東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

元フォトふれの吉田和生さんが、群馬青年ビエンナーレ2012にて大賞受賞!!


元フォトふれの吉田和生さんが、群馬青年ビエンナーレ2012にて大賞を受賞いたしました!!!
受賞作品展が2箇所で行われます。

群馬青年ビエンナーレ2012
THE 11TH GUNMA BIENNALE FOR YOUNG ARTISTS

b0187229_2342990.jpg




































©Kazuo Yoshida

以下美術館HPより

「群馬青年ビエンナーレ」は、若い世代を対象とした全国公募の展覧会です。開館以来の長い歴史をもつ「群馬青年美術展」を引き継ぎ、1991年以来隔年で開催されています。審査員には、毎回、第一線で活躍する美術評論家、キュレーター、作家をお迎えしています。第11回となる今回は、597人(組)から890点の応募がありました。展覧会では、二次にわたる審査によって選ばれた入賞および入選作品約40点を展示します。可能性にあふれる新世代のアーティストたちの新鮮で多彩な表現を、どうぞご覧ください。


会期:7月7日[土]-8月26日[日]
時間:午前9時30分-午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
休館:月曜日(7/16、8/13は開館)、7/17(火)
会場:群馬県立近代美術館
   群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
観覧料:無料
リンク:http://mmag.pref.gunma.jp/exhibition/bien.htm

審査員:伊庭靖子(美術家)
    梅津 元(埼玉県立近代美術館主任学芸員)
    木ノ下智恵子(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任准教授)
    高橋瑞木(水戸芸術館現代美術センター学芸員)
    豊嶋秀樹(アーティスト)
     (敬称略・50音順)
関連事業:授賞式 : 7月7日(土)/14:00~ 当館講堂(入場無料) 
     *展覧会初日に入賞者の授賞式をおこない、審査員による講評を予定しています。


**************************

IOSSELLIANI T-02-IOS x ART #008
吉田和生 「Air Blue」

本展では、先日群馬青年ビエンナーレ2012大賞を受賞し、注目の高まる吉田和生の
個展を開催いたします。吉田和生は生命の起源を求め、木々の間から差し込む光を捉
えます。撮影した写真を何層にも重ねることで、宇宙から見た地球の「青」を表現し、物
事の創始と終焉を問いかけます。
「(前略)無数の木々に覆われ、一度踏み外すと、“どこからきたのか、どこへいくのか”
分らなくなる。薄暗い森の中、木漏れ日に照らされ、光の指す方へその体を向ける若葉
を見た私は、ここに生命の源である光――“空の青”が持つ何か“ベクトル”のようなもの
を想起した。私はカメラを頭上に掲げ、視界をふさぐ木々の枝葉からわずかに見える空
に向け、シャッターを切り、この生命の色の収集を図った。」 ―吉田和生
IOSSELLIANI ではAutumn/Wintterコレクションとして「Galaxy」をテーマとしたジュエリー
を展開します。「宇宙」という共通項で結ばれた作品とジュエリーが創りだす空間をお楽
しみください。また、群馬県立近代美術館での展示と同時期開催になりますので、この
機会に是非ご高覧ください。

<オープニングレセプション> 2012年7月12日(木)19:00-21:00

会期:2012年7月12日(木) -8月29日(水)
時間:11:00—19:30(不定休、年末年始を除く)
会場:IOSSELLIANI
   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-1-15 2F
リンク:http://www.hpfrance.com/iosselliani/art/index.html


【アーティストプロフィール】
吉田和生 Kazuo Yoshida
1982年 兵庫県生まれ
2004年 滋賀県立大学人間文化学部生活文化学科卒業
展示
2012年 群馬青年ビエンナーレ2012(群馬、群馬県立近代美術館)
2012年 MP1 "拡張される網膜" (東京 G/P gallery)
2011年 ヨコハマトリエンナーレ2011 特別連携プログラム BankART Life Ⅲ(横浜、新港ピア)
2010年 トーキョーワンダーウォール2010 (東京、東京都現代美術館)
2010年 第2回写真「1_WALL」 (東京、ガーディアン・ガーデン)
受賞
2012年 群馬青年ビエンナーレ2012大賞
2012年 TOKYO FRONTLINE 2012 入選
2010年 トーキョーワンダーウォール2010 入選
2010年 第2回写真「1_WALL」展 入選
2009年 ミオ写真奨励賞2008 入選
2008年 Amuse Art Jam 2008 in Kyoto 入選

