで)を郵送で20点前後、申込用紙と併せて送付してください。形式は問いません(ブック形式か、ファイルされた形式が好ましい)。
・また、審査作品について、点数制限はありません。
■応募作品は宅急便の着払い(本人払)にて後日返却いたします。宛先不明等により主催者に返送されてしまった作品については、2016年6月末日までにご連絡いただけない場合、主催者が廃棄いたします。また、応募作品の返却が不要の方は、応募申込時に「返却不要」をご指定ください。この場合は、主催者が応募作品を廃棄いたします。
■過去に各種コンテストなどで入賞あるいは入選したことのない、オリジナル作品に限ります。また、現在他のコンテストなどに応募し、まだ結果が判明していない作品は応募できません。
■著作権、肖像権などを侵害する作品は応募でき
ません。万一、第三者と紛争が生じた場合は、応募者ご自身の責任と費用負担によって解決していただきます。
■参加費  無料
■一次審査 4月下旬、東京で開催し、2~5名を選考。
■最終審査 5月10日(火)に開催予定で、一時審査で選考された方が2名の審査員による最終審査を受けます。
■最終選考の結果、選ばれた1名の方は、本町からの推薦によりサマースクールに参加できるほか、ワークショップ開催期間中における、ワークショップ参加費、食費、宿泊費、渡航費用(居住地の最寄の空港からラトビアまで)を本町が負担いたします。また、派遣後には東川町にレポートを提出していただくほか、2017年の東川町国際写真フェスティバルにおいて、作品の展示を行っていただきます。
■ラトビアへの派遣の詳細については、最終審査終了後、詳しく説明を行います。

チラシDL:http://photo-town.jp/pdf/Latvia-summerschool2016.pdf

申込用紙DL:http://photo-town.jp/pdf/Latvia-summerschool-application2016.pdf



〈お申込み・お問い合わせ先〉
東川町写真の町実行委員会事務局
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
東川町写真の町課写真の町推進室/写真の町東川町文化ギャラリー(担当:吉里)
TEL:0166‐82‐2111(内線593)
FAX:0166‐82‐4704
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-03-17 13:00 | 東川町

東川町文化ギャラリー展示情報



東川町文化ギャラリーで開催中の写真展です。

『日本の写真史を飾った写真家の「私の一枚」』
―フジフイルム・フォトコレクションより―

b0187229_1149459.jpg

b0187229_11495686.jpg

b0187229_1150571.jpg




















































































写真感光材料の生産から始まり、日本における「写真」を永く支えてきた富士フイルム株式会社は、2014年1月、創立80周年を記念して「フジフイルム・フォトコレクション」を立ち上げました。
収集された写真作品は、幕末明治から現在に至る、日本の写真史を彩る写真家の「この一枚」を選りすぐった、日本の銀塩写真の粋を示すものです。
高い技術と感性で国内外において高い評価を受けた101人の写真家たちの作品を展示し、多くの写真家によって築き上げられた日本の写真史の軌跡と共に、これからの写真界の可能性をご覧いただくことができます。
また、写真文化首都「写真の町」東川町の歩みを支えていただいている、写真の町東川賞歴代受賞作家・写真の町東川賞審査委員・写真甲子園の審査委員の皆様の作品が多数コレクションとして収集され、本展で展示されます。



****************************
会期:2016.3.11(金)-30(水)
時間:10:00~17:30 会期中無休
料金:町内100 円、町外200 円
会場:北海道<写真の町>東川町文化ギャラリー
   〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
ホームページ:http://photo-town.jp/index.html


次回展
4/2(土)-15(金)
・ひがしかわ大写真展応募作品展
・日韓中 高校生フォトコンテスト作品展
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-03-11 11:52 | 東川町

「東川スタイル写真展」開催のご案内

==「東川スタイル写真展」開催のご案内==

休業日は「平日のどこか」、ランチしか営業しないお店、
子どもがふつうにいる職場――。
ライフスタイルに合わせた無理のない働き方、
徹底した仕事の質へのこだわり、丁寧な暮らし方が共感を呼び、
全国的な注目を集める人口8000人のまち、北海道・東川町。

