東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:その他お知らせ( 57 )

赤レンガ公開ポートフォリオオーディション2015 グランプリ受賞者写真展


第31回 東川町国際写真フェスティバル
赤レンガ公開ポートフォリオオーディション2015
グランプリ受賞者写真展

メタ佐藤「光景・色景」を開催いたします。

b0187229_1794070.jpg























この度、東京・京橋にある写真センターTOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHYにて、第31回 東川町国際写真フェスティバル 赤レンガ公開ポートフォリオオーディション2015のグランプリ受賞者 メタ佐藤氏による展示「光景・色景」を開催いたします。

開催日程: 2015.12.9[Wed]-12.20[Sun]
開催場所:TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY  72Gallery
       東京都中央区京橋 3-6-6 エクスアートビル1F
開館時間:12:00~19:00 /最終日は17:00まで
休 館: 月・火 ※入場無料


<レセプションパーティー&トークイベント>
写真家・メタ佐藤と赤レンガ公開ポートフォリオオーディション審査員・飯沢耕太郎氏、沖本尚志氏、菊田樹子氏、鷹野隆大氏、高橋朗氏によるトークイベントを開催いたします。
Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/1055607327817519/

開催日時: 2015.12.11[Fri]
■レセプションパーティー 18:00~19:00

■トークイベント 19:00~21:00
  開催場所:TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY  72Gallery
         東京都中央区京橋 3-6-6 エクスアートビル1F

■作家プロフィール
メタ佐藤/1975年、北海道伊達市生まれ。 札幌市在住。
メタ佐藤とは作家名であり、作家活動全般を表すプロジェクトである。
http://metasato.com

■お問い合わせ
TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY
WEB: http://tip.or.jp/
Tel: 03-5524-6994
E-mail: photo@tip.or.jp
[主催] 写真文化首都 北海道「写真の町」東川町
[協力] TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY、株式会社 堀内カラー
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-11-13 17:11 | その他お知らせ

大西みつぐ氏 展覧会「TOKYO INTERSECTING VISIONS 東京 交差するふたりの視点」


フォトフェスティバルイベント 街撮り撮影会の講師としてお世話になっている大西みつぐ氏が展覧会を開催中です。


TOKYO INTERSECTING VISIONS 東京 交差するふたりの視点

b0187229_13111261.png













以下リンクより

写真という“鏡”を通して、東京に向き合うプロジェクトがあります。

「東京画」 TOKYO-GA Describing Tokyo Scapes by 100 photographers、
2011 年にスタートして以来、
東京の現実を 100 人の写真家の視線、視界、視野で 2020 年までの 10 年間をかけ、 描き出すという壮大なプロジェクトです。
連日、公式サイト上に一枚の写真を提示する“7 photos a week”では “リアルタイムの東京”の呼吸を感じようという写真的検証も進行しています。

本展では、大西みつぐとジェレミー・ステラの写真をパラレルに提示することで
この都市で今まさに起こっている事実を
過去、現在、未来という時間軸の上で、“現地人”と“異邦人”という眼差しを通して
検証してみたいと考えました。

交差する視点、
決して交わり合うことはないけれど、お互いを意識し、存在を認め合う姿勢、
ここには
東京という場所が持つ“気配”、
決して声高ではないけれど、“確かな事実”が描きだされています。
都会ならではのさまざまな出会いについて、写真を見る事を通して
考えてみたいと思います。




************************************
会期:2015年10月1日(木)〜 12月25日(金)
時間:10:00 – 19:00
会場:ESPACE KUU 空(エスパス・クウ)
   〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1 大正大学 五号館1F
リンク:http://taisho-kuu.tokyo/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-11-13 13:13 | その他お知らせ

浅葉克己氏 展覧会「巨匠シリーズの個展」


市原湖畔美術館 にて、東川賞審査員 浅葉克己氏の展覧会が開催されます。


巨匠シリーズの個展

b0187229_12133324.jpg






































以下リンクより

市原湖畔美術館では、オープン以来、年に一度巨匠シリーズの展覧会を開催してきました。本シリーズでは、「世界をどう見るのか」という点をテーマとしてこれまで、美術家・磯辺行久、建築家・原広司の個展を開催してきました。3回目となる本展では、日本を代表するアートディレクター/グラフィックデザイナー・浅葉克己の展覧会を開催します。デザイナーとしての活動にとどまらず、時には卓球選手として試合に出場し、時には地球文字探求家として世界中の文字の見聞を広める浅葉克己。本展では、「デザイン、卓球、文字」を展覧会の大きな軸としながら、浅葉克己の探求世界を垣間見ます。