【作家ホームページ】 http://yoshid.info/

是非お運びください!!!
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-06-30 23:21 | フォトフレンド

東川町文化ギャラリー展示情報


東川町文化ギャラリーで開催中の写真展情報です。

東京写真月間2012 国内企画展「心が光る瞬間」

b0187229_22263859.jpg
















様々な生活環境の中でひたむきに生きている人間の営みに
視点を向けた写真展を開催いたします。
金指栄一「生麦 魚河岸」
大野葉子「刻~とき~」
沼田早苗「町のいとなみ」
大西みつぐ「砂町」
小池友美「穏やかな光」

キヤノンフォトクラブ札幌 設立50周年記念写真展
「北海道の情景~冬・春夏秋冬~」

b0187229_22275524.jpg
















キヤノンフォトクラブ札幌会員による作品展。
写真展全体で北の情景を表現しています。

「写真の日」記念・公募による写真展・2012

b0187229_22291699.jpg
















「東京写真月間2012」の事業の一つとして開催された
公募による写真展の北海道巡回展です。
様々な部門による受賞作品をご覧ください。


期間:2012.7.1(日)~19(木)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html

【次回展】
・7/28(土)~8/19(日)
第28回写真の町東川賞受賞作家作品展
写真インディペンデンス展
(写真インディペンデンス展は9/4(火)まで)
※7/20(金)~27(金)は、展示準備のため休館させていただきます。
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-06-30 22:31 | 東川町

写真展「戦後日本の変容」


ドイツのケルン日本文化会館で写真展「戦後日本の変容」が開催されております。
東川賞受賞作家である、川田喜久治氏、奈良原一高氏、細江英公氏が出品しています。

以下国際交流基金HPより

b0187229_20373373.png












































木村伊兵衛、土門拳、細江英公ら、戦後日本の写真界を代表する11名の写真家によるモノクロ写真123点で構成された本展は、1945年から1964年という激動の時代における戦後の創造的エネルギーに充ちた日本の社会を振り返ります。
本展は世田谷美術館、愛知県立美術館など日本国内を巡回して好評を博した「日本の自画像:写真が描く戦後 1945-1964」展を元に、「日本の自画像」(岩波書店出版)の編集者である多田亞生とパリ在住の若手日本写真史研究家マーク・フューステル(Marc Feustel)の手により海外巡回展として再構成し、「敗戦の余波」「伝統と近代のはざまで」「新しい日本へ」の3部構成で、戦後日本の変容を物語るものとなっております。


出品作家
石元泰博、川田喜久治、木村伊兵衛、田沼武能、東松照明、土門拳、長野重一、奈良原一高、濱谷浩、林忠彦、細江英公

出品作品
モノクロ写真123点

企画
多田亞生(キュレーター、編集者)、Marc Feustel (特別協力、写真史研究家)

************************
会期:2012年6月27日-9月29日
時間:月曜日- 金曜日: 9:00 - 13:00 / 14:00 - 17:00
    (13:00 - 14:00は昼休みとさせていただきます)
   土曜日:10:00 - 17:00
会場:ケルン日本文化会館
   Universitätsstraße 98 50674 Köln, Germany
リンク:http://jki.de/jp/veranstaltungen/ausstellungen.html#c2091
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-06-29 20:45 | 受賞作家関連

【東川町フォトフェスタ2012】 カメラ無料点検!!!

東川町フォトフェスタ2012では、カメラ無料点検とデジタル一眼レフカメラのセンサー簡易清掃
を特別価格で行います!!!

↓画像をクリックで拡大できます。

b0187229_18451466.jpg
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-06-29 18:45 | イベント

写真の町「出会いの広場」参加者募集


無料で写真のワンポイントアドバイスが受けられる写真の町「出会いの広場」に参加してみませんか!!

あなたやお友達、家族の撮った「写真」を道の駅ひがしかわ「道草館」1階コミュニティホールにご持参下さい。
写真界の第一線で活躍されている大学写真学科の先生や写真専門誌の編集者から構図や撮り方など、写真のことなら何でも無料でワンポイントアドバイスを受けられます。
(月刊フォトコン誌掲載のチャンスも!!)