人口減少時代を迎え、少なくない地方自治体が消滅の危機といわれるなか、
定住者が過去20年で約14%増加しています。

書籍『東川スタイル―人口8000人のまちが共創する未来の価値基準(スタンダード)』(玉村雅敏氏・小島敏明/編著、産学社)
刊行記念として開催される本写真展では、多様な人びとが影響し合い、共創し合いながら、
「東川らしさ」を追求するライフスタイルと、その背景にある長年にわたる まちづくりの取り組みを紹介。
これからの「まち・ひと・しごと」のヒントを探ります。

また、大雪山の天然水で育まれた、豊かな食のまちとしても知られる東川の特産品の販売も行います。
この機会にぜひ足をお運びください。

◆◇「東川スタイル写真展」開催概要◆◇

会期:2016年3月5日(土)〜3月10日(木)
   10:00〜19:00 ※最終日のみ18:00まで
会場:紀伊國屋書店 札幌本店 2Fギャラリー 
   札幌市中央区北5条西5丁目7 sapporo55
入場無料


◆◇『東川スタイル』刊行記念トーク◆◇
出演者:
松岡市郎氏(写真文化首都「写真の町」東川町長)
小島敏明氏(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授)

日時:2016年3月6日(日)13:00〜14:30
会場:紀伊國屋書店 札幌本店 1Fインナーガーデン 

主催:株式会社産学社
共催:写真文化首都「写真の町」東川町
お問い合わせ:
写真展に関して:東川町 写真の町課 Tel:0166-82-2111(内線593)
書籍・出版記念イベントに関して:株式会社産学社 「東川スタイル」担当
Te:03-6272-9313 e-mail:info@sangakusha.jp

●産学社ホームページ
http://sangakusha.jp/ISBN978-4-7825-3432-8.html
●Amazon予約ページ
http://www.amazon.co.jp/dp/4782534329/
●「東川スタイル」facebookページ
https://www.facebook.com/東川スタイル-1566947196961668/?fref=ts

b0187229_11565513.jpg

[PR]
by higashikawa_blog | 2016-03-05 09:39 | 東川町

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展



東川町文化ギャラリーで開催中の写真展です。


林明輝写真展

「空飛ぶ写真機」

b0187229_1622833.jpg
















本邦初、ドローンで撮影された最先端の絶景写真。
各地で取材許可をとりながら、年間で200日以上を費やし、全国100ヶ所に及ぶ取材を敢行。
これまでの有名スポットとともに、新たな撮影地を含め、すべてが新しく心に響く渾身の写真展。



「自然首都~福島県只見町の四季」

b0187229_16225673.jpg

b0187229_16231144.jpg































2014年6月にユネスコ・エコパークに登録された福島県只見町。
この町の四季を、90年代から15年の歳月をかけ150000カット以上の写真を撮影。特別に許可を得て、ドローンやモーターパラグライダーでの空撮も盛り込んだ。
福島県知事も絶賛。


林 明輝(りん めいき)
日本の自然風景を再発見、再認識するという観点から、2013年よりドローンによる撮影を開始。年間で200日以上を費やし、100ヶ所に及ぶ取材を敢行。列島各地の市町村、観光協会と連携し、写真や動画の提供も行っている。2014年5月、石川県白山で発見された「氷雪の壺」の空撮映像を共同ニュースから配信。ほかに「サンデーモーニング」「ひるおび」「日本の絶景・名峰探訪」などの番組に作品が紹介される。2014年、ユネスコエコパークに登録された「綾の照葉樹林」の空撮写真を、雑誌「BE-PAL」で発表。日本写真家協会会員、日本自然科学写真協会理事。


b0187229_1624592.jpg




































****************************
会期:2016.2.16(火)-3.9(水)
時間:10:00~17:30 会期中無休
料金:町内100 円、町外200 円
会場:北海道<写真の町>東川町文化ギャラリー
   〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
ホームページ:http://photo-town.jp/index.html


次回展
2016.3.11(金)-30(水)
『日本の写真史を飾った写真家の「私の一枚」』
―フジフイルム・フォトコレクションより―
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-02-17 16:25 | 東川町
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31