 ***********************************
会期:2015年10月10日(土)〜2016年1月11日(月・祝)
時間:平日 : 10:00 - 17:00
   土・休前日 : 9:30 - 19:00
   日・祝 : 9:30 - 18:00
休館:月曜日[祝日の場合は翌火曜日]
観覧料:一般=800円、シニア(65歳以上)・大高生=600円、中学生以下=無料
会場:市原湖畔美術館
   〒290-0554 千葉県市原市不入 75-1
リンク:http://lsm-ichihara.jp/exhibition/asaba
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-10-02 12:16 | その他お知らせ

パリデビューチャレンジ2015

パリデビューチャレンジ2015


b0187229_1535444.jpg


















審査結果は、インターアート7代表 小林貴審査員より発表いただきました。
b0187229_1542994.jpg


















グランプリ
関谷 恵さん

b0187229_11292862.jpg

b0187229_1552164.jpg



















































b0187229_1562543.jpg

審査講評を楠本審査員よりいただきました。
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-09-21 16:04 | その他お知らせ

トークイベント「写大ギャラリーと日本におけるオリジナル・プリント・コレクションについて」


東川賞受賞作家 イベントのお知らせ。

代官山ヒルサイドプラザにて、細江英公氏と吉野弘章氏によるトークが開催されます。


細江英公 × 吉野弘章「東京工芸大学 写大ギャラリー40周年記念トーク:写大ギャラリーと日本におけるオリジナル・プリント・コレクションについて」


b0187229_15561143.jpg















トークとともに、国内外の写真家の貴重なオリジナル・プリントを1万点以上コレクションする写大ギャラリーのコレクション展示を開催します。

日時:9月26日(土)14:30〜16:00
料金:500円
詳細はこちら
http://fapa.jp/fair-2015/talk-session/544/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-09-21 16:00 | その他お知らせ

赤レンガ公開ポートフォリオオーディション 2015


赤レンガ公開ポートフォリオオーディション 2015


一次審査に挑んだ20名が持ち寄ったポートフォリオの審査を行い、最終審査に進む5名を選考。2日目は作品をスクリーンに投影し、一般公開でプレゼンテーションによる審査を行いました。


b0187229_14565342.jpg


b0187229_14571662.jpg






























オーディションの結果グランプリ1名が選出され、TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHYでの作品展開催と図録・DM制作の権利と、副賞の東川産米20kgが与えられます。また、準グランプリ1名には東川産米10kg、優秀賞3名には東川産米5kgを副賞として授与しました。



b0187229_14575723.jpg


















<グランプリ> メタ佐藤 さん (北海道札幌市)
<準グランプリ> 嶋田篤人 さん(東京都)
<優秀賞>平井真奈 さん(東京都)
       高橋一生 さん(千葉県)
       丸山慶子 さん(神奈川県)



b0187229_14583598.jpg

b0187229_11403480.jpg



































グランプリ メタ佐藤さん



b0187229_1459383.jpg

b0187229_1141993.jpg































準グランプリ 嶋田篤人さん



b0187229_1459304.jpg

b0187229_11413318.jpg
































優秀賞 平井真奈さん



b0187229_150115.jpg

b0187229_1142272.jpg































優秀賞 高橋一生さん



b0187229_1502875.jpg

b0187229_11422735.jpg


































優秀賞 丸山慶子さん
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-09-21 15:02 | その他お知らせ

ストリートギャラリー2015 グランプリ・準グランプリが決定しました!!

ストリートギャラリー2015  グランプリ・準グランプリが決定しました!!


ストリートギャラリー2015

b0187229_14484144.jpg

















全国の学生及び写真家を目指す若手など57名が作品を展示しました。グランプリ・準グランプリの方には協賛社から一眼レフカメラなどの賞品が贈られた他、グランプリ受賞者の個展は、東川町文化ギャラリー(開催日未定)で開催する予定です。

グランプリ  三浦 哉人さん(北海道・恵庭市)
準グランプリ 村上 英治さん(北海道・札幌市)
       戸井 啓介さん(北海道・札幌市)
       鈴木 瑛大さん(北海道・東川町)



b0187229_14495315.jpg

b0187229_1133695.jpg































グランプリ  三浦 哉人さん



b0187229_14502795.jpg
















準グランプリ   村上 英治さん



b0187229_14505762.jpg
















準グランプリ   戸井 啓介さん



b0187229_14512533.jpg
















準グランプリ   鈴木 瑛大さん



b0187229_14515570.jpg
















大西みつぐ審査員による講評
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-09-21 14:55 | その他お知らせ

浅葉克己氏 展覧会「ポスターアーカイブ展」


東川賞審査員 浅葉克己氏の展覧会が開催中です。


ポスターアーカイブ展

b0187229_14565911.jpg

















以下リンクより

浅葉克己(1940-)は、1970年代に企業の宣伝ポスターやコマーシャルの仕事で大きな注目を浴びて以来、日本を代表するアートディレクター・グラフィックデザイナーとして活躍してきました。西武百貨店「おいしい生活」やサントリー「オールド」など、浅葉克己が手がけた一連の仕事は、1980年代に大きく花開いた日本の広告文化の発展に重要な役割を果たし、続く世代にも多大な影響を与えました。
 また浅葉克己は1987年に東京タイポディレクターズクラブ(現・東京タイプディレクターズクラブ)を設立するなど、日本のタイプデザインの振興にも貢献してきました。とくに近年では、中国少数民族ナシ族の象形文字「トンパ文字」をはじめとするアジア各地の文字文化に対するフィールドワークを通して、文字と視覚表現の関わりを追求していることでも知られています。
 本展では浅葉克己の多岐に渡る仕事の中でも大きな位置を占めるポスター作品に焦点を当てます。初期から現在までの代表作約140点のほか、作家が長年したためてきた日記なども展示し、「浅葉デザイン」がどのように生み出されてきたかに迫ります。

■作家略歴
1940年神奈川県生まれ。桑沢デザイン研究所、佐藤敬之輔タイポグラフィ研究所、ライトパブリシティを経て1975年浅葉克己デザイン室を設立し、アートデイレクターとして日本の広告デザインの第一線で活躍。主なクライアント・作品に武田薬品(アリナミンA)、サントリー、西武百貨店、日清食品(カップヌードル)、ミサワホーム、キリンビバレッジ(日本玄米茶)など。1987年東京タイポディレクターズクラブ(現・東京タイプディレクターズクラブ)を設立。アジアの多様な文字文化に着目し、文字と視覚表現のかかわりを探求している。1990年に初の個展で中国少数民族ナシ族の象形文字「トンパ文字」を用いた新作を発表したのを皮切りに、アラビア文字、インドのデーバナーガリ文字、タイの文字などにも取り組む。1995年映画「写楽」で初の美術監督。目宣美特選、毎日デザイン賞、日本宣伝賞・山名賞、日本アカデミー賞最優秀美術賞、紫綬褒章、東京ADCグランプリ、旭日小綬章など受賞多数。東京TDC理事長、東京ADC委員、JAGDA会長、国際グラフィック連盟(AGI)日本代表、桑沢デザイン研究所10代目所長。卓球六段。




****************************
会期:2015年06月13日(土)~09月13日(日)
時間:午前10時―午後5時(入館は午後4時45分まで)
休館:月曜日(7月20日を除く)、7月21日(火)
会期前6月8日(月)―12日(金)および会期後9月14日(月)―18日(金)は展示替えのため休館
休館となります。
観覧料:一般300円/学生200円/小学生以下と65才以上、および障がい者手帳をお持ちの方は無料
会場:CCGA現代グラフィックアートセンター
   〒962-0711 福島県須賀川市塩田字宮田1
リンク:http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=3&seq=00000662
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-07-02 14:58 | その他お知らせ

大住哲さん 展覧会「壁 た ち の 物 語 」

東川町国際写真フェスティバル2014でのイベント 公開ポートフォリオレビューにご参加いただいた大住哲さんが、レビューアーである太田菜穂子さんキュレーションのもと、個展を開催いたします。


壁 た ち の 物 語

b0187229_1383876.jpg




































明治時代、我が国にまだ“未踏の地”が各地に残されていました。なかでも、多くの開拓者を受け入れ、新しい時代の到来に果敢に踏み出した北海道、とりわけ札幌、函館の街づくりは近代という世紀の勢いと気概が反映されました。次々と建てられた近代建築、建築資材である石材、レンガ、鉄材、セメント、板ガラス、当初はすべて外国から輸入に頼っていましたが、ものづくりへの情熱と維新を支えた日本人の進取の精神は、 北海道に多くの西洋建築を生み出します。100余年に及ぶ時間を経て、それらの建物は今も、市内の現代建築と共に共存しています。大住はこれらの建築に刻まれた時間の堆積に耳を傾け、壁たちが見つめてきた出来事を淡々と、そして愛情溢れる眼差しで描き出しました。住人たちの姿はないものの、ここには北の都を支えてきた人々の矜持が確かなDNAとして継承されていることが読み取れます。
太田菜穂子 キュレーター

会期:2014年12月27日(土)- 2015年2月27日(金)
会場:ENTRE DEUX (アントル・ドゥ) ホテル椿山荘東京ロビー階(3 階)
   東京都文京区関口 2-10-8
出展作品:18点

【会場について】
藤田観光株式会社 担当:矢後恵美子
〒112-8664 東京都文京区関口2-10-8
tel 03-5981-7729 / fax 03-5981-7783

【作品および作家情報、ならびに作品販売について】
株式会社クレー・インク  担当:小川桂以子
〒107-0052 東京都港区赤坂 8-12-25-401
tel 03-5410-1277 / fax 03-5410-1278 / info@klee.co.jp
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-12-15 13:10 | その他お知らせ

展覧会「JITTER#02 M84」

2012年 東川町国際写真フェスティバル「リコーポートフォリオオーディション」受賞者による作品展が開催されます。


JITTER#02 M84写真展『ほの明るい と うす暗い』

b0187229_222268.jpg



































JITTERは、2011年東川町国際写真フェスティバル、リコーポートフォリオオーディション(赤れんがポートフォリオオーディション)受賞者、佐藤志保・畠山雄豪・人見将・山本顕史の4名で構成しており、毎回テーマを定め写真表現を用いて様々な媒体を通した展示を行っています。
今回は、光、像としての写真のあり方に着目し、”ほの明るい と うす暗い”という空間のテーマを設定しました。着想の一つとして、ロラン・バルトの写真論「明るい部屋」(1980年)があります。この中でバルトは、現 行のカメラの仕組みとは全く違う写真の世界を語っています。我々は写真へのアプローチが皆それぞれ違う中での写真というものについて、古い概念の外のこれ からの時代の写真の捉え方についての模索を行う展示だと思います。メンバーそれぞれが描く部屋の空間を感じてもらえるでしょう。約30点の作品を展示致し ます。
※写真評論家 飯沢耕太郎氏とJITTER(佐藤志保・畠山雄豪・人見将・山本顕史)のクロストーク「11月24日(月)16:00~」を開催します。
(東川町リコー ポートフォリオオーディションの審査員であった飯沢耕太郎氏をお迎えし、JITTER#01 CCAAを経てどの様に 1年間活動したのか、写真を通してJITTERとして、また個人としてこの先どの様に社会と向き合って行くのか、現在写真の流れを読み取りながらクロス トークを通して探って行きたいと思います。)

メンバーそれぞれと今回のテーマを軸に創造した空間を感じて頂けたら幸いです。


初日には我々のJITTER結成のきっかけであった東川町で行われたリコーポートフォリオオーディション(現 赤レンガ公開ポートフォリオオーディション)の審査員の一人である飯沢耕太郎さんをお迎えし、JITTERの4名とギャラリートークを行います。
ぜひお越し下さい。

b0187229_2224930.jpg






























©山本顕史


b0187229_2233910.jpg




























©畠山雄豪


b0187229_2241420.jpg































©人見将


b0187229_2243851.jpg
















©佐藤志保




JITTER#02 M84写真展『ほの明るい と うす暗い』
主  催 : Art Gallery M84
期  間 : 2014年11月24日(月)~2014年12月06日(土) 
※休館日を除く
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~18:30(最終日17:00まで)
休 館 日 : 日曜日
入 場 料 : 無料
URL :http://artgallery-m84.com/


<オープニングクロストーク>
飯沢耕太郎 氏 X JITTER(佐藤志保、畠山雄豪、人見将、山本顕史)
11月24日 16:00~

<オープニングレセプション>
11月24日 18:00~

■JITTERプロフィール/ HP http://jitterphotography.web.fc2.com
2012年 東川町Ricoh portfolio audition受賞者でJITTERを結成。
2012年 JITTERによるzine 発刊。
2013年 JITTER#01 CCAAアートプラザ ランプ坂ギャラリー(東京・四ッ谷)
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-11-18 22:11 | その他お知らせ
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31