年齢や写真歴などは一切問いません。写真に興味のある方はどなたでも参加出来ます。
初心者大歓迎!!見学も自由ですので、どなたでもお気軽にお越し下さい。プロを目指している方、もう少し写真を上手に撮りたいと思っている方も気軽に是非ご参加下さい。

また、会場内ではカメラの無料点検も同時開催しておりますので、カメラ性能のチェックや日頃のお手入れ、長くお使いいただくための知識を分かりやすくご説明いたします。

「写真の町」ならではの特別企画です。写真の町が贈る、あなたにとって大切な「出会いの広場」になることを心より願っています。
ふるって参加をお待ちしています。詳細は下記のとおりです。


主催:東川町写真の町実行委員会
協力:株式会社タックカメラ サービスセンター
日時:2012年7月28日(土)10:00-12:00 ※カメラ無料点検は17:00まで
   2012年7月29日(日)10:00-12:00 ※カメラ無料点検は16:00まで
レビュ-ア- :(日時別・五十音順・敬称略・都合により変更する場合があります)
浅井 譲  日本大学芸術学部写真学科教授  (7月28日のみ)
坂本太士   フォトコン編集部 副編集長      
村上友重   東京藝術大学美術学部助教    (7月28日のみ) 
秋元貴美子  日本大学芸術学部写真学科准教授 (7月29日のみ)
吉野弘章   東京工芸大学芸術学部写真学科教授 (7月29日のみ)

参加申込:当日の期間内に会場で受付し、受付順に随時参加いただきます。(予約不可)

たくさんの参加者をお待ちしております!!!
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-06-29 18:26 | イベント

東川町を楽しむ本-チビスロウ


東川町をもっともっと楽しむマガジン第二弾・2012年バージョンが発売中です!!

b0187229_1823029.jpg
































東川町のオイシイ魅力がイッパイ!!
この本を片手に東川散歩してみませんか?

◆タイトル:チビスロウ− 「アートが集まる町、東川町」
◆価  格:300円/冊
◆情報満載で、しかも掲載店で割引サービスが受けられる、嬉しいクーポン機能付き
◆道内各書店、セイコーマート、道の駅「道草館」、町内商店等で取り扱っています。
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-06-29 18:08 | 東川町

東川フォトフェスタお助け隊募集


本年度の東川フォトフェスタで、ボランティアとしてお助けいただける皆様を下記の日程:内容にて募集いたします。

基本ライン:完全無報酬
●スタッフTシャツ支給→差し上げます!
●ボランティア活動時は名札を必ずつける→活動前に写真の町課でボランティア名簿に記入、名札を貰う。終了後名札を返却。
●金曜日の搬入と月曜日の搬出参加者のみ、豪華東川町「お食事券」を支給。
●日曜日夕方の打ち上げに参加できます!
●宿泊先について:老人保健センターの宿泊/立ち入りは事故防止、安全管理上の問題から本年度から各展示出展者:イベントに参加申し込みをされた方:お助け隊などのボランティアなどに基本させていただく予定。


<募集内容>

1:7/27(金曜日)13:00~ (当日全日程参加者希望)
作業内容:
●赤レンガ倉庫からのストリート展示台搬出
●役場倉庫から展示用イーゼル搬出:組み立て
●赤レンガ倉庫での設営作業
●道草館二階机移動ならびに展示設営作業
●ウオールギャラリー展示設営補助
●道草館2階ポートフォリオレビュー会場など設営(机4個、椅子8個)
●文化ギャラリー前テント設営など

募集人員たくさん


2:7/28(土)
作業内容:(各イベントごとに参加者募集:重複選択可)
●ストリートギャラリー受付 9:00-12:00  2-3名
●ストリートギャラリー審査補助 13:00-15:00  2-3名
●赤レンガ公開オーディションサポート9:00-14:30 3-4名
●キャンドルサービス点灯などのサポート17:30頃  たくさん
●フォトミーティングプレイス設営補助17:30頃     たくさん
●ポートフォリオレビューサポート 9:00-14:00 3名


3:7/29(日)(各イベントごとに参加者募集:重複選択可)
●町撮り撮影会サポート 9:00-14:00  
(9:00~1名受付機材貸し出し  12:00-14:003名プリント出力補助)
●赤レンガ公開オーディションサポート9:00-12:00 3-4名
●ポートフォリオレビューサポート 9:00-14:00 3名
●道草館イーゼル撤収→解体/現状復帰→役場倉庫へ収納(時間がなければ撤収し老人保健センターへ仮置き)10名


4:7/30(月)(当日全日程参加者希望)
●9:00~ ストリートギャラリー展示台撤収/老人保健センター後片付け
●文化ギャラリー前現状復帰
●解散

募集人員たくさん


以上たくさんの皆さんのご協力をお待ちしています!!!

