東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年新人作家賞受賞 石川直樹展覧会情報

石川直樹氏の写真展が、中京大学 アートギャラリー C・スクエアで開催中です。


「ARCHIPELAGO」


b0187229_18511896.jpg




















(c)Naoki Ishikawa         


b0187229_18543468.jpg



















(c)Naoki Ishikawa        


b0187229_1858349.jpg




















(c)Naoki Ishikawa         



-ウェブサイトより-

島の連なりとしての世界へ
石川 直樹(写真家)

 2009年10月3日、写真家の平敷兼七さんが肺炎をこじらせて亡くなった。
 平敷は、1948年に今帰仁村に生まれ、生地である沖縄を半世紀にわたって撮り続けていた。ぼくが彼と初めて出会ったのは、数年前に那覇で開かれた写真関係者の集まりの席だった。どんなことでも正面から受け止めてくれる人柄に惹かれて、以後、沖縄に行くたびに彼の所を訪ねるようになった。
 平敷は娼婦や労働者など市井に生きる無名の人々を、敬意と共感のまなざしでまっすぐに撮る。深い関係性の中から生まれる無数のモノクロ写真は、彼にしか撮れない戦後の沖縄における希有な記録そのものだった。
 ぼくは世界を知るためには、自分の目で世界を見て回る必要があると思っていた。しかし、平敷とつきあううちにその考えはあっけなく崩れ落ちていった。彼は沖縄しか撮らない。なのに、彼は人間が生きるこの世界のことを深く知り、言葉以前の世界と明確に向き合っている。部分から全体を、島から世界を見つめ返す精神の軌跡は、これらの写真のなかに確固として存在している。
 現在、準備中の写真集『ARCHIPELAGO』には、那覇に程近い平敷の自宅で撮影させてもらったポートレートが入っている。すでにプリントは印刷所に入稿してあり、あとは印刷を待つのみという状態だった。本が出来上がったら真っ先に平敷に届けようと思っていた矢先、彼の訃報が届いた。
 『ARCHIPELAGO』は、日本の南北に点在する島々、すなわち、南はトカラ列島、奄美、沖縄、宮古、八重山、台湾、北は北海道やその周辺の離島、サハリン島、クイーンシャーロット島などで撮影した10年分の写真によって構成される。国境によって区切られた地図を自明のものとせず、島の連なりとして世界をとらえ直してみるという自分なりの試みでもある。
 中京大学Cスクエアでは、そうしたシリーズのなかでも南方で撮影した写真を展示する。ぼくは平敷にこの展覧会をみてもらいたかった。小さな島々から大きな世界を見つめ、一つの中央ではなく無数の中心へと向かうという姿勢は、すべて彼から学んだものである。平敷兼七氏に最大の敬意を表して、ぼくはこの展覧会を開催したい。


会 期:2009年10月19日(月)− 11月14日(土)
時 間:午前9時−午後5時 入場無料
休 館:日曜・祝日/但し、11月1日(日)は開館
会 場:アートギャラリー C・スクエア
電 話:052−835−5669
[PR]
by higashikawa_blog | 2009-10-28 19:07 | 受賞作家関連

2009年国内作家賞受賞 柴田敏雄展覧会情報

柴田敏雄氏の写真展が、以下のギャラリーで同時開催されます。



「 For Grey 」


b0187229_18454364.jpg















(c)toshio shibata


-ギャラリーウェブサイトより-

梅雨の時期にあかるい曇り空を見て美しいと思いました。
グレーの階調だけでひろがる空がそれだけで美しく、ほとんど無意識に眺めてしまいました。
写真に撮ってみようかとも思いましたが、やめました。
以前、ある女性のギャラリストが、雲だけは撮らないでね、と笑いながら言った言葉が無意識に作用していたのかもしれません。そのときはどうしてなのか深くは聞きませんでしたが、ある年齢になると写真家は雲を撮りたくなる、そういう傾向があるらしいのです。空や雲にノスタルジーを感じるということなのでしょう。
わたしはグレーの階調の美しさが気になったのです。カラーで作品を作るようになり、沢山のプリントを作ってきまし
たが、最も気にかけていることは「色」のことよりもグレーについてです。カラーの作品の中に白から黒までの階調の美しさを出したいと思っているのです。多分このことと梅雨空の雲の階調が結びついて、私を引きつけたのでしょう。

2009年8月 柴田敏雄



会 期:2009年10月30日(金)〜11月25日(水)
時 間:10:30〜18:30(土〜17:30)
休 廊:日・月・祝日
会 場:ZEIT-FOTO SALON/東京都中央区京橋1-10-5 松本ビル4F
電 話:03(3535)7188

______________________________________________________________


「a View」


b0187229_195234.jpgb0187229_19521973.jpg













会 期:2009年10月30日(金) - 11月29日(日)
時 間:11:00 - 19:00
休 廊:会期中無休
会 場:BLD GALLERY/東京都中央区銀座2丁目4番9号 SPP銀座ビル8F
電 話:03(5524)3903


<アーティスト・トーク>

【出演】 柴田敏雄×鷹野隆大(写真家)
【日時】 11/15(日) 17:00 start
【料金】 500円
【定員】 30名 (事前予約制/座席自由)



<作品集>

『a View』通常版 (モノクロ約40点収録予定) 
限定1000部/エディション・ナンバー入り
テキスト : 柴田敏雄 / 予価 : 8,400円(税込)

『a View』特装版 (モノクロ約40点収録予定) 
5イメージ各限定10部のオリジナル・プリント付/エディション・ナンバー入り/作家サイン入り
テキスト : 柴田敏雄 / 予価 : 126,000円(税込)

『For Grey』 (カラー約40点収録予定)
限定1000部/エディション・ナンバー入り
テキスト : 清水穣

『For Grey』 特装版 (カラー約40点収録予定)
5イメージ各限定10部のオリジナル・プリント付/エディション・ナンバー入り/作家サイン入り
テキスト : 清水穣 / 予価 : 126,000円(税込)
[PR]
by higashikawa_blog | 2009-10-26 20:13 | 受賞作家関連

「安全・安心でおいしい地下水サミット」の開催について

 今回、多くのご後援をいただきながら、全国の関係町村(11町村)と11月10日(い~井戸の日)に
「地下水を未来に。地下水サミット」を開催する運びとなりました。


b0187229_20153624.jpg










































 安全・安心でおいしい地下水を直接地下からくみ上げて、生活用水として利用している地域が貴重な水資源を
未来にわたって引き継いで行くことができるように水環境の保全を図ろうと開催するものです。
 この環境水は、地域の人々の水環境に対する高い意識と保全のための実践、そして国や都道府県の深い理解と
支援があってこそ守り続けることができるものと確信しています。全国の皆様と大切な地下水を守る運動を展開
したいと思います。

 当日、ご出席下さるようにご案内させていただきますとともに知人や友人にご案内いたたげれば幸いです。
当日は基調講演は竹村公太郎氏(リバーフロント整備センター理事長)に、総括提言は丹保憲仁(元北海道大学
学長)を予定しております。またそれぞれの町の取り組みなども紹介の予定です。

..............................................................................................................


日時:平成21年11月10日(火) 13:00〜16:00
会場:東京グリーンパレス(東京都千代田区二番町2番地)

☆地下水サミットは一般公開されます。参加希望の方はチラシ裏面申込
 用紙をプリントアウトし、東川町地域活性課(FAX // 0166-82-3644)
 までお申し込みください。

ダウンロード
地下水サミットチラシ【オモテ】
地下水サミットチラシ【ウラ】
[PR]
by higashikawa_blog | 2009-10-06 20:28 | 東川町
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30