【申し込み・お問い合わせ】
E-mail:contact_asano@yahoo.co.jp
(メールタイトルは「東川フォトフェスタお助け隊募集について」でお願いいたします)
担当:浅野


●またストリートギャラリーの参加者も募集中!!
残り20ほどとなっています!!!大至急募集要項をご確認の上アサノまでメールでお知らせ下さい。
http://www.k2.dion.ne.jp/~asano/action/12/2012street.pdf

↑こちらをご確認下さい。


東川フォトフェスタの詳細は http://www.photo-town.jp/をご覧下さい!!
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-06-28 19:48 | その他お知らせ

水谷章人氏によるスポーツ報道写真展が開催されます!!


スポーツ専門のフリーランスカメラマンとして活躍している、水谷章人さんの写真展が、東川町のキトウシ森林公園家族旅行村・物産センター2Fギャラリーにて開催されます。

スポーツ報道写真展 水谷章人 「瞬」

b0187229_1546118.jpg



















<水谷章人ギャラリートーク>
日時:2012.7.8(日)13:30~
場所:キトウシ森林公園家族旅行村・物産センター2Fギャラリー
※入場無料

**************************
会期:2012.7.7(土)~8.17(金)
時間:9:00~17:30 ※期間中無休・入場無料
会場:キトウシ森林公園家族旅行村・物産センター2Fギャラリー
    〒071-1404
    北海道上川郡東川町西4号北43
    TEL:0166-82-2632
    http://www.kazokuryokoumura.jp/gallery/index.htm
主催:東川町写真の町実行委員会
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-06-27 15:48 | 東川町

写真甲子園2012 OB・OGボランティアスタッフ募集!


出会いと交流そして感動の10日間! 写真甲子園2012本戦大会において、裏方として活躍してくれるボランティアスタッフを募集いたします。

<応募要項>

【主な作業】
○選手係や記録係の補助
○開会式・閉会式などの各会場づくり
○写真館NIJIのスタッフほか

【対象】
過去の写真甲子園本戦出場経験者で、高校を卒業した方

【募集定員】
5名程度

【期間】
7月21日(土)~7月30日(月) 10日間
*集合:7月21日(土)午後
*解散:7月30日(月)午後
○場所:東川町文化ギャラリー内 東川町写真の町課 写真の町推進室

【応募締切】
7月6日(金)必着!
郵送、FAX、E-mail(宛先は下記参照および下記の定型フォーマットを利用してください)にて受付。
(応募多数の場合は抽選とする。)
*結果については、直接本人にご連絡。

【備考】
◎東川町までの往復旅費は、自己負担となります。
◎期間中は合宿で宿泊・食事の費用は写真甲子園実行委員会が負担します。
◎全期間を通してボランティアとして活動できる方。

【申込先】
写真甲子園実行委員会事務局 OB・OGボランティア係
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1-19-8 東川町文化ギャラリー内
東川町 写真の町課 写真の町推進室 担当:大角
Tel 0166-82-2111 内線591番
Fax 0166-82-4704
e-mail:photo@town.higashikawa.lg.jp
※申込用紙は、上記宛てに郵送又はFAXして下さい。

**詳しい申し込み方法などは、こちらをご覧ください!!
http://syakou.jp/2012/topics20120625.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-06-27 15:41 | 写真甲子園

篠山紀信氏 個展「写真力 THE PEOPLE by KISHIN」


熊本市現代美術館にて、第2回東川賞国内作家賞を受賞した篠山紀信氏の個展が開催されます!

b0187229_15274238.jpg













©Kishin Shinoyama


以下美術館HPより

写真家・篠山紀信(しのやま・きしん 1940-)の国内公立美術館初となる大回顧展を開催いたします。
篠山は、1950年代後半より写真家活動をスタートさせ、常に「今」を敏感に感じ取りながら時代のトップを走り続け、アイドル、俳優、スポーツ選手といった著名人、都市と建築、ヌードと自然、日本の伝統文化など多様なジャンルの写真を撮影、発信してきました。なかでも、時代の象徴となる人物を写したポートレートは膨大な数に上ります。
写真のメディア性に着目し、斬新な手法で時代を切り拓いてきた篠山にとって、写真とは、時代の先端を切り取り、時代に挑戦する生の表現でした。その想いが、これまで自身の写真を振り返ることをためらわせ、またそれ故に、篠山の写真を批評の文脈から捉えられにくくする傾向もありました。しかし今回篠山は、半世紀以上にも及ぶ活動のなかで、写真が時空、虚構をも超えて脳裏に強烈なイメージを焼き付ける装置、起爆剤であるとの信念から、写真がもつ力を、ポートレートという一見シンプルな切り口で、美術館というスペクタクルな空間を大胆に使い、迫力あふれるスケールで蘇らせます。

本展では、三島由紀夫、ジョン・レノンとオノ・ヨーコ、山口百恵から、AKB48、2011年3月11日に起こった東日本大震災で被災された方々まで、「時代の映し鏡」である篠山が50年以上にわたり撮り続けてきた人々のポートレート約130点を一堂に展示します。
各時代を象徴する人々のイメージを通して、日本が歩んできた時代を、そして己を思い起こさせる「写真の力」を改めて問う、ドラマティックな展覧会にご期待下さい。


<展覧会期間中の関連イベント>

篠山紀信 アーティスト・トーク

篠山紀信が展示作品、そして展覧会テーマである「写真力」について語ります。
■日時 6月30日(土)14:00~15:30
■場所 ホームギャラリー
■料金 無料

CAMKレクチャーカレッジ
本展担当学芸員が篠山紀信の作品、展覧会についてご紹介します。
■講師 芦田彩葵(熊本市現代美術館学芸員)
■日時 7月22日(日)14:00~15:30
■場所 ホームギャラリー
■料金 無料

プロフェッショナル・トーク
独自のスタイルで「編集」のジャンルを切り拓いてきた後藤繁雄が、編集の極意、そして長年写真集の編集を手掛ける篠山作品の魅力について語ります。
■講師 後藤繁雄(編集者/クリエイティブディレクター/京都造形芸術大学教授)
■期日 7月29日(日)14:00~15:30
■場所 ホームギャラリー
■料金 無料

展覧会記念トーク 篠山紀信×宮崎美子(女優、熊本市わくわく親善大使)
篠山紀信の撮影をきっかけにデビューした熊本市出身の女優・宮崎美子を迎え、当時の撮影秘話を交えながら、写真家・篠山紀信の素顔に迫ります。
■期日 8月19日(日)14:00~15:30
■場所 ホームギャラリー
■料金 無料

写真ワークショップ「オリジナルポートレートを撮ろう」
■講師 原田辰之(写真館はらだ 館主)
■日時 9月2日(日)11:00~16:30(途中昼休憩あり)
■場所 キッズファクトリー
■定員 5組10名(2人1組)
マニュアル露出機能付きデジタルカメラをお持ちの方(要事前申込)
ポートレートセミナーの後に、自然光を使用したオリジナルポートレートを撮影します。完成した写真は会期中館内に展示し、会期終了後にお持ち帰りいただきます。また、ワークショップ終了当日には、プリントしたハガキをお渡しいたします。

プレママ&ファミリー・ツアー
0~6歳の子供と大人の組み合わせ、また、妊娠中の女性とその家族や友人の皆さんと一緒に展覧会を楽しみましょう。大人は展覧会チケットが必要です。定員7組(要事前申し込み)
■日時 7月7日(土)10:30~11:30
■場所 展覧会場内
■料金 無料(大人は要展覧会チケット)

ギャラリー・トーク
展覧会の解説案内をいたします。
■日時 会期中の土日祝の15:00~15:30
■場所 展覧会場内
■料金 要展覧会チケット
*ただし、展覧会イベント開催日(6/30、7/22、28、8/4、5、19、9/2)は実施いたしません。


*************************
会期:2012年6月30日~9月17日
時間:10:00~20:00 入場は閉館の30分前まで
休館:火曜日 / 祝日は開館し、翌日休館
会場:熊本市現代美術館
   〒860-0845熊本市中央区上通町2番3号
リンク:http://www.camk.or.jp/event/exhibition/kishin/
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-06-27 15:36 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー